ネビュラ賞 長編小説部門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネビュラ賞 長編小説部門
受賞対象 前年に出版された40,000語以上の長さのサイエンス・フィクションまたはファンタジーの小説で、最も優秀な作品を投票により選出する。
授与者 アメリカSFファンタジー作家協会
初回 1966年
最新受賞者 ジョー・ウォルトン (Among Others)
公式サイト http://www.sfwa.org/nebula-awards/

ネビュラ賞 長編小説部門Nebula Award for Best Novel)は、アメリカSFファンタジー作家協会 (SFWA) がサイエンス・フィクションおよびファンタジーの小説から、最優秀作品を選出するネビュラ賞の長編小説部門(規定は後述)。1966年から毎年授与されている。

「アメリカのSFの賞の中でも最も重要な賞」とされており、「SFとファンタジーにとってのエミー賞」と呼ばれている[1][2]

英語を基にノベル部門/ノヴェル部門や、長篇小説部門と表記されることもある。

概要[編集]

対象となるのは、英語で書かれたか英語に翻訳され、前年にアメリカ合衆国内で紙書籍として出版されたかインターネット上で公開された、SFまたはファンタジー小説である。語数は、40,000語以上の長さと定義されており、それより短い作品は短編小説部門中編小説部門中長編小説部門で扱う。対象期間より以前にもっと短い形で発表し、前年に長編化されて出版された作品も対象となる。また、定義上中長編に分類される作品でも、作者が長編部門での選考を希望すれば長編部門で扱う[3]

候補作品と受賞作品はSFWA会員が選考するが、作者は同会員である必要はない。毎年11月15日から翌年の2月15日までにSFWA会員が推薦を行い、最も多く推薦を受けた6作品を最終候補作品とし、推薦者が同数の場合は6作品より多くなることもある。そして3月中に会員が投票を行い、5月に授賞式が開催される。自作を推薦することは禁止されており、最終候補作品への投票でトップが同数の票を獲得した場合は、推薦者数で受賞作を決定する[3]。このようなルールになったのは2009年の賞からである。それ以前は、作品の出版日から1年間は推薦可能とされていたため、出版された年にノミネートされ、翌年にもノミネートされて受賞するということも可能だった。かつては10人以上から推薦されると最終候補作品リストに掲載され、そこから投票で受賞作を選んでいた。また、SFWAの組織委員会が候補作品を追加することも許されていた[4]

2012年時点で47回の選考で、159人の作家(共著者を含む)の作品がノミネートされ、35人が受賞している(同時受賞も含む)。長編部門を最も多く受賞しているのはアーシュラ・K・ル=グウィンで、2012年時点までに6回ノミネートされ、4回受賞している。ジョー・ホールドマンは4回ノミネートされ、3回受賞している。2回受賞した作家は8名いる。ノミネート回数はジャック・マクデヴィットジーン・ウルフがそれぞれ10回と最多で、2人とも1回受賞している。フィリップ・K・ディックポール・アンダースンはともに5回ノミネートされているが、受賞は逃している。

受賞作とノミネート作一覧[編集]

下記の表において、書かれている年は授賞式が行われた年であり、作品が出版された年(前年、もしくは前々年のこともある)ではない。背景が青で作者名の後ろにアスタリスク (*) がある行が受賞者/受賞作品で、作者名の後ろにプラス記号 (+) があるのは同点による同時受賞を示している。背景が白い行は、最終候補作品を示している。

