チャールストン教会銃撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The steeple of Emanuel African Methodist Church, Charleston, SC.jpg

2015年6月17日の夕方、エマニュエルアフリカンメソジストエピスコパル教会で大規模な銃撃が行われた。この教会は、米国サウスカロライナ州チャールストンにあるアメリカ初の黒人教会である。教会にいた9人が死亡し、1人が負傷した。死者の中には、聖職者であり州上院議員のクレメンタ・C・ピンクニーがいた[1]

容疑者[編集]

警察は、攻撃の翌朝、ノースカロライナ州シェルビーで、後に21歳のディラン・ルーフと判明する白人の若者を逮捕した。

ディラン・ストーム・ルーフは、父親とおじが警察に連絡した後、連邦捜査局(FBI)によって、殺人容疑者として特定された。父親らはニュースで彼の防犯カメラ画像を見た後、ルーフであると特定した[2]。ルーフはサウスカロライナ州コロンビアで生まれた。彼は銃撃の時点で、コロンビア近くのほとんどがアフリカ系アメリカ人の住環境にいた[3]。ルーフにはすでに2回の逮捕記録が警察にあり、どちらも襲撃に至るまでの数か月の間に行われた[4] [5]

参照資料[編集]

  1. ^ Ed Payne, CNN (2015年6月18日). “Charleston church shooting: Multiple deaths reported - CNN.com”. CNN. 2015年6月24日閲覧。
  2. ^ Leger, Donna Leinwand (2015年6月19日). “Dylann Roof's father, uncle called police to ID him in church shooting”. USA Today. 2015年6月19日閲覧。
  3. ^ Church shooting suspect Dylann Roof captured amid hate crime investigation”. The Washington Post (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。
  4. ^ Dylann Storm Roof arrested in North Carolina”. KFOR (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。
  5. ^ Old, Jason (2015年6月18日). “Police: Dylann Roof arrested for trespassing, drug possession at Columbiana Centre”. WISTV.com. 2015年6月18日閲覧。