タワーハムレッツ区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タワーハムレッツ区
London Borough of Tower Hamlets
ロンドン自治区
グレーター・ロンドン内における位置
グレーター・ロンドン内における位置
主権国家 イギリスの旗 イギリス
構成国 イングランドの旗 イングランド
リージョン ロンドン
典礼カウンティ グレーター・ロンドン
地位 ロンドン自治区
政庁本部所在地 ブラックウォール クローブ・クレセント
設置 1965年4月1日
行政
 • 種別 ロンドン自治区議会
 • 議会 タワーハムレッツ・ロンドン自治区議会
 • 政治体制 区長と内閣制 (Executive Mayor:)
 • Executive Mayor John Biggs
 • 英国議会下院議員 Rushanara Ali (Lab),
Jim Fitzpatrick (Lab)
 • ロンドン議会議員 Unmesh DesaiCity and East区選出)
 • 欧州議会 ロンドン選挙区
面積
 • 計 7.63sq mi (19.77km2)
域内順位 320位(全326地域中)
人口(2015年中期推計)
 • 計 284,015
 • 順位 39位(全326地域中)
 • 密度 37,000/sq mi (14,000/km2)
 • 民族構成[1] 31.2% イギリス系白人
1.5% アイルランド系白人
0.1% ジプシー系白人又はアイリッシュ・トラベラー
12.4% その他の白人
1.1% 白人とカリブ系黒人の混血
0.6% 白人とアフリカ系黒人の混血
1.2% 白人とアジア系の混血
1.2% その他の混血
2.7% インド系
1% パキスタン系
32% バングラデシュ系
3.2% 中国系
2.3% その他のアジア系
3.7% アフリカ系黒人
2.1% カリブ系黒人
1.5% その他の黒人
1% アラブ系
1.3% その他の民族
 • ONSコード 00BG
等時帯 GMTUTC+0
 • 夏時間(DST BSTUTC+1
郵便コード E, EC
市外局番 020
警察機関 ロンドン警視庁
ウェブサイト www.towerhamlets.gov.uk

タワーハムレッツ・ロンドン自治区 (―じちく、: London Borough of Tower Hamlets) は、シティ・オブ・ロンドンの東方、テムズ川北岸に位置するロンドン自治区インナー・ロンドンを構成する区の一つ。

地理と概要[編集]

世界でも名高いシティ・オブ・ロンドンの東隣に位置し、地区の南側の区界にはテムズ川、極西とサザーク区と繋ぐタワーブリッジ、更に世界遺産のロンドン塔もこの地区にある。シティとの区境付近にはイーストエンド・オブ・ロンドンと呼ばれる下町がブリック・レーンに存在し、南側にはアイルズ・オブ・ドッグ(ドッグ島)地区の再開発で誕生した金融オフィス街、いわゆるカナリーワーフ(カナリーウォルフ)があり、地区の東端には700年以上の歴史があるボウ・チャーチ(ボウ教会)、北端にはビクトリアパーク、地区のほぼ中心部にロンドン大学を構成する一カレッジであるクイーン・メアリー (Queen Mary, University of London) がある。

地区の中心をマイルエンドロード、ボウロードがホワイトチャペルからボウチャーチまで横切る。更に南側をコマーシャル・ロード、イーストインディア・ドックロードが同じくホワイトチャペルからポプラー、オールセイント付近のブラックウォールまで横切る。

なお、2012年開催の夏季オリンピックグレーター・ロンドンのホスト5区のうちの一つとして指定されていた。

歴史[編集]

大きく湾曲するテムズ川の異様な地形が、海からシティまでの海運の大きな課題となっていた。また大雨の度に洪水が発生していた為、半島状態になっている部分(アイルズ・オブ・ドッグ)に運河を造成させて切り離す計画が生まれたが、脆弱な地盤であった為工事は難航した。

リージェンツ運河のライムハウス閘門 (1828年)

運河の完成後は沿岸に貨物船が停泊するドック(泊渠)も多数造成され、ロンドンの主要な港湾埠頭としての役割を担ってきたが、付近の洪水問題は解決しなかったので、更に幾つかの運河を造成した。この代表的なのがライムハウス・ベイスンから地区を縦断するリージェンツ運河である。この地区は古くから水被害が絶えなかった為、運河の造成は一番早くから行われた。つまり、グレーターロンドンの運河の中で一番古い歴史を持ち、この地区発展の発端とも言えよう。

1800年頃からは西インド会社最大の商業埠頭が建設された。ドックの集中するタワーハムレッツはドックランズの中心となり、ロンドンの玄関口と言っても過言ではない程の繁栄を迎え、他国や植民地との貿易の拠点となった。その貨物取扱量はイギリスはおろか、当時世界でも有数となった。イギリスのシティに次ぐ重要な地区であったため、第二次世界大戦中はドイツ空軍から熾烈な空襲攻撃を受け、壊滅状態となる。

