ソル・フィース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソル・フィース
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 X68000
開発元 ウルフチーム
発売元 ウルフチーム
プロデューサー 秋篠雅弘
シナリオ おおつやまちしお
プログラマー 谷裕紀彦
音楽 桜庭統
美術 浜田忠司
山本利雄
人数 1人
メディア 5インチ2HDフロッピーディスク3枚組
発売日 日本 199011221990年11月22日
デバイス MIDI対応
必要環境 YM2151
MSM6258
テンプレートを表示

ソル・フィース』(SOL-FEACE)は、ウルフチームが開発した横スクロールのシューティングゲーム1990年11月22日X68000で発売(5インチフロッピーディスク3枚)。翌1991年メガCDに移植された。

概要[編集]

8方向移動とショットボタンで自機を操作。ステージ最後には大きなボスが登場し、撃破することで1ステージクリア。全7ステージの構成。5面以降のコンティニューは全て5面からの再開となる。

X68000版は、ディスク3枚組の1枚をまるまるオープニングに使用。オープニングを見ない場合は、残りの2枚で起動できる。オープニングは手描きCGによるアニメーションになっており、パイロット2人が敵の猛攻を潜り抜け、1面ボスを撃破する内容になっている。テンポのよい音楽とのコラボレーションにより、爽快感溢れる仕上がりになっていた。また、ハードウェア的に回転などの処理を持っていないX68000でのソフトウェアによる回転を用いた多関節処理などは、売り文句でもあった。

メガCD版は、アーネストエヴァンズ同様ROMカートリッジ版の企画がセガの要望からメガCD作品へと変わったという経緯があり、メガCDのハードウェアスペックのアピールのため、スプライトの回転拡大縮小機能を多用していると宣伝された。しかし、原作であるX68000もまた、回転機能を持たず、本ソフトウェアのエフェクトは、ソフトウェアによって実現されており、北米でリリースされたROMカートリッジ版でも同じプログラムを使用している為に回転拡大などの画面効果に差異はない。オープニングの追加、BGMのCD-DAでの収録など以外には、メガCDに特化した実装がされているわけではない。追加されたオープニングも、原作であるX68000のデモディスクともまったく異なるものである。

ゲーム内容[編集]

自機[編集]

自機は3つの砲を備えており、上下左右の移動に連動して自機上下の砲の角度が変化するのが特徴である。パワーアップアイテムを獲得する際に接触した方向の砲にアイテムが適用される。パワーアップアイテムは段階的に強くなるものではなく、威力は一定。出現場所がほぼ固定のため、パターン化することにより攻略を確立することが出来た。

両翼に異なる武器を装備するアイディアは1986年の『シルフィード』に通じるものがある。

アーケードシューティングからよりもパソコンシューティングからのアイディア流用が多いのが特徴。

特徴[編集]

細かい実験的なアイデアが多数盛り込まれている。

  • 攻撃がショットボタンのみ。
  • 側壁に接触ミスにはならず跳ね返されるだけで済む。ただし正面からの追突はミスになる。
  • 当たり判定が特定部位にしかなく、その部分以外はすり抜け可能な敵キャラクター。
  • 多関節キャラクターの多用。
  • 曲射レーザーを多関節で表現。
  • 前移動時に自機後方に出るバックファイアーで敵を倒せる。
  • 破壊できない浮遊物を打ち続けることで、浮遊物の進行方向を変更できる。

今でこそ曲射レーザーは一般的になっているが、家庭向けオリジナル作で実装したのはこの作品が初である[1]

また、製作者は『マイコンBASICマガジン』へのゲームプログラム投稿の常連であるBug太郎である事も知られ、同誌では愛情ある紹介記事が書かれている。

難易度[編集]

自機の当たり判定は小さくはないにも関わらず敵弾一撃でミスとなり、武器を全て失った状態でその場復帰となるため難易度は高いと言える。上下の接触ではミスにはならないとは言え、地形と敵と弾のコンビネーションで強制スクロールとなるステージが多く、また、4面等では背後から敵が迫り来るが、自分が逆を向けないなどの辛い場面も多かった。特に曲射レーザー(追尾型)など多彩な攻撃をしてくる6面のボスや7面は、極端に難易度が高く、多くのユーザーが挫折を味わった。

その他[編集]

  • 自機のスピードはゲーム開始前の環境設定画面で行なうという奇抜なものになっている。
  • X68000版は特定のキーを押しながら起動することで、オープニングが「民明書房版」と呼ばれるジョークOPに変更される。
  • 海外版は北米、欧州ともにCD版は原題の「SOL-FEACE」がそのまま使われているが、北米のみリリースされたROMカートリッジ版では「SOL-DEACE」に変更されている。これは英語ではFEACE(造語)が英語のfilth(汚物)と発音が似ているとの判断が働いたものである。
  • 海外版のボックスアートは北米CD版のみがファンタジーゾン風のカラフルなものに変更されている(北米ROM版および欧州CD版は日本と同じイラストが使われている)。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1ソル・フィース
日本 199112121991年12月12日
アメリカ合衆国 199210151992年10月15日
ヨーロッパ 1993041993年4月
メガCDウルフチーム日本 ウルフチーム
アメリカ合衆国 セガ
CD-ROM日本 T-32024
ヨーロッパ 4130
-
2SOL-DEACE
アメリカ合衆国 1992041992年4月
メガドライブウルフチームRENO8メガビットロムカセット49206-
3ソル・フィース
プロジェクトEGG
日本 201202282012年2月28日
Windowsウルフチームサンソフトダウンロード--
X68000版の移植
メガCD版
  • 移植に際して声優(塩沢兼人冬馬由美)を起用したオープニング、エンディングが追加された。

