ヒナ・ラッバーニ・カル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒナ・ラッバーニ・カル
حنا ربانی کھر
Hina Rabbani Khar, Foreign Minister, Pakistan (cropped).jpg
ヒナ・ラッバーニ・カル(2012年)
生年月日 (1977-11-19) 1977年11月19日(43歳)
出生地  パキスタンパンジャーブ州ムルターン
出身校 ラホール経営科学大学
マサチューセッツ大学アマースト校
所属政党 パキスタン人民党
配偶者 Feroze Gulzar
公式サイト Official website

パキスタン外務大臣
在任期間 2011年7月19日 -

パキスタン財務経済大臣
在任期間 2011年2月11日 - 2011年7月19日
テンプレートを表示

ヒナ・ラッバーニ・カルウルドゥー語: حنا ربانی کھر, ラテン文字転写: Hina Rabbani Khar1977年11月19日[1] - )は、パキスタン政治家である。2011年7月にパキスタンでは最年少で女性では初のパキスタンの外務大臣に就任した。2002年と2008年のパキスタンの総選挙によって国民議会の議員に当選し、財務・経済大臣を2008年から2011年の間務めている。

経歴[編集]

1977年11月19日にパンジャーブ州ムルターンで生まれた。政治家で地主であるグラーム・ヌール・ラッバーニ・カル (enغلام نور ربّانی کھر)の娘でパンジャーブ州の前知事であった[2]。カル家のルーツはムザッファルガル県のコト・アドゥ (enにあるカル・グラビ村にあり、多くの土地や漁場、マンゴー園、サトーキビ園などの資産を保有している。カルはラホール経営科学大学  (enを卒業し学士号(B.Sc)を取得し、2001年にはマサチューセッツ大学アマースト校を卒業し経営学修士号(M Sc (Hon))を取得している[3][4]。彼女はFiroze Gulzarと結婚し二人の娘AnnayaDinaがいる[5]ラホールにあるポロ競技場にあるポロラウンジレストランの共同オーナーでもある[6]

政治経歴[編集]

2002年の総選挙でパキスタン・ムスリム連盟カーイデ・アーザム派(PML-Q)から立候補しパンジャーブ州ムザファルガルの選挙区の代表として登場した。以前は彼女の父グラームがこの地位を占めたが、新しい法律ではすべての立候補者には大学卒業程度の学位が要求され、この年グラームは立候補出来ないことを意味した[7][8][9]。 『ガーディアン』紙は「女性の役割に対して敏感な地元に従い、地主の父親が意図のある有権者に対し挨拶回りを行った。カルはほとんどを家で過ごし同様に十分な数の選挙用ポスターの写真は出回らなかった。」と載せている[10]。 その後、PML-Qは2008年の次期選挙のカルへの立候補の機会は否定したため、2008年カルはパキスタン人民党(PPP)から立候補し2回目の当選を果たした[7][11]。 PPPは選挙で過半数の得票を得てパキスタン・ムスリム連盟カーイデ・アーザム派で連立を組み、首相にPPPのユースフ・ラザー・ギーラーニーを選出した。 2004年から2007年の間、カルは経済相に就いた[12]。2008年から2011年にかけては経財相に就いており、2009年6月13日にカルはパキスタンの国会においては初めて予算を提示する女性となった[13]

外務大臣として[編集]

世界経済フォーラムにて(2012年)

カルはパキスタン外務省のトップである外務大臣に2011年2月11日にギーラーニー内閣の改造により任命されている[14]。これはシャー・マフムード・クレイシー  (enの外相辞任による後任であった。[15] 2011年7月18日に外務大臣として公認され[16] 、7月19日に宣誓を行いパキスタンでは最年少で女性では初の外務大臣に就任した[17]。2008年にパルヴェーズ・ムシャラフの後にパキスタン大統領に就いたアースィフ・アリー・ザルダーリーは任命で、「女性を国の本流に持って行く責任を政府が示した出来事である。」と答えている[18]

就任後直ぐにカルはインドを訪問し、インド外相S.M.クリシュナ'と和平会談を行った。ムンバイ同時多発テロ以来、停滞している関係を2011年2月に再開した[19]。インドのメディアはバーキンバッグ  (enやサングラス、ジミー・チューのスティレットヒール、真珠のネッカチーフなど多くのブランド品で身を固めた彼女のファッションや容貌を幅広く報道している[20]。カルはインド政府の代表と会談する前にカシミール独立運動のリーダーと会談していたため、インドの主要野党であるインド人民党(BJP)は外交儀礼違反を非難し、問題の事実追求を要求した[21][22][23]。2011年8月には中国を訪問し、楊潔篪外相と会談している[24]。『ヒンドゥスタンタイムズ』 (enはインドとは対照的に中国のメディアは彼女のことに関してはほとんど報道していないと述べている[25]。2011年11月に発生したNATO軍の誤爆 (enによりパキスタン軍の兵士24人が死亡した後、カルと防衛委員会はウサーマ・ビン・ラーディンが射殺された2011年5月の時と同様にNATOと国際治安支援部隊(ISFA)のパキスタン国内の輸送路を閉鎖することを認めた。[26] アメリカとパキスタンとの間では輸送路の再開に関しては合意が間近と言う報道もある[27]