  *   受賞者および(共著による)共同受賞者   +   (同点による)同時受賞者

作者 作品名
1966[5] フランク・ハーバート* デューン/砂の惑星』Dune
クリフォード・D・シマック All Flesh is Grass
シオドア・L・トーマス The Clone
ケイト・ウィルヘイム
フィリップ・K・ディック 『ドクター・ブラッドマネー―博士の血の贖い―』(別題『ブラッドマネー博士』)Dr. Bloodmoney, or How We Got Along After the Bomb
ジェイムズ・ホワイト The Escape Orbit
トマス・M・ディッシュ 『人類皆殺し』The Genocides
ウィリアム・S・バロウズ 『ノヴァ急報』Nova Express
キース・ローマー A Plague of Demons
エイヴラム・デイヴィッドスン Rogue Dragon
G. C. Edmondson The Ship That Sailed the Time Stream
ポール・アンダースン The Star Fox
フィリップ・K・ディック 『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』The Three Stigmata of Palmer Eldritch
1967[6] サミュエル・R・ディレイニー+ 『バベル-17』Babel-17
ダニエル・キイス+ アルジャーノンに花束をFlowers for Algernon
ロバート・A・ハインライン 月は無慈悲な夜の女王The Moon Is a Harsh Mistress
1968[7] サミュエル・R・ディレイニー* 『アインシュタイン交点』The Einstein Intersection
ピアズ・アンソニイ Chthon
ヘイドン・ハワード The Eskimo Invasion
ロジャー・ゼラズニイ 光の王Lord of Light
ロバート・シルヴァーバーグ 『いばらの旅路』Thorns
1969[8] アレクセイ・パンシン* 『成長の儀式』Rite of Passage
ジェイムズ・ブリッシュ Black Easter
フィリップ・K・ディック アンドロイドは電気羊の夢を見るか?Do Androids Dream of Electric Sheep?
ロバート・シルヴァーバーグ 『時の仮面』The Masks of Time
R・A・ラファティ 『トマス・モアの大冒険――パスト・マスター』Past Master
ジョアンナ・ラス Picnic on Paradise
ジョン・ブラナー Stand on Zanzibar
1970[9] アーシュラ・K・ル=グウィン* 闇の左手The Left Hand of Darkness
ノーマン・スピンラッド Bug Jack Barron
ロジャー・ゼラズニイ Isle of the Dead
ジョン・ブラナー The Jagged Orbit
カート・ヴォネガット スローターハウス5Slaughterhouse-Five
ロバート・シルヴァーバーグ 『時間線を遡って』Up the Line
1971[10] ラリー・ニーヴン* リングワールドRingworld
ジョアンナ・ラス And Chaos Died
R・A・ラファティ 『第四の館』Fourth Mansions
D・G・コンプトン The Steel Crocodile
ロバート・シルヴァーバーグ 『ガラスの塔』Tower of Glass
ウィルスン・タッカー 『静かな太陽の年』The Year of the Quiet Sun
1972[11] ロバート・シルヴァーバーグ* 『禁じられた惑星』A Time of Changes
ポール・アンダースン The Byworlder
R・A・ラファティ 『悪魔は死んだ』The Devil is Dead
T・J・バス Half Past Human
アーシュラ・K・ル=グウィン 『天のろくろ』The Lathe of Heaven
ケイト・ウィルヘイム Margaret and I
1973[12] アイザック・アシモフ* 神々自身The Gods Themselves
ロバート・シルヴァーバーグ The Book of Skulls
ロバート・シルヴァーバーグ 『内死』Dying Inside
ノーマン・スピンラッド 鉄の夢The Iron Dream
ジョン・ブラナー The Sheep Look Up
ジョージ・アレック・エフィンジャー What Entropy Means to Me
デイヴィッド・ジェロルド 『H・A・R・L・I・E』When HARLIE Was One
1974[13] アーサー・C・クラーク* 宇宙のランデヴーRendezvous with Rama
トマス・ピンチョン 重力の虹Gravity's Rainbow
デイヴィッド・ジェロルド The Man Who Folded Himself
ポール・アンダースン The People of the Wind
ロバート・A・ハインライン 愛に時間をTime Enough for Love
1975[14] アーシュラ・K・ル=グウィン* 『所有せざる人々』The Dispossessed
トマス・M・ディッシュ 『334』334
フィリップ・K・ディック 『流れよ我が涙、と警官は言った』Flow My Tears, the Policeman Said
T・J・バス 『神鯨』The Godwhale
1976[15] ジョー・ホールドマン* 終りなき戦いThe Forever War
