BLACKPINK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パク・チェヨンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
BLACKPINK
20190106 (NEWSEN) 블랙핑크 (BLACKPINK), 수줍은 많은 소녀지만 돋보이는 아름다운 미모 (Golden Disc Awards 2019) (2).jpg
左からロゼ、ジェニー、リサ、ジス
(2019年10月6日)
基本情報
出身地 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市
ジャンル K-POPラップヒップホップR&Bポップ
活動期間 2016年8月8日 -
レーベル YG PLUS(韓国)
YGEX (2017〜2018) (日本)
Interscope Records/ユニバーサルミュージック (2019〜)(日本)
Interscope Records(アメリカ)
事務所 YGエンターテインメント
公式サイト blackpinkofficial.com(韓国)
ygex.jp/blackpink/(日本)
メンバー
BLACKPINK
Black Pink logo (2).png
各種表記
ハングル 블랙핑크
発音: ブルレックピンク
日本語読み: ブラックピンク
英語表記: BLACKPINK, BLΛƆKPIИK
テンプレートを表示

BLACKPINK(: 블랙핑크、BLΛƆKPIИK)は韓国の4人組ガールズ・グループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成され、同年8月8日にシングルアルバム「SQUARE ONE」からのシングル「BOOMBAYAH」「WHISTLE」でデビューを果たした。略称は블핑(ブルピン)。公式ファンクラブ名はBLINK。

来歴[編集]

2016年[編集]

BLACKPINK(2016年11月19日 第8回メロンミュージックアワード)
  • 6月29日、YGエンターテインメントはメンバーとグループ名、そしてティザー映像を公開[1][2]。BLACKPINKは、YGエンターテインメントが2NE1以来、7年ぶりにデビューさせた女性グループである[3]。また、メンバー同士が親しい友人であることから、グループリーダーを決めていない[4][5]
  • 8月8日、1stシングルアルバム「SQUARE ONE」をリリース[3][6]。同日にモバイルライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて、初のデビューショーケースを開催[7][8]。デビュー・シングルの1つ「BOOMBAYAH」はBekuh BOOMによって書かれ、パク・テディによってプロデュースされた[9]。付随するミュージック・ビデオは、2NE1の「I AM THE BEST」、BIGBANGの「FANTASTIC BABY」などを手掛けたソ・ヒョンスンが担当した[10]。もう1つのデビュー・シングル「WHISTLE」は、テディとBekuh BOOM[11][12]によって書かれた"ミニマルなヒップホップ・トラック”[13]である。
  • 8月14日、音楽番組SBS人気歌謡」に出演し、初のパフォーマンスを披露した[14]
  • 11月1日、2ndシングルアルバム「SQUARE TWO」をリリース[15]。11月6日にSBS人気歌謡、10日にM COUNTDOWNにてカムバックした[16]

2017年[編集]

2018年[編集]

  • 3月28日、日本1stミニアルバム「BLACKPINK」のリパッケージアルバム「Re: BLACKPINK」を日本でリリース[21]
  • 6月15日、1stミニアルバム「SQUARE UP」をリリース[22]
  • 11月12日、メンバーのジェニーがシングル「SOLO」でソロデビューを果たした。
  • 12月5日、日本1stフルアルバム「BLACKPINK IN YOUR AREA」を日本でリリース[23]

2019年[編集]

年譜[編集]

日本[編集]

2017年

2018年

  • 3月31日、横浜アリーナにて「マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER」のメインアーティストとして出演[33]
  • 7月24〜25日大阪城ホール、8月16〜17日福岡国際センター、8月25〜26日幕張メッセにて「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」を開催[34]
  • 10月6日、西日本総合展示場新館にて「takagi presents TGC KITAKYUSHU 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION」に出演[35]
  • 12月24日、京セラドーム大阪にて「BLACKPINK ARENA TOUR 2018 "SPECIAL FINAL IN KYOCERA DOME OSAKA"」を開催[36]

