ダロン・アシモグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2009年のアシモグル

カメール・ダロン・アシモグル(アセモグル)(Kamer Daron Acemoğlu、1967年9月3日 - )は、トルコアメリカに国籍を持つ経済学者。[1]マサチューセッツ工科大学エリザベス&ジェイムズ・キリアン記念経済学教授を勤めている。[2] 2019年現在、過去10年の間に世界で最も論文が引用された経済学者である。[3]

経歴[編集]

アルメニア人の両親からイスタンブールで生を受ける。[要出典] 1986年にイスタンブールのガラタサライ高校を卒業、[4] 1989年にヨーク大学学士、1992年にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)から数理経済学計量経済学博士号を得る。[5] 1992年から1993年まではロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)講師、1993年からはマサチューセッツ工科大学に在籍している。[6]

研究業績[編集]

2019年現在、過去10年の間に世界で最も論文が引用された経済学者である。[7] 彼の研究分野は、政治経済学、開発経済学、人的資本論、経済成長論、イノベーションの経済学、サーチ理論、ネットワーク理論など多岐にわたり、近年では特に、社会の発展の政治・経済・社会的な要因、各国の政治制度の発達メカニズム、テクノロジーが経済成長や分配に与える影響を重点的に研究している。[8]

  • 経済発展
    • 民主主義が経済成長にもたらす影響を考察している。[独自研究?]
      • “Income and Democracy” with Simon Johnson and James A. Robinson, American Economic Review, 2008.
  • 経済成長
    • 高い技術を促進するような技術進歩がいかに生じたかを考察している。[独自研究?]
      • “Directed Technical Change,” Review of Economic Studies, 2002.

また労働経済学人的資本についての分析を行っている。[要出典]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

受賞歴[編集]


脚注[編集]

  1. ^ MITのHP”. MIT. 2019年5月31日閲覧。
  2. ^ MITのHP”. MIT. 2019年5月31日閲覧。
  3. ^ IDEAS RePEc”. IDEAS. 2019年6月2日閲覧。
  4. ^ IGC”. IGC. 2019年6月2日閲覧。
  5. ^ MITのHP”. MIT. 2019年5月31日閲覧。
  6. ^ MITのHP”. MIT. 2019年5月31日閲覧。
  7. ^ IDEAS RePEc”. IDEAS. 2019年6月2日閲覧。
  8. ^ People, Daron Acemoglu”. MIT Initiative on the Digital Economy . 2019年6月2日閲覧。