アーサー・B・コーヴァー Autumn Angels
タニス・リー The Birthgrave
アルフレッド・ベスター 『コンピュータ・コネクション』The Computer Connection
サミュエル・R・ディレイニー 『ダールグレン』Dhalgren
ロジャー・ゼラズニイ 『砂のなかの扉』Doorways in the Sand
イアン・ワトスン 『エンベディング』The Embedding
ヴォンダ・マッキンタイア 『脱出を待つ者』The Exile Waiting
ジョアンナ・ラス 『フィメール・マン』The Female Man
マイクル・ビショップ A Funeral for the Eyes of Fire
バリイ・N・マルツバーグ Guernica Night
マリオン・ジマー・ブラッドリー 『ハスターの後継者』The Heritage of Hastur
イタロ・カルヴィーノ 『見えない都市』Invisible Cities
ポール・アンダースン A Midsummer Tempest
キャサリン・マクリーン The Missing Man
ラリー・ニーヴン 『神の目の小さな塵』The Mote in God's Eye
ジェリー・パーネル
E・L・ドクトロウ 『ラグタイム』Ragtime
ロバート・シルヴァーバーグ 『確率人間』The Stochastic Man
1977[16] フレデリック・ポール* 『マン・プラス』Man Plus
ラリー・ニーヴン 『インフェルノ―SF地獄篇―』Inferno
ジェリー・パーネル
マータ・ランドル Islands
ロバート・シルヴァーバーグ 『不老不死プロジェクト』Shadrach in the Furnace
サミュエル・R・ディレイニー Triton
ケイト・ウィルヘイム 『鳥の歌いまは絶え』Where Late the Sweet Birds Sang
1978[17] フレデリック・ポール* 『ゲイトウェイ』Gateway
テリー・カー 『聖堂都市サーク』Cirque
グレゴリー・ベンフォード 『夜の大海の中で』In the Ocean of Night
デイヴィッド・ジェロルド 『ムーンスター・オデッセイ』Moonstar Odyssey
リチャード・A・ルポフ 『神の剣 悪魔の剣――ファンタジー日本神話』Sword of Demon
1979[18] ヴォンダ・マッキンタイア* 『夢の蛇』Dreamsnake
トム・リーミイ 『沈黙の声』Blind Voices
C・J・チェリイ 『ケスリス』The Faded Sun: Kesrith
ゴア・ヴィダル 『大予言者カルキ』Kalki
ガードナー・ドゾワ 『異星の人』Strangers
1980[19] アーサー・C・クラーク* 『楽園の泉』The Fountains of Paradise
フレデリック・ポール 『JEM』Jem
ケイト・ウィルヘイム 『杜松の時』Juniper Time
トマス・M・ディッシュ 『歌の翼に』On Wings of Song
リチャード・カウパー 『大洪水伝説』The Road to Corlay
ジョン・ヴァーリイ 『ティーターン』Titan
1981[20] グレゴリー・ベンフォード* 『タイムスケープ』Timescape
フレデリック・ポール 『ゲイトウエイ2――蒼き事象の水平線の彼方』Beyond the Blue Event Horizon
ウォルター・テヴィス 『モッキンバード』Mockingbird
ロバート・ストールマン 『孤児』The Orphan
ジーン・ウルフ 拷問者の影The Shadow of the Torturer
ジョーン・D・ヴィンジ 『雪の女王』The Snow Queen
1982[21] ジーン・ウルフ* 調停者の鉤爪The Claw of the Conciliator
ジョン・クロウリー 『リトル、ビッグ』Little, Big
ジュリアン・メイ 『多彩の地』The Many-Colored Land
A・A・アタナシオ Radix
ラッセル・ホーバン Riddley Walker
スージー・マッキー・チャーナス The Vampire Tapestry
1983[22] マイクル・ビショップ* No Enemy But Time
アイザック・アシモフ ファウンデーションの彼方へFoundation's Edge
ロバート・A・ハインライン 『フライデイ』Friday
ブライアン・オールディス Helliconia Spring
ジーン・ウルフ 警士の剣The Sword of the Lictor
フィリップ・K・ディック 『ティモシー・アーチャーの転生』The Transmigration of Timothy Archer
1984[23] デイヴィッド・ブリン* スタータイド・ライジングStartide Rising
グレゴリー・ベンフォード 『アレフの彼方』Against Infinity
ジーン・ウルフ 独裁者の城塞The Citadel of the Autarch
ジャック・ヴァンス Lyonesse
R・A・マカヴォイ 『黒龍とお茶を』Tea with the Black Dragon
ノーマン・スピンラッド The Void Captain's Tale
1985[24] ウィリアム・ギブスン* ニューロマンサーNeuromancer
ルイス・シャイナー Frontera
ラリー・ニーヴン 『インテグラル・ツリー』The Integral Trees
ロバート・A・ハインライン 『ヨブ』Job: A Comedy of Justice