2019年

  • 8月18日、サマーソニック 2019に出演。
  • 12月4日、WORLD TOUR IN YOUR AREA東京ドーム

2020年

  • 1月4日、WORLD TOUR IN YOUR AREA京セラドーム大阪
  • 1月5日、WORLD TOUR IN YOUR AREA京セラドーム大阪
  • 2月22日、WORLD TOUR IN YOUR AREA PayPayドーム

メンバー[編集]

名前 画像 プロフィール
ジス
(JISOO)
6월 23일 블랙핑크 팬사인회 08.jpg
ジェニー[42][43]
(JENNIE)
171028 평창 뮤직페스타 - 제니(블랙핑크) 'STAY' 4K 60P 직캠 by DaftTaengk (8).png
ロゼ
(ROSÉ)
6월 23일 블랙핑크 팬사인회 03.jpg
  • 本名:ロザンヌ・チェヨン・パク(Roseanne Chae-Young Park)
韓国名:パク・チェヨン(박채영、朴彩英、Park Chae-Young)
リサ
(LISA)
180819 블랙핑크 팬싸인회 코엑스 라이브프라자 리사.jpg
  • 本名:ラリサ・マノバン(ลลิสา มโนบาล、Lalisa Manoban)
  • 生年月日: (1997-03-27) 1997年3月27日(23歳)
  • 血液型:O
  • 身長:166.5cm
  • 出身地:タイ王国の旗 タイ バンコク
  • ポジション:メインダンサー、リードラッパー、サブボーカル
  • 愛称:ヨリサ、チョリサ、コキリサ、ラリサ
  • 備考:早い時期からダンスを始め、ダンスグループの一員であった[48]。2010年にタイで行われたYGエンターテインメントのオーディションでただ1人の合格者。また、YGエンターテインメント初の外国人歌手である[49]

ディスコグラフィ[編集]

韓国[編集]

ミニアルバム[編集]

SQUARE UP (2018) 最高順位
Australia (ARIA)[50] 61
オーストリア (Ö3 Austria)[51] 26
カナダ (Billboard)[52] 21
French Albums (SNEP)[53] 125
ハンガリー (MAHASZ)[54] 28
Japanese Albums (Oricon)[55] 11
Japan Hot Albums (Billboard)[56] 8
Japan (Oricon Digital Albums Chart)[57] 1
South Korean Albums (Gaon)[58] 1
スイス (Schweizer Hitparade)[59] 24
US Billboard 200[60] 40
US Digital Albums (Billboard)[61] 7
US Independent Albums (Billboard)[62] 4
US World Albums (Billboard)[63] 1
KILL THIS LOVE (2019) 最高順位
オーストラリア (ARIA)[64] 18
カナダ (Billboard)[65] 8
アイルランド (IRMA)[66] 52
日本 (オリコン)[67] 17
Japanese Hot Albums (Billboard Japan)[68] 9
New Zealand Albums (RMNZ)[69] 10
スコットランド (OCC)[70] 21
South Korean Albums (Gaon)[71] 3
Spanish Albums (PROMUSICAE)[72] 30
Swedish Albums (Sverigetopplistan)[73] 23
イギリス (OCC)[74] 40
US Billboard 200[60] 24
US Digital Albums (Billboard)[61] 6
US Top Album Sales (Billboard)[75] 10
US World Albums (Billboard)[76] 1

シングル[編集]

No. タイトル 収録曲 最高順位 売上
USヒート[77] USワールド[78]
1st SQUARE ONE
(2016年8月8日)
  1. WHISTLE(휘파람)
  2. BOOMBAYAH(붐바야)
2nd SQUARE TWO
(2016年11月1日)
  1. PLAYING WITH FIRE(불장난)
  2. STAY
  3. WHISTLE(휘파람)(Acoustic Ver.)
13 2
US: 7,000[79]
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

シングル[編集]

