グレート・リセッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界地図は2009年の国別の実質GDP成長率英語版を表す(茶色の国々が不況であった)。

グレート・リセッション: Great Recession)は、2000年代後半から2010年代初頭までの間に世界市場で観察された大規模な経済的衰退の時期を指す。景気後退の規模や時期は国ごとに異なる[1][2]。全世界への影響という点から、国際通貨基金は、第二次世界大戦以来最悪の大規模景気後退局面であると結論付けた[3] [4]全米経済研究所によると、アメリカの景気後退は、2007年12月に始まって19ヵ月間つづき、2009年6月に脱却したと判断されている[5]。グレート・リセッションは2007-2008年の金融危機と2007-2009年のアメリカのサブプライム住宅ローン危機と関連している。グレート・リセッションは市場経済で貴重な資産の不足をもたらし、世界経済での金融セクターの崩壊という結果を残した[6][7]

脚注[編集]

注釈
脚注
  1. ^ World Economic Situation and Prospects 2013”. Development Policy and Analysis Division of the UN secretariat. 2012年12月19日閲覧。
  2. ^ United Nations (January 15, 2013). World Economic Situation and Prospects 2013 (trade paperback) (1st ed.). United Nations. p. 200. ISBN 978-9211091663. "The global economy continues to struggle with post-crisis adjustments" 
  3. ^ Daris, Bob (2009年4月22日). “What's a Global Recession?”. The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/economics/2009/04122/whats-a-global-recession/ 
  4. ^ World Economic Outlook - April 2009: Crisis and Rcovery (PDF)”. Box 1.1 (page 11-14). IMF (2009年4月24日). 2013年9月17日閲覧。
  5. ^ US Business Cycle Expansions and Contractions, NBER, accessd August 9, 2012.
  6. ^ http://economics.mit.edu/files/1801
  7. ^ http://slideplayer.com/slide/6075380/

外部リンク[編集]