ジャック・ダン The Man Who Melted
キム・スタンリー・ロビンソン 『荒れた岸辺』The Wild Shore
1986[25] オースン・スコット・カード* エンダーのゲームEnder's Game
グレッグ・ベア 『ブラッド・ミュージック』Blood Music
ティム・パワーズ 『奇人宮の宴』Dinner at Deviant's Palace
ブライアン・オールディス Helliconia Winter
デイヴィッド・ブリン ポストマンThe Postman
バリイ・N・マルツバーグ The Remaking of Sigmund Freud
ブルース・スターリング 『スキズマトリックス』Schismatrix
1987[26] オースン・スコット・カード* 『死者の代弁者』Speaker for the Dead
ウィリアム・ギブスン 『カウント・ゼロ』Count Zero
ジーン・ウルフ Free Live Free
マーガレット・アトウッド 侍女の物語The Handmaid's Tale
リー・ケネディ The Journal of Nicholas the American
ジェイムズ・モロウ This is the Way the World Ends
1988[27] パット・マーフィー* 『落ちゆく女』The Falling Woman
グレッグ・ベア 『天空の劫火』The Forge of God
ジーン・ウルフ Soldier of the Mist
デイヴィッド・ブリン 知性化戦争The Uplift War
エイヴラム・デイヴィッドスン Vergil in Averno
ジョージ・アレック・エフィンジャー 『重力が衰えるとき』When Gravity Fails
1989[28] ロイス・マクマスター・ビジョルド* 『自由軌道』Falling Free
ルイス・シャイナー 『うち捨てられし心の都』Deserted Cities of the Heart
ジョージ・ターナー Drowning Towers
グレゴリー・ベンフォード 『大いなる天上の河』Great Sky River
ウィリアム・ギブスン 『モナリザ・オーヴァドライヴ』Mona Lisa Overdrive
オースン・スコット・カード 『赤い予言者』Red Prophet
ジーン・ウルフ 新しい太陽のウールスThe Urth of the New Sun
1990[29] エリザベス・アン・スカボロー* 『治療者の戦争』The Healer's War
ポール・アンダースン 『百万年の船』The Boat of a Million Years
オースン・スコット・カード Prentice Alvin
ジョン・ケッセル 『ミレニアム・ヘッドライン』Good News From Outer Space
マイク・レズニック 『アイヴォリー――ある象牙の物語』Ivory: A Legend of Past and Future
ジェイン・ヨーレン 『光と闇の姉妹』Sister Light, Sister Dark
1991[30] アーシュラ・K・ル=グウィン* 帰還――最後の書Tehanu: The Last Book of Earthsea
ヴァレリー・マーティン 『メアリー・ライリー――ジーキル&ハイドの恋』Mary Reilly
ジェイムズ・モロウ Only Begotten Daughter
ダン・シモンズ ハイペリオンの没落The Fall of Hyperion
ジョン・E・スティス 『レッドシフト・ランデブー』Redshift Rendezvous
ジェイン・ヨーレン 『白い女神』White Jenna
1992[31] マイクル・スワンウィック* 『大潮の道』Stations of the Tide
ジョン・バーンズ 『軌道通信』Orbital Resonance
ロイス・マクマスター・ビジョルド 『バラヤー内乱』Barrayar
エマ・ブル Bone Dance
パット・キャディガン Synners
ブルース・スターリング 『ディファレンス・エンジン』The Difference Engine
ウィリアム・ギブスン
1993[32] コニー・ウィリス* ドゥームズデイ・ブックDoomsday Book
ジョン・バーンズ A Million Open Doors
カレン・ジョイ・ファウラー Sarah Canary
モーリーン・F・マクヒュー英語版 China Mountain Zhang
ヴァーナー・ヴィンジ 『遠き神々の炎』A Fire Upon the Deep
ジェイン・ヨーレン Briar Rose
1994[33] キム・スタンリー・ロビンソン* 『レッド・マーズ』Red Mars
ケヴィン・J・アンダースン 『無限アセンブラ』Assemblers of Infinity
ダグ・ビースン
アルジス・バドリス Hard Landing
ナンシー・クレス 『ベガーズ・イン・スペイン』Beggars in Spain
ジーン・ウルフ Nightside the Long Sun
1995[34] グレッグ・ベア* 『火星転移』Moving Mars
オクティヴィア・E・バトラー Parable of the Sower
ジョナサン・レセム 『銃、ときどき音楽』Gun, with Occasional Music
ジェイムズ・モロウ Towing Jehovah
レイチェル・ポラック Temporary Agency
キム・スタンリー・ロビンソン 『グリーン・マーズ』Green Mars
