デマール・キャロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デマール・キャロル
DeMarre Carroll
DeMarre Carroll vs Wizards 2015.jpg
アトランタ・ホークスでのキャロル (2015年)
サンアントニオ・スパーズ  No.77
ポジション SF
背番号 77
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 96kg (212 lb)
ウィングスパン 209cm  (6 ft 10 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 DeMarre LaEdrick Carroll
愛称 Junkyard Dog
ラテン文字 DeMarre Carroll
誕生日 (1986-07-27) 1986年7月27日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州バーミングハム
出身 ミズーリ大学
ドラフト 2009年 27位 
選手経歴
2009-2011
2011
2011-2012
2012-2013
2013-2015
2015-2017
2017-2019
2019-
メンフィス・グリズリーズ
ヒューストン・ロケッツ
デンバー・ナゲッツ
ユタ・ジャズ
アトランタ・ホークス
トロント・ラプターズ
ブルックリン・ネッツ
サンアントニオ・スパーズ

デマール・キャロル (DeMarre LaEdrick Carroll 1986年7月27日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州バーミングハム出身のプロバスケットボール選手。NBAサンアントニオ・スパーズに所属している。

来歴[編集]

アラバマ州の高校時代は、Rivals.comより、全米40位のスモールフォワード、全ポジションで140位、3つ星に評価された。

ヴァンダービルト大学で2シーズンプレーした後、肝臓疾患に苦しみ中退し、おじのマイク・アンダーソンヘッドコーチが率いるミズーリ大学に転校した。2007年7月にミズーリ州コロンビアナイトクラブで乱闘に巻き込まれ、銃弾を足首を受け、瀕死の重傷を負うなど[2]、波乱万丈の人生を送ってきた。しかしキャロルはこれらを克服し、2009年のNCAAトーナメントに出場し、ベスト8まで進んだ。NBAスカウトに注目される存在となり、2009年のNBAドラフトでは1巡全体27位でメンフィス・グリズリーズから指名された[3]

しかし、学生時代から抱えていた持病のせいもあり、NBA入り後も悪戦苦闘の日々が続き、ジャーニーマンに落ち着いていた[4]

アトランタ・ホークス[編集]

キャロルにとって転機になったのが、2013年にアトランタ・ホークスに加入してから[5]。献身的にディフェンスに取り組む姿勢をマイク・ビューデンホルツァーHCに買われてスタメンに抜擢されると、攻守共に自己最高のパフォーマンスを披露。2013-14シーズンは初めて平均10得点以上を記録し、2014-15シーズンはチーム新記録の17連勝と初のシーズン60勝に大きく貢献した[6]

トロント・ラプターズ[編集]

2015年7月1日、トロント・ラプターズと4年6000万ドルの巨額契約を締結[7]。攻守のキーマンとして活躍していたが、1月4日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で右膝を負傷[8]。シーズン終了前に復帰し、チームはプレーオフで初のカンファレンスファイナルまで進出したものの、ホークス時代に対峙したレブロン・ジェームズを食い止めることが出来ず、クリーブランド・キャバリアーズに2勝4敗で屈し、翌2016-17シーズンもキャバリアーズに準決勝でキャバリアーズに屈した。

ブルックリン・ネッツ[編集]

2017年7月13日、2018年1巡目、2巡目指名権と共に ジャスティン・ハミルトンと交換でブルックリン・ネッツにトレードされた[9]。シーズン開幕となるインディアナ・ペイサーズ戦で10得点を記録した[10]。 2017年11月26日、メンフィス・グリズリーズ戦でシーズンハイとなる24得点を記録した[11]

サンアントニオ・スパーズ[編集]

2019年7月6日、3チーム間トレードでサンアントニオ・スパーズにトレードされ[12]、2年契約を結んだ[13]

