タイラー・ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイラー・ライオンズ
Tyler Lyons
セントルイス・カージナルス (マイナー)
Tyler Lyons Father's Day Weekend 2017 (35205167502).jpg
2017年6月17日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ラボック郡ラボック
生年月日 (1988-02-21) 1988年2月21日(30歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト9巡目
初出場 2013年5月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

タイラー・ウィリアム・ライオンズTyler William Lyons , 1988年2月21日 - )は、 アメリカ合衆国テキサス州ラボック郡ラボック出身のプロ野球選手投手)。左投両打。MLBセントルイス・カージナルス傘下所属。

経歴[編集]

2009年MLBドラフト10巡目(全体315位)でニューヨーク・ヤンキースから指名されたが拒否。

2010年MLBドラフト9巡目(全体289位)でセントルイス・カージナルスから指名され、7月22日に契約。

2011年に傘下のA+級パームビーチ・カージナルス英語版でプロデビュー。33試合(先発12試合)に登板して9勝4敗1セーブ・防御率4.50・79奪三振の成績を残した。

2012年はまずAA級スプリングフィールド・カージナルスでプレーし、12試合に先発登板して5勝4敗・防御率3.92・54奪三振の成績を残した。6月にAAA級メンフィス・レッドバーズへ昇格。15試合に先発登板して4勝9敗・防御率4.28・89奪三振の成績を残した。

2013年はAAA級メンフィスで開幕を迎え、5月22日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。同日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビュー。先発起用され、7回を投げ4安打1失点と好投し、メジャー初勝利を挙げた[2]。6月に入ってからは4試合に登板したが、0勝3敗と結果を残せず、6月22日にAAA級メンフィスへ降格[3]7月30日に昇格し[4]、同日のピッツバーグ・パイレーツ戦で先発起用されたが、6回を投げ4失点を喫し敗戦投手となり[5]、翌日再びAAA級へ降格した[6]8月17日に再昇格し[7]、27日にAAA級メンフィスへ降格した[8]セプテンバー・コールアップで登録枠が拡大された9月3日に再昇格した。この年メジャーでは12試合(先発8試合)に登板して2勝4敗・防御率4.75・43奪三振の成績を残した。

2014年も前年と同じような役割を担い、先発で4試合・リリーフで7試合に登板した。0勝4敗と勝ち星なしに終わったが、防御率やWHIPの値は改善されたほか、奪三振率も8.8まで上昇するなど、投球内容面では成長の跡を見せた。

2015年は、先発で8試合・リリーフで9試合の計17試合に登板。防御率3.75と3勝は自己ベストの数値で、60.0イニングで60三振を奪って奪三振率9.0をマークするなど、更なる成長を示した。ただし課題としては、60.0イニングで12本のホームランを浴び、球の軽さがうかがわれた。

2016年はキャリアハイの30試合に登板したが、メジャーデビュー以来初めて先発登板がなかった。防御率3.38・2勝無敗・WHIP1.02を記録した。

2017年は完全にリリーフ専任となり、前年を大幅に上回る50試合に登板。防御率2.83・4勝1敗3セーブ・WHIP1.09の好成績を挙げ、飛躍の年となった。

2018年は27試合に登板して防御率8.64と振るわず、7月27日DFAとなり[9]8月3日にマイナー契約でAAA級メンフィスへ配属された[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 STL 12 8 0 0 0 2 4 0 0 .333 223 53.0 49 5 16 0 3 43 0 0 29 28 4.75 1.23
2014 11 4 0 0 0 0 4 0 0 .000 155 36.2 33 4 11 2 2 36 0 0 23 18 4.42 1.20
2015 17 8 0 0 0 3 1 0 0 .750 255 60.0 59 12 15 0 1 60 4 0 29 25 3.75 1.23
2016 30 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 187 48.0 35 9 14 0 0 46 2 0 18 18 3.38 1.02
2017 50 0 0 0 0 4 1 3 15 .800 220 54.0 39 3 20 2 7 68 1 0 17 17 2.83 1.09
MLB:5年 120 20 0 0 0 11 10 3 19 .524 1040 251.2 215 33 76 4 13 253 7 0 116 106 3.79 1.16
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 70(2013年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ Cardinals purchase lefty pitcher Tyler Lyons”. MLB.com Cardinals Press Release (2013年5月22日). 2014年3月12日閲覧。
  2. ^ Scores for May 22, 2013”. ESPN MLB (2013年5月22日). 2014年3月12日閲覧。
  3. ^ Cardinals recall rookie pitcher Michael Blazek; lefty Tyler Lyons optioned to Memphis (AAA)”. MLB.com Cardinals Press Release (2013年6月22日). 2014年3月12日閲覧。
  4. ^ Cardinals promote three pitchers”. MLB.com Cardinals Press Release (2013年7月30日). 2014年3月12日閲覧。
  5. ^ Scores for Jul 30, 2013”. ESPN MLB (2013年7月30日). 2014年3月12日閲覧。
  6. ^ Cardinals disable Yadier Molina and Shane Robinson”. MLB.com Cardinals Press Release (2013年7月31日). 2014年3月12日閲覧。
  7. ^ Cardinals Recall LHP Tyler Lyons”. MLB.com Cardinals Press Release (2013年8月17日). 2014年3月12日閲覧。
  8. ^ Cardinals recall reliever Fernando Salas; Tyler Lyons optioned to Memphis (AAA)”. MLB.com Cardinals Press Release (2013年8月27日). 2014年3月12日閲覧。
  9. ^ Jenifer Langosch (2018年7月27日). “Cardinals reshape bullpen, look toward future” (英語). MLB.com. 2018年7月31日閲覧。
  10. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年8月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]