タイトル 最高順位 売上 アルバム
KOR
[80]
CHN
[81]
CAN
[82]
FRA
[83]
JPN
Hot 100

[84]
USワールド
[85]
2016年 BOOMBAYAH(붐바야) 7 22 196 1 SQUARE ONE
・BLACKPINK
WHISTLE(휘파람) 1 12 2
PLAYING WITH FIRE
(불장난)
3 17 92 81 1 SQUARE TWO
・BLACKPINK
STAY 10 48 4
2017年 AS IF IT'S YOUR LAST
(마지막처럼)
3 3 45 180 19 1 BLACKPINK
2018年 DDU-DU DDU-DU
(뚜두뚜두)
1 2 22 95 7 1 SQUARE UP
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

その他の曲[編集]

タイトル 最高順位 売上 アルバム
KOR
[80]
2016年 WHISTLE(휘파람)
(Acoustic Ver.)
88 KOR: 31,423[88] SQUARE TWO
・BLACKPINK
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

ソロ曲

タイトル 最高順位 売上 アルバム
KOR
2018年 SOLO(ジェニー) 1 SOLO
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

ミュージックビデオ[編集]

BLACKPINK - YouTubeチャンネル

M/V Dance Practice Video
2016年
2017年
2018年
2019年

日本[編集]

シングル[編集]

タイトル 収録曲 DVD 最高順位 売上
JPN
[92]
DDU-DU DDU-DU
(2018年8月22日)
  1. DDU-DU DDU-DU
  1. DDU-DU DDU-DU -Music Video-
  2. DDU-DU DDU-DU -MV Behind The Scenes-
  3. DDU-DU DDU-DU -Dance Practice Video-
7 JPN: 24,385[93]
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

フルアルバム[編集]

タイトル 収録曲 DVD 最高順位 売上
JPN
BLACKPINK IN YOUR AREA
(2018年12月5日)
  1. BOOMBAYAH
  2. WHISTLE
  3. PLAYING WITH FIRE
  4. STAY
  5. AS IF IT'S YOUR LAST
  6. DDU-DU DDU-DU
  7. FOREVER YOUNG
  8. REALLY
  9. SEE U LATER
  • Music Video
  1. BOOMBAYAH
  2. WHISTLE
  3. PLAYING WITH FIRE
  4. STAY
  5. AS IF IT'S YOUR LAST
  6. DDU-DU DDU-DU
  • BLACKPINK ARENA TOUR 2018 @幕張メッセイベントホール[2018.08.26]
  1. DDU-DU DDU-DU
  2. FOREVER YOUNG -KR Ver.-
  3. WHISTLE -Acoustic Version-
  4. STAY
  5. SEE U LATER -KR Ver.-
  6. REALLY -KR Ver.-
  7. PLAYING WITH FIRE
  8. BOOMBAYAH
  9. AS IF IT'S YOUR LAST
9 -
KILL THIS LOVE -JP Ver.-
(2019年10月16日)
  1. KILL THIS LOVE -JP Ver.-
  2. DON'T KNOW WHAT TO DO -JP Ver.-
  3. KICK IT -JP Ver.-
  4. HOPE NOT -JP Ver.-
  5. DDU-DU-DDU-DU (Remix) -JP Ver.-
  6. KILL THIS LOVE
  7. DON'T KNOW WHAT TO DO
  8. KICK IT
  9. HOPE NOT
  10. DDU-DU-DDU-DU (Remix)
5 -
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

ミニアルバム[編集]

