トースト・サンドイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トースト・サンドイッチ
An image of a toast sandwich, shot from the side.jpg
種類 サンドイッチ
発祥地 イギリス
主な材料 パントーストバター
330 kcal (1382 kJ)
テンプレートを表示

トースト・サンドイッチ英語: toast sandwich)は、バタートーストをスライスしたパンで挟み、こしょうで味をつけたサンドイッチである。その原型はイギリスのヴィクトリア朝時代まで遡ることができる。トースト・サンドイッチのレシピは、イザベラ・ビートンの『家政読本英語版』(1861年)に収録されている[1]

英国王立化学会によると、平均的なトースト・サンドイッチのカロリーは330kcalである[2]

再現と評価[編集]

ビートンの家政読本が出版されてからほぼ150年となる2011年11月、王立化学会はこのトースト・サンドイッチを再現し、学会のロンドン事務所が置かれているバーリントンハウスで試食品として提供した[2]。ピートンの家政読本から再現する料理を決定するにあたり、王立学会が原価にして7.5ペンス程度の忘れられたサンドイッチ料理を選んだのは、「長期化が予想される不況を乗り越えるため」であったという[3]。学会はこの料理を「英国における最も経済的なランチ」とし、これよりも安い料理を考案したものに200ユーロの賞金を出すと発表した[4]。応募が殺到したため、この企画は発表から7日後に締め切られ、賞金の200ユーロは無作為に抽選した応募者に贈られた[5]

レストラン・メニューとして[編集]

トースト・サンドイッチはヘストン・ブルメンタールのレストラン「ファット・ダック」のサイドメニューにもなったことがある

トースト・サンドイッチは、コース料理「帽子屋のティーパーティー(1892年ころ)」のサイドメニューとなったことでも話題になった。このコースはセレブ・シェフのヘストン・ブルメンタール英語版がオーナーのレストラン「ファット・ダック」のもので、『不思議の国のアリス』にインスパイアされている[6][7]。このメニューは12個のトースト・サンドイッチからなるものだった[8]。アメリカの公共ラジオ局であるKCRW英語版によれば、ブルメンタールのレシピは、ボーンマロー(骨髄)のサラダ、卵黄、マスタード、ガストリック(砂糖、ハチミツに酸味をくわえて煮詰めた調味料)からなる[8]

アメリカにおける反応[編集]

ナショナル・パブリック・ラジオのクイズ番組「Wait Wait... Don't Tell Me!」でパネリストがこのトースト・サンドイッチを試食した[9]。ホストであるピーター・セーガルによればこの料理は「ロスコの絵といってもいい。あるいはデュシャンのサンドイッチのようだ!サンドイッチと言語、両者の本質を問うている!」[9]。アメリカの広告業界紙「アドウィーク」のデイヴィッド・ゲイナーは、タコベルのバリューメニュー「$1 Dollar Cravings」[10]に登場した「チーズ・ロールアップ」を評して「これは、タコベル流のトースト・サンドイッチだ」と表現した[11][12]。エンターテイメントレビュー・サイト「The A.V. Club」のマイク・ヴァーゴはトースト・サンドイッチについて「行きすぎた無個性」と評した[13]

また、料理や食料品に関する話題を専門とするウェブサイト「デイリー・ミール」(The Daily Meal) は、「あなたが知らない12の人生を変えるようなサンドイッチ」と題した記事でトースト・サンドイッチを取りあげ、次のように紹介した。「あまり美味しくないから知られていないサンドイッチもある。例えばまさしくイギリスには、バタートーストを2枚のスライスしたパンではさんだトースト・サンドイッチのような料理がある。幸い、ダダイストたちはそれ以降新たなサンドイッチを発明していない」[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lane, Megan (2011年11月17日). “The toast sandwich and other hyper-cheap meals”. BBC News Magazine. 2016年8月13日閲覧。
  2. ^ a b “Toast sandwich is UK's 'cheapest meal'”. BBC News. (2011年11月16日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-15752918 
  3. ^ RSC press release: Mrs Beeton's toast sandwich”. www.rsc.org. 2015年11月2日閲覧。
  4. ^ Fort, Matthew. “The toast sandwich: can you jazz it up?”. the Guardian. 2015年11月28日閲覧。
  5. ^ RSC Press Release: RSC inboxes overflowing with economical meal suggestions”. www.rsc.org. 2015年11月28日閲覧。
  6. ^ Dan Stock (2014年9月17日). “The Fat Duck in Melbourne: Heston Blumenthal has ballot system for bookings”. 2014年10月8日閲覧。
  7. ^ Aaron Langmaid (2014年3月31日). “Fat chance you'll get a table at Heston Blumenthal’s Fat Duck restaurant at Crown in Melbourne”. 2014年10月8日閲覧。
  8. ^ a b Sarah Rogozen (2013年12月31日). “Heston Blumenthal on Recreating Lewis Carroll's Mock Turtle Soup”. KCRW. 2014年10月8日閲覧。
  9. ^ a b Ian Chillag (2011年11月28日). “Sandwich Monday: The Toast Sandwich”. NPR. 2014年5月30日閲覧。
  10. ^ 訳注:大食症 (Food craving) をもじった、すべて1ドルの格安メニューのこと
  11. ^ David Griner (2014年8月21日). “I Ate Taco Bell's Entire New Dollar Menu in One Sitting, and Here's What I Learned - Adweek”. Adweek. 2014年8月25日閲覧。
  12. ^ Chris Morran (2014年8月22日). “5 Best Lines From Review Of Entire Taco Bell Dollar Menu”. The Consumerist. 2014年8月25日閲覧。
  13. ^ Mike Vago (2016年6月19日). “The powerful bread lobby wants you to read this article about sandwiches”. The A.V. Club. 2016年6月23日閲覧。
  14. ^ Dan Myers (2015年2月27日). “12 Life-Changing Sandwiches You've Never Heard Of”. The Daily Meal. 2015年2月28日閲覧。

関連項目[編集]