ジョン・クロウリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・クロウリー
John Crowley
John Crowley South Street Seaport cropped.jpg
誕生 1942年12月1日(73歳)
アメリカ合衆国の旗アメリカメイン州Aroostook County
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
代表作 en:Little, Big
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・クロウリーJohn Crowley1942年12月1日 – )は、アメリカ人小説家である。

1942年、アメリカメイン州生まれ。

インディアナ大学で学んだ。

1982年、1990年、2006年に世界幻想文学大賞、1997年にローカス賞を受賞した。

受賞歴[編集]

  • 世界幻想文学大賞
    • 長編 1982年(Little, Big「リトル、ビッグ」に対して)
    • 中編 1990年(Great Work of Time「時の偉業」)に対して)
    • 生涯功労賞 2006年
  • ローカス賞 短篇部門 1997年(Gone「消えた」に対して)

主な作品[編集]

小説[編集]

  • The Deep (1975年)
  • Beasts (1976年)
  • Engine Summer『エンジン・サマー』 (1979年)
  • Little, Big『リトル、ビッグ 』 (1981年)
  • Agypt(四部作)
    • Agypt(The Solitudes) (1987年)
    • Love & Sleep (1994年)
    • Damonomania (2000年)
    • Endless Things (2007年)
  • The Translator (2002年)
  • Lord Byron's Novel: The Evening Land (2005年)
  • Four Freedoms (2009年)

短編[編集]

  • Antiquities 「古代の遺物」(1977年)
  • Where Spirits Gat Them Home (Her Bounty to the Dead)「彼女が死者に贈るもの」 (1978年)
  • The Single Excursion of Caspar Last (1979年)
  • The Reason for the Visit 「訪ねてきた理由」(1980年)
  • The Green Child 「みどりの子」(1981年)
  • Novelty 「ノヴェルティ」(1983年)
  • Snow 「雪」(1985年)
  • The Nightingale Sings at Night「ナイチンゲールは夜に歌う」 (1989年)
  • Great Work of Time「時の偉業」 (1991年)
  • In Blue「青衣」 (1989年)
  • Missolonghi 1824年「メソロンギ一八二四年」 (1990年)
  • Exogamy 「異族婚」(1993年)
  • Gone 「消えた」(1996年)
  • Lost and Abandoned 「道に迷って、棄てられて」(1997年)
  • An Earthly Mother Sits and Sings「一人の母がすわって歌う」 (2000年)
  • The War Between the Objects and the Subjects 「客体と主体の戦争」(2002年)
  • The Girlhood of Shakespeare's Heroines「シェイクスピアのヒロインたちの少女時代」 (2002年)
  • Little Yeses, Little Nos (2005年)
  • Conversation Hearts (2008年)

脚本[編集]

  • The World of Tomorrow (1984年)
  • Episodes in the History of the Body (1990年、Laurie Blockとの共著)

ノンフィクション[編集]

  • In Other Words (2007年)

日本語訳された作品[編集]

  • 『エンジン・サマー』大森望訳、ベネッセコーポレーション、1990年
  • 『ナイチンゲールは夜に歌う』浅倉久志訳、早川書房、1996年
    • 「ナイチンゲールは夜に歌う」 「時の偉業」 「青衣」 「ノヴェルティ」収録
  • 『リトル、ビッグ <1>、<2>』文学の冒険、鈴木克昌訳、国書刊行会、1997年
  • 『エンジン・サマー』扶桑社ミステリー、大森望訳、扶桑社、2008年
  • 『古代の遺物』国書刊行会 浅倉久志大森望畔柳和代柴田元幸 訳 2014
    • 「古代の遺物」「彼女が死者に贈るもの」「訪ねてきた理由」「みどりの子」「雪」「メソロンギ一八二四年」「異族婚」 「道に迷って、棄てられて」「一人の母がすわって歌う」「客体と主体の戦争」「シェイクスピアのヒロインたちの少女時代」収録