音楽[編集]

他のウルフチーム作品同様、桜庭統が担当。

X68000版は、先に発売している『グラナダ』(1990年)、『FZ戦記アクシス』(1990年)同様、内蔵のFM音源の他にMIDIに対応。ローランドMT-32, CM-32LLA音源のほかにCM-64(CM-32P)のPCM音源にも対応し、かなり完成度の高い作品に仕上がっている。ただMIDI音源のエンディング曲は内蔵のFM音源と比べてテンポのズレが生じ違和感がある。意図的なものなのか、不具合なのかは不明。

メガCD版は、X68000版のMIDI音源(CM-64版)をベースによりグレードアップさせたものとなっている。しかしモノラル録音の上、ステージ1用BGMにはCDのプレス工程で紛れたと思しきノイズが入っており、加えてCD-DA部分にはBGMだけではなくSE(効果音)がミックスされているなど、サウンドトラックとして聴くにはかなり難がある。ただし、海外版(Sega-CD版)はCD-DAからSEが除去されており、サントラとしての鑑賞には全く問題はない。

海外版の『SOL-DEACE』はROMカートリッジ形態で発売され、サウンドはX68000版を元にしたFM音源となっている。

EggMusicブランドでサウンドトラックのオンライン販売が行われている。オンライン販売のみで、CD化はされていない。X68000版では、内蔵FM音源+ADPCM、MIDI(MT-32、CM-64)の両方の計3種、メガドライブ版ではメガCD版、海外版の「SOL-DEACE」の音源の計2種が収録されている。

  • ソルフィース X68000サウンドトラックス
  • ソルフィース メガドライブ・サウンドトラックス

スタッフ[編集]

X68000版
  • メイン・プログラム:SUPER BUG太郎(谷裕紀彦
  • オープニング・プログラム:BUG太郎(谷裕紀彦)
  • メカニカル・ワークス:HAMAYAN(浜田忠司)
  • キャラクター・ワークス:YAMA CHAN(山本利雄)
  • ストーリー:おおつやまちしお
  • グラフィックス:永田和宏、KAMAKURA、HAMAYAN(浜田忠司)、YAMA CHAN(山本利雄)
  • 音楽:桜庭統
  • ビジネス・ワークス:浅沼穣、宇野正明、GANSYA、飯島公人、DR.KA-YA-NO(かやのひろゆき)
  • スペシャル・サンクス:福島和行
  • プロデュース:秋篠雅弘
メガCD版
  • プロデューサー:宇野正明
  • ディレクター:保屋野潤
  • プログラム:S.HORISHITA、J.TAKAHASHI、BUG太郎(谷裕紀彦)
  • アシスタント・プログラマー:徳弘親昭
  • ビジュアル・プログラム:BUG太郎(谷裕紀彦)、保屋野潤
  • グラフィックス:保屋野潤、安森淳俊、松島正幸、田島清香、木村まり、西谷由美子、磯谷岳春、藤田圭一、金田将征、奥田剛司
  • メカニカル・デザイン:浜田忠司
  • 音楽:桜庭統
  • エグゼクティブ・プロデューサー:秋篠雅弘
  • スペシャル・サンクス:山本利雄、浅沼穣、Z.ANDO、小川浩
  • アート・ディレクター:ANIMARU-YA
  • サウンド・エディター:MITOMO
メガドライブ(ロムカセット)版
  • プロデューサー:宇野正明
  • ディレクター:保屋野潤
  • エグゼクティブ・プロデューサー:秋篠雅弘
  • プログラム:J.TAKAHASHI、S.HORISHITA、BUG太郎(谷裕紀彦)
  • 音楽:桜庭統
  • グラフィックス:保屋野潤、安森淳俊
  • 音楽サポート:古屋亮太
  • メカニカル・デザイン:浜田忠司
  • キャラクター・デザイン:山本利雄
  • サンクス:PANZER OHMI
  • スペシャル・サンクス:福島和行

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3/5stars (MCD)[2]
Computer and Video Games89% (MCD)[2]
Electronic Gaming Monthly31/40点 (MD)[3]
ファミ通23/40点 (MCD)[4]
GamePro4/5点 (MD)[3]
メガドライブFAN18.66/30点 (MCD)[5]
Aktueller Software Markt8/12点 (MCD)[2]
メガドライブ大全肯定的 (MCD)[6]
メガCD版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)となっている[4]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.66点(満30点)となっている[5]。また、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「このゲームのボスは多関節キャラと呼ばれるもので、グネグネと動いて攻撃してくる様子はかなり迫力がある。またCD-ROMならではのビジュアルシーンにも注目だ」と紹介されている[5]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.01 3.63 3.26 2.92 2.87 2.97 18.66
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「メガCDの回転・拡大・縮小機能を活かしたゲームは、発売同時タイトルの中では、これ1本だけ」、「基本に忠実な横シューティングだが、いきなり『SOL FEACE』のタイトルが回転し、多関節のキャラが長い手足を振り回す。1面のボスが登場した瞬間、テレビにかじりつきだ」と評している。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アーケードでは『ロストワールド』、家庭用ではその移植作の『フォゴットンワールズ』が本作に先行している。
  2. ^ a b c Sol-Feace for SEGA CD (1991) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年8月5日閲覧。
  3. ^ a b Sol-Feace for Genesis (1992) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年8月5日閲覧。
  4. ^ a b ソル・フィース まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年2月20日閲覧。
  5. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 60頁。
  6. ^ a b 「Chapter 04 1991年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、99頁。ISBN 9784872338805

関連作品[編集]

外部リンク[編集]