ピアノソナタ第9番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピアノソナタ第9(8)番 ニ長調 K. 311 (284c)
Performed by Giorgi Latsabidze on piano

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピアノソナタ ニ長調 K. 311 (284c) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト1777年に作曲したピアノソナタである。旧モーツァルト全集では第9番新モーツァルト全集では第8番とされる。

概要[編集]

同時期に第7番ニ長調 K. 309(284b)も書かれている。母アンナとともにマンハイムパリを訪れていた時期の作品である。一説には、1774年から1775年にかけてミュンヘン滞在中に作曲途中で放置していたソナタを、この時期になって完成させたともいう。1781年にパリで第7番、第8(9)番イ短調 K. 310(300d) とともに「作品4」として出版された。

構成[編集]

3楽章からなる。全曲で約16分。

外部リンク[編集]