ハイパフォリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hyperforin
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 11079-53-1
日化辞番号 J15.315J
特性
化学式 C35H52O4
モル質量 536.78 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヒペルホリン (hyperforin) あるいはハイパフォリンプレニル化フロログルシノールの一種で、セイヨウオトギリ(セント・ジョーンズ・ワート)の抽出物に含まれる主成分の一つ。

薬理作用[編集]

ハイパフォリンはセイヨウオトギリの抽出物の抗うつ作用の主要な有効成分であると考えられている[1]。ハイパフォリンはセロトニンドーパミンノルアドレナリンγ-アミノ酪酸(GABA)、グルタミン酸などの神経伝達物質の取り込みを阻害することが示されている[2]。 ハイパフォリンは神経軸索の発芽を制御するイオンチャネルTRPC6の活性化因子として特定化されている。ハイパフォリンの神経伝達物質取り込み阻害作用は、TRPC6の活性化によって神経細胞内へのナトリウムおよびカルシウムイオンの取り込みが起きることから説明される[3]。ハイパフォリンはプレグナンX受容体(PXR)に結合することによって酵素シトクロムP450(CYP3A4およびCYP2C9)を誘導する作用ももつと考えられている[4]

歴史[編集]

ハイパフォリンの構造は、シェムヤキン生物有機化学研究所(モスクワの旧ソ連科学アカデミー)の研究グループによって解明され1975年に発表された[5][6]。2010年、柴崎正勝らによってハイパフォリンの鏡像異性体の全合成が報告されている[7]

脚注[編集]

  1. ^ Newall, Carol A.; Joanne Barnes; Anderson, Linda R. (2002). Herbal medicines: a guide for healthcare professionals. London: Pharmaceutical Press. ISBN 0-85369-474-5. 
  2. ^ Chatterjee SS, Bhattacharya SK, Wonnemann M, Singer A, Müller WE (1998). “Hyperforin as a possible antidepressant component of hypericum extracts”. Life Sci. 63 (6): 499–510. doi:10.1016/S0024-3205(98)00299-9. PMID 9718074. 
  3. ^ Leuner K, Kazanski V, Müller M, et al (December 2007). “Hyperforin--a key constituent of St. John's wort specifically activates TRPC6 channels”. The FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 21 (14): 4101–11. doi:10.1096/fj.07-8110com. PMID 17666455. 
  4. ^ Moore LB, Goodwin B, Jones SA, et al (June 2000). “St. John's wort induces hepatic drug metabolism through activation of the pregnane X receptor”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 97 (13): 7500–2. doi:10.1073/pnas.130155097. PMC: 16574. PMID 10852961. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC16574/. 
  5. ^ Bystrov NS, Gupta ShR, Dobrynin VN, Kolosov MN, Chernov BK (January 1976). “Structure of the antibiotic hyperforin” (Russian). Doklady Akademii nauk SSSR 226 (1): 88–90. PMID 1248360. 
  6. ^ Bystrov NS, Chernov BK, Dobrynin VN, Kolosov MN (1975). “The structure of hyperforin”. Tetrahedron Letters 16 (32): 2791-2794. doi:10.1016/S0040-4039(00)75241-5. 
  7. ^ Shimizu Y, Shi SL, Usuda H, Kanai M, Shibasaki M (2010). “Catalytic asymmetric total synthesis of ent-hyperforin”. Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 49 (6): 1103-1106. doi:10.1002/anie.200906678. PMID 20063336. 

関連項目[編集]