タイトル 収録曲 DVD 最高順位 売上
JPN
[92]
BLACKPINK
(2017年8月30日)
  1. BOOMBAYAH
  2. WHISTLE
  3. PLAYING WITH FIRE
  4. STAY
  5. AS IF IT'S YOUR LAST
  6. WHISTLE (Acoustic Ver.)
  1. BOOMBAYAH -Music Video-
  2. WHISTLE -Music Video-
  3. PLAYING WITH FIRE -Music Video-
  4. STAY -Music Video-
  5. AS IF IT'S YOUR LAST -Music Video-
  6. MAKING MOVIE
1 JPN:75,016[92][94]
Re: BLACKPINK
(2018年3月28日)
  1. BOOMBAYAH
  2. WHISTLE
  3. PLAYING WITH FIRE
  4. STAY
  5. AS IF IT'S YOUR LAST
  6. WHISTLE (Acoustic Ver.)
  • Music Video
  1. BOOMBAYAH -Music Video-
  2. WHISTLE -Music Video-
  3. PLAYING WITH FIRE -Music Video-
  4. STAY -Music Video-
  5. AS IF IT'S YOUR LAST -Music Video-
  • MAKING MOVIE
  • BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE
  1. BOOMBAYAH
  2. PLAYING WITH FIRE
  3. WHISTLE
  4. STAY
  5. AS IF IT'S YOUR LAST
  6. BOOMBAYAH -KR Ver.- (Encore)
  • SPECIAL INTERVIEW + JACKET SHOOTING MAKING
  • a-nation 2017
  1. BOOMBAYAH
  2. AS IF IT'S YOUR LAST
- -
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

DVD&Blu-ray

タイトル 内容 最高順位 売上
BLACKPINK ARENA TOUR 2018

SPECIAL FINAL IN KYOCERA DOME OSAKA

(2019年3月13日)

  • BLACKPINK ARENA TOUR FINAL 映像
  • MAKING OF BLACKPINK ARENA TOUR 2018

初回限定版

  • アルバム「BLACKPINK IN YOUR AREA」 収録曲
  • メンバー別マルチアングル映像5曲
BLACKPINK HOUSE[EPISODE1-6]

(2019年3月13日)

BLACKPINK HOUSE[EPISODE7-12]

(2019年3月13日)

ミュージックビデオ[編集]

BLACKPINK - YouTubeチャンネル

M/V
2017年
2018年

公演[編集]

BLACKPINK ARENA TOUR 2018[編集]

日程 都市 会場
2018年 7月24-25日 大阪 大阪城ホール
8月16-17日 福岡 福岡国際センター
8月24-26日 千葉 幕張メッセイベントホール
12月24日 大阪 京セラドーム大阪

BLACKPINK 2018 TOUR [IN YOUR AREA] SEOUL × BC CARD[編集]

日程 都市 会場
2018年 11月10日-11日 ソウル オリンピック公園体操競技場

BLACKPINK 2019 WORLD TOUR with KIA [IN YOUR AREA][編集]

日程 都市
2019年 1月11-13日 バンコク
1月19-20日 ジャカルタ
1月26日 香港
2月2日 マニラ
2月15日 シンガポール
2月23-24日 クアラルンプール
3月3日 台北
4月17日 ロサンゼルス
4月24日 シカゴ
4月27日 ハミルトン
5月1-2日 ニューアーク
5月5日 アトランタ
5月8-9日 フォートワース
5月18日 アムステルダム
5月21日 マンチェスター
5月22日 ロンドン
5月24日 ベルリン
5月26日 パリ
5月28日 バルセロナ
6月13日 メルボルン
6月15日 シドニー

BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA in JAPAN

日程 都市 会場
2019年 12月4日 東京 東京ドーム
2020年 1月4-5日 大阪 京セラドーム大阪
2月22日 福岡 福岡ヤフオク!ドーム

ショーケース[編集]

開催日 都市 会場 内容
2016年 8月8日 ソウル - デビューショーケース
2017年 7月20日 東京 日本武道館 日本デビューショーケース

受賞歴[編集]

