イムラン・カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イムラン・カーン

イムラーン・カーン・ニヤーズィーウルドゥー語: عمران خان نیازی‎、Imran Khan Niazi1952年11月25日 - )は、パキスタンラホール出身の元クリケット選手、政治家。

1971年から1992年にかけに20年間以上もパキスタン代表としてプレーし、1982年から1992年までは代表のキャプテンも務めた。1987年クリケットワールドカップ終了後に引退したものの、1988年には再びチームに戻るように呼ばれた。その後彼が40歳の1992年クリケットワールドカップでパキスタンにとって初めてとなる優勝を果たした。彼は通算テストクリケットにおいて3807ランと362ウィケッツの記録も保持している[1]

1996年からはパキスタン正義運動という小さな党の議長を務め、同党の唯一のパキスタン下院議員も務める。また篤志家としても知られ、慈善事業にも積極的で1996年には世界的な資金調達により、ショカト・ハヌム記念病院の設立も援助し、2008年にはナマル大学の設立にも資金を投じた。

現在は政治活動の他には、上記のような慈善事業や、クリケットの解説者を務めている。なおイギリス人の元妻ジェマイマ・ゴールドスミスは、ロスチャイルド家の親戚であるユダヤ人実業家ジェームズ・ゴールドスミスの娘である。

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]