ロジャー・ゼラズニイ A Night in the Lonesome October
1996[35] ロバート・J・ソウヤー* 『ターミナル・エクスペリメント』The Terminal Experiment
ジョン・バーンズ 『大暴風』Mother of Storms
ナンシー・クレス Beggars and Choosers
ポール・パーク Celestis
ウォルター・ジョン・ウィリアムズ Metropolitan
ジーン・ウルフ Calde of the Long Sun
1997[36] ニコラ・グリフィス* 『スロー・リバー』Slow River
ニーナ・キリキ・ホフマン The Silent Strength of Stones
パトリシア・A・マキリップ 『冬の薔薇』Winter Rose
ティム・パワーズ Expiration Date
ロバート・J・ソウヤー 『スタープレックス』Starplex
ニール・スティーヴンスン ダイヤモンド・エイジThe Diamond Age
1998[37] ヴォンダ・マッキンタイア* 『太陽の王と月の妖獣』The Moon and the Sun
ロイス・マクマスター・ビジョルド 『メモリー』Memory
ケイト・エリオット King's Dragon
ジョージ・R・R・マーティン 七王国の玉座A Game of Thrones
ジャック・マクデヴィット Ancient Shores
ウォルター・ジョン・ウィリアムズ City on Fire
コニー・ウィリス Bellwether
1999[38] ジョー・ホールドマン* 『終りなき平和』Forever Peace
キャサリン・アサロ 『目覚めよ、女王戦士の翼』The Last Hawk
ジャック・マクデヴィット Moonfall
ハリイ・タートルダヴ How Few Remain
マーサ・ウェルズ Death of the Necromancer
コニー・ウィリス 『犬は勘定に入れません――あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎』To Say Nothing of the Dog
2000[39] オクティヴィア・E・バトラー* Parable of the Talents
ケン・マクラウド The Cassini Division
ジョージ・R・R・マーティン 王狼たちの戦旗A Clash of Kings
モーリーン・F・マクヒュー Mission Child
ショーン・ステュアート英語版 『モッキンバードの娘たち』Mockingbird
ヴァーナー・ヴィンジ 『最果ての銀河船団』A Deepness in the Sky
2001[40] グレッグ・ベア* 『ダーウィンの使者』Darwin's Radio
ロイス・マクマスター・ビジョルド 『任務外作戦』A Civil Campaign
キャスリン・アン・グーナン Crescent City Rhapsody
ナロ・ホプキンスン Midnight Robber
ジャック・マクデヴィット Infinity Beach
チャールズ・デ・リント Forests of the Heart
2002[41] キャサリン・アサロ* The Quantum Rose
ジェフリー・A・カーヴァー Eternity's End
ジェフリー・A・ランディス 『火星縦断』Mars Crossing
ジョージ・R・R・マーティン 剣嵐の大地A Storm of Swords
ウィル・マッカーシイ 『コラプシウム』The Collapsium
パトリシア・A・マキリップ The Tower at Stony Wood
ティム・パワーズ Declare
コニー・ウィリス 『航路』Passage
2003[42] ニール・ゲイマン* 『アメリカン・ゴッズ』American Gods
ケリー・エスクリッジ Solitaire
アーシュラ・K・ル=グウィン アースシーの風The Other Wind
ロバート・A・メッツガー Picoverse
チャイナ・ミエヴィル 『ペルディード・ストリート・ステーション』Perdido Street Station
マイクル・スワンウィック Bones of the Earth
2004[43] エリザベス・ムーン* くらやみの速さはどれくらいThe Speed of Dark
ロイス・マクマスター・ビジョルド 『外交特例』Diplomatic Immunity
キャロル・エムシュウィラー The Mount
キャスリン・アン・グーナン Light Music
ナロ・ホプキンスン The Salt Roads
ジャック・マクデヴィット Chindi
2005[44] ロイス・マクマスター・ビジョルド 『影の棲む城』Paladin of Souls
コリイ・ドクトロウ 『マジック・キングダムで落ちぶれて』Down and Out in the Magic Kingdom
ジャック・マクデヴィット Omega
デイヴィッド・ミッチェル クラウド・アトラスCloud Atlas
ショーン・ステュアート Perfect Circle
ジーン・ウルフ The Knight
2006[45] ジョー・ホールドマン* 『擬態―カムフラージュ』Camouflage
スザンナ・クラーク 『ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレル』Jonathan Strange & Mr Norrell
ジャック・マクデヴィット Polaris
テリー・プラチェット Going Postal
ジェフ・ライマン 『エア』Air