内容
2016年
2017年
  • 1月13日 第31回ゴールデンディスク賞 - デジタル音源部門新人賞
  • 1月19日 第26回ソウル歌謡大賞 - 新人賞
  • 2月22日 第6回ガオンチャートミュージックアワード - 新人賞
  • 2月22日 第6回ガオンチャートミュージックアワード - 今年の歌手賞音源部門8月《WHISTLE》
  • 2月22日 第6回ガオンチャートミュージックアワード - 今年の歌手賞音源部門11月《PLAYING WITH FIRE》
  • 3月2日 第12回Soompi Awards - 新人賞
  • V Live Awards - グローバル新人賞TOP5
  • 10月31日 2017 Busan One Asia Festival - Style Icon Star
2018年
  • 1月10日 第32回ゴールデンディスク賞 - デジタル音源部門本賞
  • 1月25日 第27回ソウル歌謡大賞 - 本賞
  • 2月14日 第7回ガオンチャートミュージックアワード - ワールドルーキー賞
  • 2月27日 第32回日本ゴールドディスク大賞 - ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)
2019年
  • 11月11日 E! People's Choice Awards 2019 - 今年のグループ、今年のミュージックビデオ、今年のコンサートツアー[96]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Choi Na-young (2016年6月29日). “YG 새 걸그룹, '블랙 핑크' 이름의 뜻은?[YG 새 걸그룹 최종발표③]” (朝鮮語). OSEN. 2016年8月12日閲覧。
  2. ^ Gil Hye-seong (2016年6月29日). “YG新걸그룹은 4인조 '블랙핑크'..최종멤버 이미 밝힌 4인” (朝鮮語). Star News. 2016年6月29日閲覧。
  3. ^ a b Kim Yu-young (2016年8月9日). “YG Entertainment unveils K-pop group BlackPink”. Kpop Herald. 2016年8月12日閲覧。
  4. ^ Oh MiJung (2016年8月8日). “BLACKPINK Revealed to Have No Leader”. Mwave. 2016年8月12日閲覧。
  5. ^ Hwang Mi-hyeon (2016年8月8日). “양현석 "블랙핑크, 리더 없는 YG 유일의 그룹"” (朝鮮語). Ilgan Sports. 2016年12月15日閲覧。
  6. ^ Jeon Su Mi (2016年8月10日). “BLACKPINK Sweeping Charts Within 2 Days of Debut”. Mwave. 2016年8月13日閲覧。
  7. ^ Choi Hyung-won (2016年8月9日). “Black Pink just another version of 2NE1?”. K-Pop Herald. 2016年8月12日閲覧。
  8. ^ Kwak Kyung-min (2016年8月9日). “블랙핑크, 선배 2NE1과의 비교에 "대선배..닮고 싶은 마음이다"” (朝鮮語). Korea Economic Daily. 2016年8月14日閲覧。
  9. ^ Hwang Mi-hyun (2016年8月5日). “YG 블랙핑크, 타이틀 '붐바야' 확정.."더위날릴 빠른 곡"”. JTBC News. 2016年8月12日閲覧。
  10. ^ Chu, Yanchingsally (2016年8月5日). “Blackpink Discloses the Teaser Image of its First Song 'Boombayah'”. BNT News. 2016年12月15日閲覧。
  11. ^ Lee Sang-won (2016年8月7日). “Black Pink debut countdown D-1”. K-Pop Herald. 2016年8月14日閲覧。
  12. ^ Lee Min-ji (2016年8月6日). “YG "블랙핑크 두번째 타이틀 '휘파람' 테디곡"” (朝鮮語). Newsen. 2016年8月12日閲覧。
  13. ^ Jeon Su Mi (2016年8月11日). “BLACKPINK to Perform Official First Stage on ′Inkigayo′”. Mwave. 2016年8月12日閲覧。
  14. ^ 미모에 실력까지…인기가요 블랙핑크 등장에 남심 '흔들'” (朝鮮語). Herald Business (2016年8月15日). 2016年8月15日閲覧。
  15. ^ Lee Sang-won (2016年10月20日). “Black Pink returns with ‘Square Two’”. 2017年6月10日閲覧。
  16. ^ seon@osen.co.kr (2016年10月29日). “[단독] 블랙핑크, 11월6일 '인기가요'+10일 '엠카' 연속 컴백 확정”. 2017年6月10日閲覧。
