アユーブ・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アユーブ・ハーン
ایوب خان
Muhammed Ayub Khan.JPG
アユーブ・ハーン(1961年1月)

任期 1958年10月27日 – 1969年3月25日

 パキスタン
内務大臣
任期 1965年3月23日 – 8月17日

 パキスタン
防衛大臣
任期 1954年10月24日 – 1955年8月11日
1958年10月28日 – 1966年10月21日

 パキスタン
軍幕僚長
任期 1951年1月16日 – 1958年10月26日

任期 1958年10月24日 – 10月27日

出生 (1907-05-14) 1907年5月14日
イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国、ノースウェスト・フロンティア州ハリプル地方レハナ(現・ パキスタンカイバル・パクトゥンクワ州
死去 1974年4月19日(1974-04-19)(66歳)
 パキスタンイスラマバード
政党 パキスタン・ムスリム連盟
出身校 Aligarh Muslim University
Royal Military College, Sandhurst
子女 Gohar Ayub
Nasim
Begum Nasim Aurangzeb
アユーブ・ハーン
ایوب خان
Ayubnewarmychief.jpg
アユーブ・ハーン(1951年10月)
所属組織 British Raj Red Ensign.svg 英印軍
 パキスタン陸軍
軍歴 1928年1958年
最終階級 OF-10 Pakistan Army.svg 元帥
テンプレートを表示

ムハンマド・アユーブ・ハーンウルドゥー語: محمد ایوب خان‎; 1907年5月14日  – 1974年4月19日)は、パキスタンの初代軍総司令官であり、第2代の同国大統領である。1958年のクーデターで政権に就き、1969年暴動で辞任を強いられるまでその地位にとどまった[1]

生涯[編集]

サンドハースト陸軍士官学校で訓練を受けた後、第二次世界大戦において英印軍の司令官として戦った。彼は、1947年にパキスタンの分離独立のために結成された軍に所属して東ベンガルの総司令官に就いた。 1951年リヤーカト・アリー・ハーン英語版首相により、最初のパキスタン出身の軍総司令官に任命された。1958年イスカンダル・ミールザー英語版大統領の戒厳令発令を支持して、その管理者となった。その2週間後、彼は無血クーデターを敢行し、大統領の地位に就いた。前政権と同じく親米英の路線を採り、ソ連インドと対立した。

1965年インド・パキスタン戦争が起きたが国連の調停により5週間で終結した。インドとの和平における譲歩案に対して国民の不満がくすぶりだした。激しい物価上昇に対する国民の不満は爆発し各地で暴動が起きた。1969年に彼は辞任して、2度目の戒厳令を宣言したヤヒヤー・ハーン英語版に権力を委譲した。

1974年、イスラマバードで病死した。

脚注[編集]

  1. ^ Muhammad Ayub Khan the Second President of Pakistan”. Pakistan Herald.com. 2011年11月16日閲覧。, Retrieved 25 August 2015