ピアノソナタ第13番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索



これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピアノソナタ第13番 変ロ長調 K. 333 (315c) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノソナタ。明るさと美しさが表れ、最もモーツァルトらしい曲の一つである。

作曲[編集]

かつては1778年夏にパリで作曲されたものと考えられていたが、近年の研究では1783年から1784年、あるいは1783年11月頃にリンツで作曲されたと考えられ、同時期には有名な交響曲第36番ハ長調 K. 425「リンツ」も作曲されている[1]。そして1784年4月21日にはChristoph Torricellaによって第6番ニ長調 K. 284(205b)(デュルニッツ・ソナタ)とヴァイオリンソナタ第40(32)番 変ロ長調 K. 454とともに「作品7」として出版されている。

曲の構成[編集]

3楽章からなり、演奏時間は約23分程度。

この曲が使用された作品など[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

  • クリナップ - 2012年に放送されたクリンレディのCMにて、第3楽章が使用されていた。

脚注[編集]

  1. ^ このため、国によってはこのソナタも「リンツ」の愛称で呼ばれる場合もある。

外部リンク[編集]