戦後は一部復興したものの、空輸の発達や海運のコンテナ化と共にロンドンの海運業は衰退し、ヒースロー空港開港や外洋に面したコンテナ港湾の開港と同時に極端に扱い量が減り、ドックランズの埠頭は1980年代までにすべて閉鎖された。同時に5千人以上が失業したと言われ、付近は廃墟と化し治安が一気に悪化した。東ロンドンの治安が悪い噂はここから来るが、その後マーガレット・サッチャー政権によりドックランズ再開発公社が設立され、現在の金融街及びショッピング街へと変貌を遂げた。この再開発で莫大な雇用を生み、イギリス自体の経済力が更に増した。当然ながら治安問題も同時に解消されていった。

このように、タワー・ハムレッツはドックランズの発展と共に進化を遂げていったと言えよう。

人口[編集]

前述のように、ロンドンの貿易拠点として機能していたこともあり、人口は1891年には最大で58万人が居住していたとされているが、労働人口も入っている可能性は否定できない。その後は徐々に人口は減少し、その傾向も長期間に渡り1981年の13万人が記録上の最小人口であったが、1980年代後半から1990年代にかけて南アジア、主にバングラデシュからの移民が増え、現在は20万人規模にまで回復してきていている。

また、民族比率は白人系が55%、アジア系が34%、黒人系が5%、混血が3%、中国系が2%、その他が1%となっているが、最近の統計では、アジア系が白人系に匹敵するとの見方もある。また、バングラデシュ系の比率はロンドンの各自地区の当該比率の倍以上があるとされる。一方で黒人比率が低いのはロンドンの各自治区中でも少数派である。

宗教事情はキリスト教よりも他宗教比率の方が高いのも特徴で、キリスト教が38.6%、イスラム教は36.4%でヒンドゥー教仏教が後に続く。

交通[編集]

鉄道[編集]

この地区には地下鉄4路線、ナショナルレール2路線、DLRと呼ばれるライトレールが整備されている。

セントラル線

ディストリクト線

ハマースミス&シティー線

ジュビリー線

ドックランズ・ライト・レイルウェイ(DLR)

  • バンク、タワー・ゲートウェイからタワーハムレッツ地区の南東部に駅が集中している。

c2c(ナショナル・レール)

ナショナル・エクスプレス・イースト・アングリア(ナショナル・レール)

バス[編集]

ここでは代表的なルートと深夜および24時間運転に限る。

  • ルート08:Oxford Circus-High Holborn - St.Paul -Liverpool St-Shoreditch-Bethnal Green-Roman Rd-Bow Church
  • ルート15:Oxford Circus-Trafalgar Sq - St.Paul -Aldgate - Stepney-Limehouse - Poplar- Blackwall
  • ルート25:Oxford Circus-High Holborn - St.Paul -Aldgate - Mileend -Bow Church- Stratford- Manor Park-Ilford
  • ルート100:Elephant&Castle -Southwark -St.Paul Cathedral -London Wall -Aldgate -Tower Hill -Wapping -Shadwell
  • ルート108:Lewisham Sta.- Black Heath -North Greenwich -Blackwall tunnel -Bromley by Bow -Stratford
  • ルート115:Aldegate- Stepney-Limehouse - Poplar -Canning Town- Plaistow - Upton Park -East Ham
  • ルート205:Paddington - Marylebone - Euston - Kings Cross - Liverpool St - Whitechapel - Mileend -Bow Church
  • ルート277:Highbury&Islington - Dalston Junction- Hackney- Victoria park - Mileend - Canary Wharf - Leamouth
  • ルートN08:Oxford Circus-High Holborn-Liverpool St-Roman Rd-Bow Church-Stratford-Leytonstone-Hainault
  • ルートN15:Oxford Circus- Trafalgar Sq - Aldgate - Backwall -Canning Town- East Ham -Barking- Romford Market
  • ルートN550:Trafalgar Sq- Embankment - Aldgate - Limehouse - Canary Wharf - Island Gardens - Canning Town


ルートマスター(旧式バス・ヘリテージ)はルート15で平日の昼間のみ、Trafalgar Sq-Tower hill(Tower of London)定期運行されている。

また、ルート25はタワーハムレッツ内はディストリクト線、シティおよびカムデン地区ではセントラル線と並行運転している為、混雑が激しい。更にルート205は地下鉄ハマースミス&シティー線とほぼ同区間を運転している。


2010年夏季よりセンターのオックスフォード・ストリートの渋滞緩和作戦でルート15およびN15の一部区間Paddington Basin - Oxford Circusを無期限休止としてRegent St(Mid)が終着となっている。

オイスター・カード[編集]

タワーハムレッツ地区でのオイスターカードは概ねゾーン2に属するが、地区の西側の一部はゾーン1になる。

施設・名所[編集]

ここでは代表的な名所を記述する。

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Census: Ethnic group, local authorities in England and Wales, Office for National Statistics (2012). 2011年の国勢調査に使われた設問などについては、英語版Classification of ethnicity in the United Kingdomを参照。