ジョン・C・ライト Orphans of Chaos
2007[46] ジャック・マクデヴィット* 『探索者』Seeker
エレン・カシュナー 『剣の名誉』The Privilege of the Sword
ジェフリイ・フォード 『ガラスのなかの少女』The Girl in the Glass
ジョー・ウォルトン 英雄たちの朝Farthing
リチャード・ボウズ From the Files of the Time Rangers
ウィル・マッカーシイ To Crush the Moon
2008[47] マイケル・シェイボン* ユダヤ警官同盟The Yiddish Policemen's Union
ジャック・マクデヴィット Odyssey
ジョー・ホールドマン The Accidental Time Machine
ナロ・ホプキンスン The New Moon's Arms
トバイアス・S・バッケル Ragamuffin
2009[48] アーシュラ・K・ル=グウィン* 『パワー』Powers
コリイ・ドクトロウ 『リトル・ブラザー』Little Brother
ジャック・マクデヴィット Cauldron
イアン・マクドナルド Brasyl
テリー・プラチェット Making Money
デイヴィッド・J・シュワルツ Superpowers
2010[49] パオロ・バチガルピ* 『ねじまき少女』The Windup Girl
クリストファー・バルザック The Love We Share Without Knowing
ローラ・アン・ギルマン Flesh and Fire
チャイナ・ミエヴィル 『都市と都市』The City & the City
シェリー・プリースト 『ボーンシェイカー』Boneshaker
ジェフ・ヴァンダミア英語版 Finch
2011[50] コニー・ウィリス* 『ブラックアウト』『オール・クリア』Blackout/All Clear
M・K・ホブソン 『宵星の魔女エミリー』The Native Star
N・K・ジェミシン 『空の都の神々は』The Hundred Thousand Kingdoms
メアリ・ロビネット・コワル英語版 『ミス・エルズワースと不機嫌な隣人』Shades of Milk and Honey
ジャック・マクデヴィット Echo
ナディ・オコルフォア Who Fears Death
2012[51] ジョー・ウォルトン* 『図書室の魔法』Among Others
チャイナ・ミエヴィル 『言語都市』Embassytown
ジャック・マクデヴィット Firebird
キャメロン・ハーレイ英語版 God's War
ジュヌヴィエーヴ・ヴァレンタイン英語版 Mechanique: a Tale of the Circus Tresaulti
N・K・ジェミシン The Kingdom of Gods
2013 キム・スタンリー・ロビンソン* 『2312 太陽系動乱』2312
サラディン・アフメッド英語版 Throne of the Crescent Moon
ティナ・コナリー英語版 Ironskin
N・K・ジェミシン The Killing Moon
ケイトリン・R・キアナン英語版 The Drowning Girl
メアリ・ロビネット・コワル Glamour in Glass
2014 アン・レッキー* 『叛逆航路』Ancillary Justice
カレン・ジョイ・ファウラー 『私たちが姉妹だったころ』We Are All Completely Beside Ourselves
ニール・ゲイマン The Ocean at the End of the Lane
チャールズ・E・ギャノン(Charles E. Gannon) Fire with Fire
ニコラ・グリフィス Hild
リンダ・ナガタ The Red: First Light
ソフィア・サマター英語版 A Stranger in Olondria
Helene Wecker The Golem and the Jinni
2015 ジェフ・ヴァンダミア* 『全滅領域』Annihilation
Template:キャサリン・アディスン 『エルフ皇帝の後継者』The Goblin Emperor
チャールズ・E・ギャノン(Charles E. Gannon) Trial by Fire
アン・レッキー 『亡霊星域』Ancillary Sword
劉慈欣 三体(英題The Three-Body Problem
英訳:ケン・リュウ
ジャック・マクデヴィット Coming Home
2016 ナオミ・ノヴィク* 『ドラゴンの塔』Uprooted
アン・レッキー 『星群艦隊』Ancillary Mercy
ケン・リュウ 『蒲公英王朝記』The Grace of Kings
ローレンス・M・ショーン(Lawrence M. Schoen) Barsk: The Elephants' Graveyard
N・K・ジェミシン The Fifth Season
チャールズ・E・ギャノン(Charles E. Gannon) Raising Caine
Fran Wilde Updraft
2017 チャーリー・ジェーン・アンダーズ(Charlie Jane Anders) All the Birds in the Sky
ミシェル・ベイカー(Mishell Baker) Borderline
N・K・ジェミシン The Obelisk Gate
ユーン・ハ・リー Ninefox Gambit
ニスィ・ショール(Nisi Shawl) Everfair

