小浜裕久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小浜 裕久
(こはま ひろひさ)
生誕 1949年2月
研究分野 開発経済学
国際経済学
日本経済
アジア経済
テンプレートを表示

小浜 裕久(こはま ひろひさ、1949年2月 - )は、日本経済学者開発経済学国際経済学日本経済アジア経済)。学位は経済学修士(慶應義塾大学1974年)。

財団法人国際開発センター主任研究員静岡県立大学国際関係学部教授、静岡県立大学評議員、静岡県立大学大学院国際関係学研究科研究科長などを歴任した。

概要[編集]

神奈川県川崎市出身[1]。1974年、慶應義塾大学大学院にて経済学研究科修士課程を修了した。

同年、財団法人国際開発センターに採用され、研究員として勤務し、のちに主任研究員に昇任した。

1987年、静岡県立大学に転じ、国際関係学部の助教授となった。その後、教授に昇任し、大学の評議員や国際関係学研究科の研究科長などを歴任した。

2014年、同大学を定年退職。

研究[編集]

専門は経済学であり、開発経済学や国際経済学を中心とした研究活動を行っている。これらの分野に関する論文を多く発表しており、専門書や学術書も多数著している。イラク日本人外交官射殺事件に触発され、『日本の国際貢献』と題した著書も上梓している。

略歴[編集]

  • 1972年 - 慶應義塾大学経済学部卒業。
  • 1974年 - 慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了。
  • 1974年 - 財団法人国際開発センター研究員。
  • 1986年 - 財団法人国際開発センター主任研究員。
  • 1987年 - 静岡県立大学国際関係学部助教授。
  • 1994年 - 静岡県立大学国際関係学部教授。
  • 1997年 - 静岡県立大学評議員。
  • 1998年 - 静岡県立大学大学院国際関係学研究科研究科長。
  • 2014年 - 定年退職。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『経済論文の技法』著者紹介

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]