NBA個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2009–10 メンフィス・グリズリーズ 71 1 11.2 .396 .000 .623 2.1 .5 .4 .1 2.9
2010–11 メンフィス・グリズリーズ 7 0 5.6 .444 .000 1.000 1.1 .3 .1 .1 1.4
2010–11 ヒューストン・ロケッツ 5 0 2.2 .000 .000 .000 .0 .4 .0 .0 .0
2011–12 デンバー・ナゲッツ 4 0 5.3 1.000 .000 .000 .8 .8 .0 .0 3.0
2011–12 ユタ・ジャズ 20 9 16.4 .374 .368 .875 2.5 .8 .6 .1 4.8
2012–13 ユタ・ジャズ 66 12 16.8 .460 .286 .765 2.8 .9 .9 .4 6.0
2013–14 アトランタ・ホークス 73 73 32.1 .470 .362 .773 5.5 1.8 1.5 .3 11.1
2014–15 アトランタ・ホークス 70 69 31.3 .487 .395 .702 5.3 1.7 1.3 .2 12.6
2015–16 トロント・ラプターズ 26 22 30.2 .389 .390 .600 4.7 1.0 1.7 .2 11.0
2016–17 トロント・ラプターズ 72 72 26.1 .401 .341 .761 3.8 1.0 1.1 .4 8.9
2017–18 ブルックリン・ネッツ 73 73 29.9 .414 .371 .764 6.6 2.0 .8 .4 13.5
2018–19 ブルックリン・ネッツ 67 8 25.4 .395 .342 .760 5.2 1.3 .5 .1 11.1
Career 554 339 24.2 .430 .360 .743 4.3 1.3 .9 .3 9.1

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2012 ユタ・ジャズ 4 0 18.3 .474 .200 .000 3.8 .8 .5 .3 4.8
2014 アトランタ・ホークス 7 7 35.1 .469 .409 .636 4.9 1.6 .7 .4 8.9
2015 アトランタ・ホークス 16 16 34.9 .486 .403 .780 6.1 2.0 1.1 .3 14.6
2016 トロント・ラプターズ 20 19 29.8 .390 .328 .750 4.1 .9 .9 .4 8.9
2017 トロント・ラプターズ 10 7 15.5 .405 .318 .556 2.7 .5 .8 .5 4.2
2019 ブルックリン・ネッツ 3 3 27.0 .280 .313 1.000 3.7 .7 1.3 .0 7.7
Career 60 52 28.5 .433 .356 .754 4.4 1.2 .9 .4 9.3

プレースタイル[編集]

"ジャンクヤード・ドック"の異名が示す通り、激しいディフェンスを武器とする選手として知られている[14]。オフェンスの方もアトランタ・ホークス加入後は飛躍的に向上し、ローテーションの一角として重宝されている[4]

その他[編集]

"ジャンクヤード・ドック"の名付け親はミズーリ大学時代の当時のペットコーチのマイク・アンダーソンで、ジャレッド・ダドリーと同じニックネームとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ DeMarre-Carroll”. draftexpress.com (2016年). 2017年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  2. ^ Carroll shot in ankle following nightclub disturbance”. ESPN (2007年7月6日). 2015年6月16日閲覧。
  3. ^ Former Missouri Star Says Liver Disease Won’t Stop Him”. ニューヨーク・タイムズ (2009年6月13日). 2015年6月16日閲覧。
  4. ^ a b Paul Flannery (2015年4月30日). “DeMarre Carroll shows why you shouldn't give up on the Hawks”. SB NATION. 2015年6月17日閲覧。
  5. ^ HAWKS SIGN FORWARD DEMARRE CARROLL”. nba.com (2013年8月3日). 2015年6月16日閲覧。
  6. ^ Hawks Starting Five Share Kia Eastern Conference Player of the Month Honors”. nba.com (2015年2月4日). 2015年6月17日閲覧。
  7. ^ DeMarre Carroll agrees to contract with Raptors”. USA Today (2015年7月1日). 2015年7月3日閲覧。
  8. ^ DeMarre Carroll Injury Update
  9. ^ BROOKLYN NETS ACQUIRE DEMARRE CARROLL AND DRAFT PICKS FROM TORONTO”. NBA.com (2017年7月13日). 2017年7月13日閲覧。
  10. ^ Revamped Pacers rely on new faces to cut down Nets 140-131”. ESPN.com (2017年10月18日). 2017年10月18日閲覧。
  11. ^ Grizzlies bench Marc Gasol in fourth, extend skid to 8 losses”. ESPN.com (2017年11月26日). 2017年11月26日閲覧。
  12. ^ SPURS ACQUIRE DEMARRE CARROLL”. NBA.com (2019年7月6日). 2019年7月11日閲覧。
  13. ^ SPURS ACQUIRE DEMARRE CARROLL”. NBA.com (2019年7月6日). 2019年7月11日閲覧。
  14. ^ Sekou Smith (2015年4月21日). “Hawks get what they need from 'Junk Yard Dog'”. nba.com. 2015年6月17日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]