  17. ^ 6/22(木)より新曲『AS IF IT'S YOUR LAST』配信開始!”. BLACKPINK OFFICIAL WEBSITE (2017年6月22日). 2017年8月24日閲覧。
  18. ^ a b BLACKPINKが今夏日本上陸 7・20武道館で初ライブORICON NEWS(2017年5月17日).2017年6月6日閲覧。
  19. ^ BLACKPINK、日本デビューを前にしてオフィシャルファンクラブ「BLINK JAPAN」設立決定!”. Kstyle (2017年7月6日). 2017年7月8日閲覧。
  20. ^ 【オリコン】BLACKPINK、アルバム初登場首位デビュー 海外歌手3組目”. ORICON NEWS (2017年9月5日). 2017年9月8日閲覧。
  21. ^ BLACKPINK、日本デビューアルバムのリパッケージ盤「Re:BLACKPINK」3月28日リリース決定!豪華特典DVD付きも”. Kstyle (2018年1月30日). 2018年2月4日閲覧。
  22. ^ BLACKPINK、日本でも「DDU-DU DDU-DU」韓国語ver.を含むミニアルバム「SQUARE UP」を6/15に配信”. Kstyle (2018年6月14日). 2018年6月20日閲覧。
  23. ^ BLACKPINK、日本語バージョン全9曲を収録した1stフルアルバム「BLACKPINK IN YOUR AREA」12月5日に発売決定!”. Kstyle (2018年10月19日). 2018年12月11日閲覧。
  24. ^ BLACKPINK、「Kill This Love」MVが最速で1億回再生されたMVにBILLBOARD JAPAN 2019年9月15日閲覧。
  25. ^ BLACKPINK、コーチェラに降臨 その歴史的瞬間を現地ルポ Rolling Stone Japan 2019年11月閲覧。
  26. ^ BLACKPINK、米レコード協会によって「DDU-DU DDU-DU」がゴールド認定 K-POPガールズ・グループとして初の快挙BILLBOARD JAPAN 2019年9月15日閲覧。
  27. ^ 【BLACKPINK × TOWER RECORDS】10/16(水)発売『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』リリース記念タワーレコード豪華コラボキャンペーン決定! TOWER RECORDS ONLINE 2019年11月閲覧。
  28. ^ BLACKPINK 「DDU-DU DDU-DU」ミュージックビデオ再生回数が10億回を突破! K-POPグループとして初の快挙”. K-POP monster (2019年11月15日). 2019年11月19日閲覧。
  29. ^ BLACKPINKが初来日 武道館のファン1.4万人熱狂”. ORICON NEWS (2017年7月20日). 2017年7月21日閲覧。
  30. ^ 「a-nation」2日目BLACKPINKで開幕 日本デビュー目前!パワフルなパフォーマンス&トークは超キュートな魅力全開<セットリスト>”. modelpress (2017年8月27日). 2017年8月28日閲覧。
  31. ^ BLACKPINK「東京ガールズコレクション 2017」初登場!観客熱狂のパフォーマンスを披露”. Kstyle (2017年9月3日). 2017年9月6日閲覧。
  32. ^ BLACKPINK「神戸コレクション」初登場で大トリ!イベントも過去最大の動員数を記録”. Kstyle (2017年9月4日). 2017年9月6日閲覧。
  33. ^ BLACKPINK「東京ガールズコレクション 2018 S/S」で大トリをつとめ観客熱狂!藤田ニコルとの記念ショットも話題に”. Kstyle (2018年4月1日). 2018年4月8日閲覧。
  34. ^ “日本でも大注目”BLACKPINK、自身初のアリーナツアー開催決定!大阪皮切りに3都市で約7万人動員予定”. Kstyle (2018年3月27日). 2018年4月8日閲覧。
  35. ^ BLACKPINK「東京ガールズコレクション 」に出演決定!“初めて行く北九州、楽しみです””. Kstyle (2018年7月6日). 2018年8月30日閲覧。
  36. ^ BLACKPINK、日本のスポーツ新聞で集中報道「最速ドーム公演」「最高のクリスマスプレゼント!」”. Kstyle (2018年7月7日). 2018年8月30日閲覧。
  37. ^ Kim Min-jung (2015年7月29日). “이민호, YG 신예 김지수에 달달 눈빛..수지 질투할라”. Star News. 2016年8月14日閲覧。
  38. ^ Kim Young-rok (2016年4月15日). “아이콘X김지수, 학생복 CF 촬영 현장서 '환상 케미'” (朝鮮語). Sports Chosun. 2016年8月14日閲覧。
  39. ^ Park Su-jeong (2016年3月23日). “아이콘, LG스마트폰 새 모델 발탁..YG 김지수와 호흡” (朝鮮語). TenAsia. 2016年8月12日閲覧。
  40. ^ a b Kim, Jae-heun (2016年7月11日). “YG presents new four-girl band BLACKPINK”. The Korea Times. 2016年8月13日閲覧。
