パキスタン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パキスタン人
پاکستانی قوم
Flag of Pakistan.svg
総人口
1億9900万人[1]
居住地域
 パキスタン :199,085,847 (2015)
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 1,500,000+
イギリスの旗 イギリス 1,460,000+
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 1,200,000+
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 700,000
カナダの旗 カナダ 415,310
イタリアの旗 イタリア 151,000+
クウェートの旗 クウェート 150,000+
カタールの旗 カタール 90,000[2]
オマーンの旗 オマーン 85,000
ギリシャの旗 ギリシャ 80,000
フランスの旗 フランス 60,000
マレーシアの旗 マレーシア 56,000
中華人民共和国の旗 中国 54,000[3]
ドイツの旗 ドイツ 49,000
スペインの旗 スペイン 47,000
バーレーンの旗 バーレーン 45,000
ノルウェーの旗 ノルウェー 39,134
オーストラリアの旗 オーストラリア 31,277
リビアの旗 リビア 30,000
ベルギーの旗 ベルギー 14,500+
日本の旗 日本 10,000+
スウェーデンの旗 スウェーデン 5,000+
言語
ウルドゥー語パンジャーブ語シンド語パシュトー語バローチー語サライキ語カシミール語ブラーフーイー語バルティ語英語版、ほか
宗教
イスラム教 97%(大半はスンニ派で、シーア派は2割)、ほかヒンドゥー教キリスト教アフマディーヤバハーイー教シク教ゾロアスター教

パキスタン人ウルドゥー語: پاکستانی قوم‎)は、パキスタンに住む人々。パキスタンは多民族・多言語の国であるが、多くはインド・イラン系に属し、残りは他の小規模な民族・言語に属する。2011年の時点で、パキスタンの推計人口は1億9900万人であり[1]、世界で6番目に人口が多い。

民族[編集]

パキスタンは世界で最も人口増加が著しい国の一つである。南アジアという位置関係から、パキスタン人は周辺の様々な民族が入り混じったものになっている。

主な7つの民族はパンジャーブ人シンド人英語版サライキ人英語版パシュトゥーン人ムハージル人英語版バローチ人英語版カシミール人英語版であり、他に主なものとしてブラーフーイー人英語版ヒンドコワン人英語版シナー人ブルショー人ワヒー人バルチ人英語版コー人英語版があり、他にも国土の北のはずれにいくつかの少数民族がいる。

パキスタンにおいて最も多いパンジャーブ人は、主に中部と、北部の一部に居住している。パンジャーブ人はパンジャーブ地方に先住してきた人々であり、その名はペルシャ語で「5」を意味する "Panj" と「水」を意味する "Ab" に由来し、その地を流れる5本の川からきた名である。カラチにも、かなりの数のパンジャーブ人が住んでいる。バローチ人は国土の南西部に住んでいる。シンド人は南東部に居住し、大河インダス川(シンドゥ川)から名をとっている。またサライキ人など、パンジャーブ人とシンド人の居住地域に挟まれて暮らす民族がいくつかある[4]。カシミール人は、北部のカシミール地方において重要な民族である。かつてアジアとヨーロッパを結んだシルクロードが通ったギルギット地方の北部では、バルチ人、Hunzakots、Gilgiti などの土着民族が暮らしている。コー人は北西の山岳高地で暮らす土着民族である。これらの主な民族に加えて、アフリカの角から来たと伝わるアフリカ人の船乗りと戦士の子孫にあたる Sheedi のいくつかの小さな集団や、1947年にパキスタンがイギリスから独立した時にインドから亡命してきたムハージル人がいる。パキスタンにはその他にも、数えきれないほどの民族がモザイク状に点在しており、例えば在パキスタン・ベンガル人、在パキスタン・ビルマ人ハザーラ人タジク人、中国を起源に持つ客家などがある[4]

文化[編集]

パキスタンには多くの異なる文化が混在しており、それぞれの地方が異なった社会風習を持っている。とはいえイスラム教が、異なった地域・異なった民族を統合する影の力となり、パキスタンの価値観と伝統の形成に大きな影響を与えている。

言語[編集]

ヒンドゥスターニー語の標準のひとつであるウルドゥー語がパキスタンの国語である。ウルドゥー語は(多言語国家である)パキスタンの統一性の象徴として、またいわゆるリングワ・フランカとして選ばれたものであり、パキスタンの土着言語間に何らかの優劣関係を認めるものではない。ウルドゥー語は主として第二言語として学ばれるものであり、パキスタン人のうち93%は他の言語を母語にしている。多くの地域言語・地方言語が各民族によって第一言語として使われており、そのうちパンジャーブ語は全人口の45%という最も多くの話者を持つ。英語は公用語として使われており[5]、かつての長くにわたったイギリス領インド帝国の遺物として、殆どのエリート層が使っている。

世界中の多くのパキスタン人はパキスタンの様々な土着言語を話しており、 ウルドゥー語サライキ語パンジャーブ語シンド語パシュトー語バローチー語カシミール語などが挙げられる。

宗教[編集]

パキスタンで最も信者が多いのはイスラム教であり、国教になっている[5]。他にはユダヤ教シク教ゾロアスター教仏教ヒンドゥー教キリスト教の信者がいる。

在外人[編集]

世界各地で多くの在外パキスタン人が移住・出稼ぎで暮らしている。その数はおよそ700万人にのぼり、中東北アメリカヨーロッパアジアオーストラリアで見られる。

在日パキスタン人[編集]

著名人[編集]

政治[編集]

文民[編集]

ムハンマド・アリー・ジンナー

軍人[編集]

科学[編集]

芸術[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

スポーツ[編集]

クリケット[編集]

スカッシュ[編集]

サッカー[編集]

その他[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b U.S. and World Population Clock”. アメリカ合衆国国勢調査局. 2016年11月26日閲覧。
  2. ^ Qatar´s population by nationality” (英語). bq magazine. 2016年11月26日閲覧。 bq magazine Retrieved 15 December 2014
  3. ^ http://www.immigration.go.kr/HP/COM/bbs_003/ListShowData.do?strNbodCd=noti0096&strWrtNo=124&strAnsNo=A&strOrgGbnCd=104000&strRtnURL=IMM_6050&strAllOrgYn=N&strThisPage=1&strFilePath=imm
  4. ^ a b Pakistan: Introduction” (英語). Infoplease. Sandbox Networks. 2016年11月27日閲覧。
  5. ^ a b パキスタン基礎データ”. 外務省. 2016年11月27日閲覧。