ジョージ・ターナー (小説家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・レジナルド・ターナー
誕生 1916年10月16日
死没 1997年6月8日(満80歳没)
職業 作家、評論家
国籍 オーストラリア
ジャンル サイエンス・フィクション
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョージ・レジナルド・ターナー: George Reginald Turner1916年10月16日 - 1997年6月8日)はオーストラリアの作家兼評論家で、晩年になってよく書いたサイエンス・フィクションで知られている。SF作家としては遅咲きである。最初のSF小説は1978年のもので、既に60代だった。その時点で既に主流小説作家として成功しており(マイルズ・フランクリン賞受賞)、文学評論家としても成功していた。1960年代、ターナーは正直で公平で気難しいSF評論家として名が知られていた。

ターナーのSF作品は、極めて詳細な外挿と道徳や社会問題への常に真剣なアプローチが特徴である。例えば、Drowning TowersGenetic Soldier といった小説では、地球温暖化の未来の成り行きを鬱々と描いている。Drowning Towersアーサー・C・クラーク賞を受賞している。その作品の多くはオーストラリア人気質に溢れ、時にはアボリジニを描くこともある。SF作家としてのスタートは遅かったが、亡くなる直前ごろにはオーストラリアSF界を代表する人物となっていた。

ジョージ・ターナーは1999年にメルボルンで開催されたワールドコンに招待されていたが、その前に亡くなった。

長編小説と短編集[編集]

  • Young Man of Talent [vt Scobie: A Novel] (1959)
  • A Stranger and Afraid (1961)
  • The Cupboard Under the Stairs (1962)
  • A Waste of Shame (1965)
  • The Lame Dog Man (1967)
  • Beloved Son (1978)
  • Transit of Cassidy (1978)
  • Vaneglory (1981)
  • Yesterday's Men (1983)
  • Drowning Towers [vt The Sea and the Summer] (1987)
  • The Sea and Summer (1987)
  • A Pursuit of Miracles (短編集) (1990)
  • Brain Child (1991)
  • The Destiny Makers (1993)
  • Genetic Soldier (1994)
  • Down There in Darkness (1999)

アンソロジー[編集]

  • The View from the Edge, 編集 (1977)

自伝[編集]

  • In the Heart or in the Head: An Essay in Time Travel, (1984)

伝記としては次がある。

  • "George Turner: A Life" by Judith Raphael Buckrich, Melbourne University Press, 1999.

受賞歴[編集]

マイルズ・フランクリン賞 The Cupboard Under the Stairs, 1962 (共同受賞)
オーストラリアSF功績賞 Beloved Son, 1979
アーサー・C・クラーク賞 The Sea and Summer , 1988
英連邦作家賞 東南アジアおよび南太平洋地域、最優秀賞 The Sea and Summer, 1988

外部リンク[編集]