脚注[編集]

  1. ^ Flood, Allison (2009年4月28日). “Ursula K Le Guin wins sixth Nebula award”. The Guardian. 2009年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  2. ^ Garmon, Jay (2006年10月3日). “Geek Trivia: Science-fiction double feature”. TechRepublic. 2012年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  3. ^ a b Nebula Rules”. Science Fiction and Fantasy Writers of America (2011年10月). 2011年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  4. ^ The Locus Index to SF Awards: About the Nebula Awards”. Locus. 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  5. ^ The Locus Index to SF Awards: 1966 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  6. ^ The Locus Index to SF Awards: 1967 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  7. ^ The Locus Index to SF Awards: 1968 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  8. ^ The Locus Index to SF Awards: 1969 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  9. ^ The Locus Index to SF Awards: 1970 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  10. ^ The Locus Index to SF Awards: 1971 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  11. ^ The Locus Index to SF Awards: 1972 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  12. ^ The Locus Index to SF Awards: 1973 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  13. ^ The Locus Index to SF Awards: 1974 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  14. ^ The Locus Index to SF Awards: 1975 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  15. ^ The Locus Index to SF Awards: 1976 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  16. ^ The Locus Index to SF Awards: 1977 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  17. ^ The Locus Index to SF Awards: 1978 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  18. ^ The Locus Index to SF Awards: 1979 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  19. ^ The Locus Index to SF Awards: 1980 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  20. ^ The Locus Index to SF Awards: 1981 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  21. ^ The Locus Index to SF Awards: 1982 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  22. ^ The Locus Index to SF Awards: 1983 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  23. ^ The Locus Index to SF Awards: 1984 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  24. ^ The Locus Index to SF Awards: 1985 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  25. ^ The Locus Index to SF Awards: 1986 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  26. ^ The Locus Index to SF Awards: 1987 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  27. ^ The Locus Index to SF Awards: 1988 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  28. ^ The Locus Index to SF Awards: 1989 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  29. ^ The Locus Index to SF Awards: 1990 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  30. ^ The Locus Index to SF Awards: 1991 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  31. ^ The Locus Index to SF Awards: 1992 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  32. ^ The Locus Index to SF Awards: 1993 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  33. ^ The Locus Index to SF Awards: 1994 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  34. ^ The Locus Index to SF Awards: 1995 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  35. ^ The Locus Index to SF Awards: 1996 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  36. ^ The Locus Index to SF Awards: 1997 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  37. ^ The Locus Index to SF Awards: 1998 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  38. ^ The Locus Index to SF Awards: 1999 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  39. ^ The Locus Index to SF Awards: 2000 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  40. ^ The Locus Index to SF Awards: 2001 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  41. ^ The Locus Index to SF Awards: 2002 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  42. ^ The Locus Index to SF Awards: 2003 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  43. ^ The Locus Index to SF Awards: 2004 Nebula Awards”. Locus. 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  44. ^ The Locus Index to SF Awards: 2005 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  45. ^ The Locus Index to SF Awards: 2006 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  46. ^ The Locus Index to SF Awards: 2007 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  47. ^ The Locus Index to SF Awards: 2008 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  48. ^ The Locus Index to SF Awards: 2009 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  49. ^ The Locus Index to SF Awards: 2010 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  50. ^ The Locus Index to SF Awards: 2011 Nebula Awards”. Locus. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  51. ^ 2011 Nebula Awards Nominees Announced”. Science Fiction and Fantasy Writers of America. 2012年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]