  41. ^ Seon Mi-gyeong (2015年5月24日). “YG 김지수, 걸그룹 데뷔 전 '프로듀사' 출연 '눈도장'” (朝鮮語). OSEN. 2016年8月12日閲覧。
  42. ^ ブラックピンク(BLACKPINK)オフィシャルサイト” (日本語). ブラックピンク(BLACKPINK)オフィシャルサイト. 2019年7月25日閲覧。
  43. ^ 公式サイトのプロフィール欄にて、JENNIEの読み方はジェニではなく「ジェニー」だと記されている。
  44. ^ Kim Eun-gu (2013年3月4日). “YG 새 걸그룹 김제니, 이하이 첫 솔로앨범 참여 '눈길'” [Jennie Kim from YG's new girl group earns attention for participation in Lee Hi's first solo album] (朝鮮語). eDaily. 2016年8月14日閲覧。
  45. ^ Lee Min-ji (2013年8月15日). “승리 "전여자친구 거짓말쟁이, '지지베' 듣고 정신차려라"” (朝鮮語). Newsen. 2016年8月14日閲覧。
  46. ^ Choi Hyung-won (2016年8月8日). “Meet K-pop's newest girl band Black Pink”. K-Pop Herald. 2016年8月14日閲覧。
  47. ^ Seon Mi-gyeong (2016年6月22日). “YG, 새 걸그룹 네번째 멤버 로제 공개..호주 출신 실력파..'강렬'” (朝鮮語). OSEN. 2016年8月12日閲覧。
  48. ^ Lee Min-hyun (2016年6月8日). “YG 걸그룹 두번째 멤버는 리사…연습생 5년차 유종의 미” [YG girl group reveals second member Lisa... 5-year trainee] (朝鮮語). Ilgan Sports. 2016年8月14日閲覧。
  49. ^ Kim Yu-young (2016年8月9日). “YG Entertainment unveils K-pop group BlackPink”. The Korea Herald. 2016年8月12日閲覧。
  50. ^ ARIA Chart Watch #478”. auspOp (2018年6月23日). 2018年6月23日閲覧。
  51. ^ "Austriancharts.at – Blackpink – Square Up" (in German). Hung Medien. 2018年6月28日閲覧。
  52. ^ "Xxxtentacion's Death Spurs Surge In Album Catalogue". FYIMusicNews. 2018年6月25日閲覧
  53. ^ Le Top de la semaine : Top Albums – SNEP (Week 25, 2018)” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2018年6月25日閲覧。
  54. ^ "Top 40 album DVD és válogatáslemez-lista – 2018. 25. hét" (in Hungarian). MAHASZ. 2018年6月28日閲覧。
  55. ^ Oricon Albums Chart” (日本語). Oricon. 2019年5月2日閲覧。
  56. ^ Billboard Japan Hot Albums Charts” (日本語). Billboard JAPAN. 2018年6月24日閲覧。
  57. ^ Oricon Albums Chart - June 25, 2018” (日本語). Oricon. 2018年6月22日閲覧。
  58. ^ Gaon Album Chart – Week 25, 2018” (朝鮮語). Gaon Chart. 2018年6月28日閲覧。
  59. ^ "Swisscharts.com – Blackpink – Square Up". Hung Medien. 2018年6月27日閲覧。
  60. ^ a b "Blackpink Chart History (Billboard 200)". Billboard. 2019年4月16日閲覧。
  61. ^ a b "Blackpink Chart History (Digital Albums)". Billboard. 2019年4月20日閲覧。
  62. ^ "Blackpink Chart History (Independent Albums)". Billboard. 2018年6月26日閲覧。
  63. ^ "Blackpink Chart History (World Albums)". Billboard. 2018年6月26日閲覧。
  64. ^ "Australian-charts.com – Blackpink – Kill This Love". ARIA Top 50 Singles. 2019年4月13日閲覧。
