柴崎正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「柴﨑正勝」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
柴﨑 正勝
生誕 (1947-01-25) 1947年1月25日(70歳)
埼玉県鴻巣市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 有機化学不斉触媒
研究機関 微生物化学研究会
微生物化学研究センター
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
山田俊一
博士課程
指導学生
濱島義隆
主な受賞歴 井上学術賞(1993年)
日本薬学会賞(1999年)
ACS アーサー・C・コープ スカラー賞(2002年)
日本学士院賞(2005年)
プロジェクト:人物伝

柴﨑 正勝(しばさき まさかつ、1947年1月25日 - )は日本の有機化学者。財団法人微生物化学研究会微生物化学研究センター化学研究センター長、同常務理事(2010–)。2006年度日本薬学会会頭。埼玉県鴻巣市出身[1]

略歴[編集]

業績[編集]

ビナフトール (BINOL) 骨格を有するものを中心に多数の不斉触媒を開発[2]。それまで難しいとされてきたヘンリー反応シアノヒドリン化、ストレッカー反応ヘック反応マイケル反応など多くの反応を、高い不斉収率で不斉化することに成功した。不斉触媒分野における1995年から2005年の論文引用回数は世界一である[4]

またこれらの反応を応用し、エポチロン[5]ストリキニーネ[6][7]・ガルスベリンA[8]ラクタシスチン[9] など数多くの化合物の全合成を報告している。2006年にはシキミ酸を必要としないタミフルの合成経路を開発し[10]、安定供給に道を開くものと期待されている[11]

主な受賞歴[編集]

その他の受賞歴:日本薬学会賞/コープ賞/フルカ賞/エルゼビア賞/モレキュラーキラリティー賞/内藤記念科学振興賞/東レ科学技術賞/高峰記念三共賞/日本希土類学会賞(塩川賞)/アメリカ化学会賞/センテナリーメダル (イギリス化学会)/有機合成化学協会特別賞など多数

門下生[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.411
  2. ^ a b c d e f g h i 橋本俊一「柴崎正勝先生に日本学士院賞」、『有機合成化学協会誌』第63巻第5号、有機合成化学協会、2005年、 422頁、 doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.63.422
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 東京大学. “広報・情報公開 記者発表一覧 柴崎東大教授世界第1位不斉触媒分野引用回数”. 2009年8月20日閲覧。
  5. ^ Sawada, D.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2000). “Enantioselective Total Synthesis of Epothilones A and B Using Multifunctional Asymmetric Catalysis”. J. Am. Chem. Soc. 122 (43): 10521-10532. doi:10.1021/ja002024b. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja002024b. 
  6. ^ Ohshima, T.; Xu, Y.; Takita, R.; Shimizu, S.; Zhong, D.; Shibasaki, M. (2003). “Enantioselective Total Synthesis of (−)-Strychnine Using the Catalytic Asymmetric Michael Reaction and Tandem Cyclization”. J. Am. Chem. Soc. 125 (7): 2014. doi:10.1021/ja034038y. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja034038y. 
  7. ^ Ohshima, T.; Xu, Y.; Takita, R.; Shibasaki, M. (2004). “Enantioselective total synthesis of (−)-strychnine: development of a highly practical catalytic asymmetric carbon–carbon bond formation and domino cyclization”. Tetrahedron 60 (43): 9569-9588. doi:10.1016/j.tet.2004.06.141. 
  8. ^ Kuramochi, A.; Usuda, H.; Yamatsugu, K.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2005). “Total Synthesis of (±)-Garsubellin A”. J. Am. Chem. Soc. 127 (41): 14200-14201. doi:10.1021/ja055301t. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja055301t. 
  9. ^ Fukuda, N.; Sasaki, K.; Sastry, T. V. R. S.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2006). “Catalytic Asymmetric Total Synthesis of (+)-Lactacystin”. J. Org. Chem. 71 (3): 1220-1225. doi:10.1021/jo0524223. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jo0524223. 
  10. ^ Fukuta, Y.; Mita T.; Fukuda, N.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2006). “De Novo Synthesis of Tamiflu via a Catalytic Asymmetric Ring-Opening of meso-Aziridines with TMSN3. J. Am. Chem. Soc. 128 (19): 6312-6313. doi:10.1021/ja061696k. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja061696k. 
  11. ^ Yamatsugu, K.; Yin, L.; Kamijo, S.; Kimura, Y.; Kanai, M.; Shibasaki, M. (2009). “A Synthesis of Tamiflu by Using a Barium-Catalyzed Asymmetric Diels-Alder-Type Reaction”. Angew. Chem., Intl. Ed. 48 (6): 1070-1076. doi:10.1002/anie.200804777. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]