脚注[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年7月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月1日閲覧。
  2. ^ Press Trust of India. "Hina Rabbani set to be Pak’s new foreign minister". The Times of India. 25 June 2011. Accessed 30 August 2011.
  3. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年7月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月1日閲覧。
  4. ^ Xinhua News Agency. "Pakistan appoints first female foreign minister". China Daily. 20 July 2011. Accessed 30 August 2011. Archived 29 August 2011.
  5. ^ Foreign Minister Archived 2011年7月24日, at the Wayback Machine.. Minister of Foreign Affairs. Accessed 29 August 2011. Archived 29 August 2011.
  6. ^ Khar, Zainab. "Polo Lounge: palate pleaser". Daily Times (Pakistan). 18 January 2004. Accessed 30 August 2011. Archived 30 August 2011.
  7. ^ a b "District Profile: Southern Punjab- Muzaffargarh" Archived 2013年9月27日, at the Wayback Machine.. Dawn. Accessed 30 August 2011. Archived 29 August 2011.
  8. ^ Pakistani general election, 2002: constituency-wise detailed results (PDF, 397 KB) . Election Commission of Pakistan. p. 48. Accessed 30 August 2011. Archived 29 August 2011.
  9. ^ Khan, Omer Farooq. "Hina Rabbani Khar a misfit, say most Pakistanis". The Times of India. 25 July 2011. Accessed 30 August 2011.
  10. ^ Walsh, Declan. "Pakistan foreign minister bags attention on India trip". The Guardian. 29 July 2011. Accessed 30 August 2011.
  11. ^ "NA-177 (Muzaffargarh-II)". Election Commission of Pakistan. Accessed 30 August 2011. Archived 29 August 2011.
  12. ^ CV (PDF, 527 KB) . Competitiveness Support Fund. Accessed 30 August 2011. Archived 30 August 2011.
  13. ^ Asghar, Raja. "Hina Khar first woman to present Pakistan budget". Dawn. 14 June 2009. Accessed 30 August 2011.
  14. ^ Hassan, Ahmad. "Some heavyweights left out of 22-member new cabinet". Dawn. 12 February 2011. Accessed 30 August 2011.
  15. ^ Indo-Asian News Service. "Hina Rabbani Khar to be Pakistan foreign minister". MSN News. 24 June 2011. Accessed 30 August 2011. Archived 29 August 2011.
  16. ^ Buncombe, Andrew. "Pakistan selects female envoy for India talks". The Independent. 19 July 2011. Accessed 30 August 2011. Archived 29 August 2011.
  17. ^ Agence France-Presse."Hina Rabbani Khar sworn in as foreign minister". Dawn. 19 July 2011. Accessed 29 August 2011.
  18. ^ Ghosh, Labonita. "Hina Rabbani Khar, Pakistan's foreign minister: Just a Greenhorn or Rising star?". The Economic Times. 26 July 2011. p. 2. Accessed 30 August 2011. Archived 30 August 2011.
  19. ^ "India and Pakistan relations 'on right track'". BBC News. 27 July 2011. Accessed 30 August 2011.
  20. ^ Rodriguez, Alex. "Pakistan's top envoy gets points for style, but at home questions loom". Los Angeles Times. 5 August 2011. Accessed 30 August 2011. Archived 29 August 2011. See also:
  21. ^ "Pak foreign minister starts India visit by meeting Kashmiri separatists". The Times of India. 27 July 2011. Accessed 30 August 2011.
  22. ^ Press Trust of India. "BJP protests Khar-Hurriyat meet, slow pace of 26/11 trial" Archived 2011年7月28日, at the Wayback Machine.. Hindustan Times. 28 July 2011. Accessed 30 August 2011.
  23. ^ Press Trust of India. "BJP demands inquiry into Khar-Kashmiri separatists meeting". Daily News and Analysis. 27 July 2011. Accessed 30 August 2011.
  24. ^ "Pakistan, China ties are unique: Hina Rabbani Khar". The Times of India. 24 August 2011. Accessed 30 August 2011.
  25. ^ Dasgupta, Saibal."Hina Rabbani Khar's charm fails to excite the Chinese". The Times of India. 24 August 2011. Accessed 30 August 2011.
  26. ^ http://edition.cnn.com/2011/12/02/world/asia/pakistan-nato-airstrikes/index.html
  27. ^ ISAF物資輸送路の再開、米国とパキスタンが合意間近 2012-5-16 ロイタ

外部リンク[編集]