  65. ^ "Blackpink Chart History (Canadian Albums)". Billboard. 2019年4月15日閲覧。
  66. ^ "Irish Albums Chart: 12 April 2019". Irish Recorded Music Association. 2019年4月13日閲覧
  67. ^ "Oricon Top 50 Albums: 2019-05-13" . オリコン. 2019年5月8日閲覧。
  68. ^ Billboard Japan Hot Albums 2019/4/15” (Japanese). Billboard Japan. 2019年4月10日閲覧。
  69. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2019年4月15日). 2019年4月12日閲覧。
  70. ^ "Official Scottish Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2019年4月13日閲覧。
  71. ^ Gaon Album Chart – Week 17, 2019” (朝鮮語). Gaon Chart. 2019年5月2日閲覧。
  72. ^ Top 100 Albums: Semana 22”. Productores de Música de España. 2019年6月4日閲覧。
  73. ^ Veckolista Album, vecka 15”. Sverigetopplistan. 2019年4月13日閲覧。
  74. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2019年4月13日閲覧。
  75. ^ Top Album Sales”. Billboard (2019年4月20日). 2019年4月20日閲覧。
  76. ^ "On this week's #WorldAlbums chart, @ygofficialblink earns their second No. 1 with 'Kill This Love' (EP)". Twitter. 2019年4月16日閲覧
  77. ^ Billboard Heatseekers Albums
    • Square Two” (2016年11月19日). 2016年11月19日閲覧。
  78. ^ Billboard World Albums
    • Square Two” (2016年11月26日). 2016年11月26日閲覧。
  79. ^ a b c Blackpink Earn Second No. 1 on World Digital Songs, Debut on Social 50”. Billboard (2016年11月9日). 2016年11月10日閲覧。
  80. ^ a b
  81. ^
  82. ^ Chart Search "Blackpink"”. Billboard. Billboard. 2016年11月16日閲覧。
  83. ^ BLACKPINK – BOOMBAYAH” (French). lescharts.com. Hung Medien. 2016年9月16日閲覧。
  84. ^ Japan Hot 100 - Playing With Fire”. Billboard Japan. Billboard Japan. 2016年11月19日閲覧。
  85. ^
  86. ^ a b
  87. ^ a b Benjamin, Jeff (2016年8月16日). “Blackpink's Major Debut: New K-Pop Girl Group Lands No. 1 & 2 on World Digital Songs Chart”. Billboard. 2016年8月16日閲覧。
  88. ^ a b c
  89. ^
  90. ^ Blackpink Earns New High on Social 50 Chart”. Billboard.com. Billboard Music. 2017年7月6日閲覧。
  91. ^ Zellner, Xander (2018年6月25日). “BLACKPINK Makes K-Pop History on Hot 100, Billboard 200 & More With 'DDU-DU DDU-DU'”. Billboard. 2018年6月26日閲覧。
  92. ^ a b c 週間 CDアルバムランキング 2017年09月11日付”. ORICON NEWS. 2017年9月8日閲覧。
  93. ^ Sales for DDU-DU DDU-DU:
  94. ^ 累積売上:
  95. ^ HISTORY 2016 Winners” (韓国語). Asia Artist Awards組織委員会. 2017年10月23日閲覧。
  96. ^ People's Choice Awards: 'Avengers: Endgame' Named Best Movie” (英語). The Hollywood Reporter (2019年11月10日). 2019年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]