ビューフォート (哨戒フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Beaufort (PF-59).jpg
艦歴
発注
起工 1943年7月21日
進水 1943年10月9日
就役 1944年8月28日
退役 1946年4月19日
その後 1947年4月11日にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 基準 1,430トン
満載 2,415トン
全長 303 ft 11 in (92.6 m)
全幅 37 ft 6 in (11.4 m)
吃水 13 ft 8 in (4.1 m)
機関 ボイラー3基 5,500軸馬力
タービン2基 2軸推進
最大速力 20ノット (37 km/h)
航続距離
乗員 190名
兵装 3インチ50口径対空砲3門
40mm機関砲 4門
20mm機関砲 9門
ヘッジホッグ 1基
対潜爆雷投射機(Y砲)8基
爆雷投下軌条 2条

ビューフォート (USS Beaufort, PF-59) は、アメリカ海軍の哨戒フリゲートタコマ級フリゲートの1隻。艦名はサウスカロライナ州ビューフォートに因む。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

ビューフォートは1943年7月21日に海事委任契約(船体番号1466)の下ウィスコンシン州スペリオルのグローブ・シップビルディング社で起工する。1943年10月9日にエルマ・G・ロジャーズ夫人によって命名、進水し、1944年7月8日に海軍に引き渡され、ボストンに移動するため一時的に就役する。ボストンには1944年7月20日に到着し、7月29日に退役、ボストン海軍工廠で気象観測艦に転換される。1944年8月28日に艦長ジョージ・R・ボイス沿岸警備隊少佐の指揮下一時的に就役した。

翌週ビューフォートは艤装を完了し、新たな艦長のB・R・ヘンリー沿岸警備隊中尉が着任した。9月8日に整調のためバミューダに向けて出航し、10月6日にボストンに帰還した。その後9日間の修理を行い、続いてハッセー・サウンド(ポートランドの近く)で5日間の訓練に従事した。ボストンに帰還するとすぐにニューファンドランドアージェンティアに向かう。その後1946年3月までアージェンティアを拠点として気象観測および航空、海上救難艦としての任務に従事した。3月、ビューフォートは一時的に不活性化予定として指定される。3月28日に第5海軍管区司令官へ報告を行い、4月19日にバージニア州ノーフォークで退役する。1946年5月21日に除籍され、1947年4月11日にペンシルベニア州チェスターのサン・シップビルディング・アンド・ドライドック社にスクラップとして売却された。

外部リンク[編集]