チャップマン基地自爆テロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャップマン基地自爆テロ事件(チャップマンきちじばくテロじけん)とは、2009年12月30日アフガニスタンホースト州にあるチャップマン基地でおきた自爆テロ事件である。

概要[編集]

2009年12月30日、アフガニスタンホースト州にある米中央情報局のチャップマン基地でヨルダンの情報機関ヨルダン総合情報部がアルカイダに潜入させた二重スパイのフマム・ハリル・アブムラル・バラウィが自爆テロを行った。基地司令官を含むCIA局員7名、ヨルダン総合情報部1名、アフガニスタン軍1名[1]が死亡した。彼はパキスタンでの諜報活動に従事しており、この日アイマン・ザワヒリの身柄確保の支援をするために連れてこられ[2]パキスタン・アフガニスタン国境の一つであるグラーム・ハーンを通過しチャップマン基地の警備責任者のアフガン陸軍人とおちあい、途中の村メルマンディで赤のトヨタカローラに乗り換えた。この基地では外周にアフガニスタン人警備員を配置した土壁、鉄条網の付いたフェンス、アメリカ軍人たちが警備するゲートと三重の警備態勢がとられていた。しかし、この車両は一度もセキュリティチャックを受けることなく、CIAや陸軍情報部の施設がある基地の内部に侵入し事件を起こした。[3]1983年アメリカ大使館爆破事件の8人に次ぐ7人のCIA職員の死者をだした[4]

基地の名称[編集]

アフガニスタン紛争 (2001年-)戦死したアメリカ陸軍特殊部隊群ネイサン・チャップマン1等軍曹に由来する。

脚注[編集]

  1. ^ 死者に入っていない記事もある[1]
  2. ^ アフガンCIA基地自爆攻撃、実行犯はアルカイダの二重スパイAFPBB、2016年9月25日閲覧。
  3. ^ 米国諜報史上に残るCIAの大失態日経ビジネス、2016年9月25日閲覧。
  4. ^ CIA工作員7人死亡 支局長は3児の母だったフォーサイト、2016年9月25日閲覧。

関連文献[編集]

ジョビー・ウォリック著 『三重スパイ――CIAを震撼させたアルカイダの「モグラ」』 黒原敏行訳、太田出版、2012年。

関連項目[編集]