ビル・ワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビル・ワード
Bill Ward.jpg
基本情報
出生名 William Thomas Ward
生誕 (1948-05-05) 1948年5月5日(70歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドバーミンガム・アストン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
担当楽器 ドラム
パーカッション
ボーカル
活動期間 1966年 -
共同作業者 ブラック・サバス
公式サイト Official Website

ビル・ワード(Bill Ward、フルネーム:ウィリアム・トーマス・ワード(William Thomas Ward)、1948年5月5日 - )は、イギリスバーミンガム出身のドラム奏者ハード・ロック・グループ、ブラック・サバスのドラマー。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において34位。

経歴[編集]

ブラック・サバスの創設メンバーの一人。ワードの力強いドラム演奏はギターのトニー・アイオミ、ベースのギーザー・バトラーと共にバンドの重厚なリズムをもたらした。特にパラノイドに収録されている「アイアン・マン」の曲の中では彼の演奏するリズムから力強いグルーヴ感を作り出した。またドラムだけでなく、It's Alright(『テクニカル・エクスタシー』に収録)と、Swinging The Chain(『ネヴァー・セイ・ダイ』に収録)の2曲でボーカルを担当した。

しかし、1980年の『ヘヴン&ヘル』発表後のツアーの最中に健康上の理由によりバンドから脱退。1983年の『悪魔の落とし子』のレコーディングで一時的に復帰したがツアーには参加しなかった。その後はヴィニー・アピスベヴ・ベヴァンが彼の後任としてそれぞれドラムを担当した。

外部リンク[編集]