ビジランテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビジランテ
VIGILANTE
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 アイレム
発売元 日本 アイレム
アメリカ合衆国 データイースト
音楽 石崎正人
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(1.03メガバイト
稼働時期 INT 1988021988年2月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE10+(10歳以上)
ヨーロッパ PEGI12
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Violence
ヨーロッパ Violence
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 3.579645 Mhz)
サウンド Z80 (@ 3.579645 Mhz)
YM2151 (@ 3.579645 Mhz)
DAC (@ 3.579645 Mhz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×256ピクセル
55.00Hz
パレット544色
テンプレートを表示

ビジランテ』(VIGILANTE)は、1988年アイレムから稼働されたアーケード横スクロールアクションゲーム。北米ではデータイーストから稼働された。

タイトルの意味は英語で『自警団』を表しており、同社の『スパルタンX』(1984年)のゲーム性を継いだ格闘アクションゲームとなっている。

1989年にPCエンジンセガ・マスターシステムに移植された他、韓国ではMSXに、欧州ではAmigaAmstrad CPCAtari STコモドール64ZX Spectrumに移植された。

PCエンジン版は2007年にWii用ソフト、2015年にWii U用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。アーケード版は北米にてWindows用ソフト『IREM Arcade Hits』(2011年)に収録された。

PCエンジン版はゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」にてシルバー殿堂入りを獲得している。

ゲーム内容[編集]

全5面からなり、各面ボスを倒して面クリアとなる。ボス敵は一定時間毎に体力が回復していくので、これがゲームの難易度を押し上げる要因になっている。

8方向レバーと2ボタン(パンチ、キック)を使用して、プレイヤーを操作する。ジャンプはレバーを上、もしくは斜め上に入れて行う。パンチとキックはレバーを入れた方向で違う技を出せる。

ストック制+体力制となっているが、面ごとに制限時間があり、時間内にクリアしないとその時点で1ミスとなる。

地面に落ちているヌンチャクを拾うことにより、スキが無くリーチの長いヌンチャク攻撃ができる。また敵の銃弾を弾き落とすことも可能。次の面への持ち越しもできるが、ダメージを受けると無くなってしまう。

また、しゃがんでいる間は制限時間が無くなってもミスとはならず、そのまま攻撃し続けることにより永久パターンとなる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 ビジランテ 日本 198901141989年1月14日
アメリカ合衆国 1989年
PCエンジン アイレム 日本 アイレム
アメリカ合衆国 NEC-HE
3メガビットロムカセット[1] 日本 IC01001
アメリカ合衆国 TGX030004
-
2 Vigilante アメリカ合衆国 198906301989年6月30日
ヨーロッパ 1989年
セガ・マスターシステム セガ セガ 2メガビットロムカセット 7023 -
3 Vigilante 大韓民国の旗1989年 MSX Clover Clover ロムカセット - -
4 Vigilante アメリカ合衆国 1989年
ヨーロッパ 1989年
Amiga
Amstrad CPC
Atari ST
コモドール64
ZX Spectrum
Emerald Software U.S. Gold フロッピーディスク
カセットテープ
- -
5 ビジランテ 日本 200702062007年2月6日
アメリカ合衆国 200702052007年2月5日
ヨーロッパ 200702092007年2月9日
Wii アイレム アイレム ダウンロード
バーチャルコンソール
日本 PAVJ
アメリカ合衆国 PAVE
ヨーロッパ PAVP
- PCエンジン版の移植
6 IREM Arcade Hits アメリカ合衆国 201109122011年9月12日
Windows DotEmu DotEmu ダウンロード - - 本作の他に17本アーケード作品同時収録
7 ビジランテ 日本 201502102015年2月10日
アメリカ合衆国 201709142017年9月14日
Wii U KDE KDE ダウンロード
(バーチャルコンソール)
日本 PPBJ
- PCエンジン版の移植
PCエンジン版

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame2/5stars(SMS)[2]
Computer and Video Games80/100点(PCE)[3]
67/100点(SMS)[2]
81/100点(Amiga)[4]
81/100点(ZX)[5]
Electronic Gaming Monthly24/40点(PCE)[3]
Eurogamer2/10点(Wii)[6]
ファミ通30/40点(PCE)[7]
(シルバー殿堂)
IGN6.5/10点(Wii)[6]
NintendoLife6/10stars(Wii)[6]
Your Sinclair69%(ZX)[8]
マル勝PCエンジン21/40点(PCE)
PC Engine FAN19.32/30点(PCE)[1]
The Games Machine75/100点(PCE)[3]
80/100点(SMS)[2]
78/100点(Amiga)[4]
79/100点(ZX)[5]
Aktueller Software Markt8.2/12点(PCE)[3]
6.6/12点(SMS)[2]
Zero84/100点(SMS)[2]
ACE661/1000点(SMS)[2]
658/1000点(Amiga)[4]
Zzap!6477/100点(Amiga)[4]
Amiga Format70/100点(Amiga)[4]
Commodore User60/100点(Amiga)[4]
受賞
媒体受賞
第2回ゲーメスト大賞年間ヒットゲーム 50位[9]
アーケード版

ゲーム誌『ゲーメスト』の企画「第2回ゲーメスト大賞」(1987年)で、読者投票により年間ヒットゲーム50位を獲得している[9]

PCエンジン版

ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは7・8・8・7の合計30点でシルバー殿堂入りを獲得[7]、『マル勝PCエンジン』では5・5・7・4の合計21点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.32(満30点)点となっている[1]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で374位(485本中、1993年時点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.64 3.43 3.23 3.45 2.71 2.86 19.32

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 25頁。
  2. ^ a b c d e f Vigilante for SEGA Master System (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月15日閲覧。
  3. ^ a b c d Vigilante for TurboGrafx-16 (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Vigilante for Amiga (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月15日閲覧。
  5. ^ a b Vigilante for ZX Spectrum (1989)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月15日閲覧。
  6. ^ a b c Vigilante for Wii (2007)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年4月15日閲覧。
  7. ^ a b ビジランテ まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月12日閲覧。
  8. ^ https://web.archive.org/web/20160314223748/http://ysrnry.co.uk/articles/vigilante.htm
  9. ^ a b 「ゲーメスト大賞11年史」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 22 - 23頁、 ISBN 9784881994290

関連項目[編集]

  • スパルタンX1984年
    本作の原点となる横スクロールアクションゲーム。ストーリー的に直接のつながりは無いが、主人公「トーマス」の攻撃動作とキャラクターデザイン性は本作の主人公と共通している。

外部リンク[編集]