ピアノソナタ第4番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピアノソナタ第4番 変ホ長調 K. 282 (189g) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した最初期のピアノソナタの1つ。「デュルニッツ・ソナタ」の4曲目にあたる。

概要[編集]

全6曲ある「デュルニッツ・ソナタ」の4曲目で、1775年ミュンヘン滞在中に書かれた作品である。このソナタはソナタ形式の順序を崩しており、第1楽章にアレグロがなく、緩徐楽章とメヌエットと終楽章で構成されている。モーツァルトのピアノソナタでは珍しい作品である。この構成は、ベートーヴェンピアノソナタ第14番「月光」などに見られる。変ホ長調のピアノソナタは詩的表現の美しさが出ており、6曲の中でも特別の地位を占めている。

構成[編集]

全3楽章の構成で、演奏時間は約11分である。

  • 第1楽章 アダージョ
    変ホ長調、4分の4拍子二部形式
    第1楽章は二部形式であり、ソナタ形式を踏んでいない(ただし、再現をもたないソナタ形式とも解釈できる)。
  • 第2楽章 メヌエット I & II
    変ロ長調 - 変ホ長調、4分の3拍子。
    第2楽章のメヌエットはやや垢抜けないドイツ民謡調、つまりハイドンやベートーヴェン風の曲想を持っている。
  • 第3楽章 アレグロ
    変ホ長調、4分の2拍子、ソナタ形式。

関連項目[編集]

デュルニッツ・ソナタ

外部リンク[編集]