ステファン・ラズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファン・ラズミ
Stephane Lasme
Stephane Lasme.jpg
エフェス・ピルゼン S.K.  No.13
ポジション パワーフォワード
背番号 13
身長 203cm  (6 ft 8 in)
体重 98kg (216 lb)
基本情報
本名 ヤン・ステファン・ラズミ
ラテン文字 Stephane Lasme
フランス語 Yann Stephane Lasme
誕生日 1982年12月17日(32歳)
ガボンの旗 ガボン
出身地 オゴウェ・マリティム州ポールジャンティ
ドラフト 2007年 46位
選手経歴
2007
2007-2008
2008
2008-2009
2009-2010
2010
2010-2011
2011-2012
2012-2014
2014-
ゴールデンステイト・ウォリアーズ ゴールデンステート・ウォリアーズ
ロサンゼルス・ディーフェンダーズ ロサンゼルス・ディーフェンダーズ
マイアミ・ヒート マイアミ・ヒート
KKパルチザン・ベオグラード KKパルチザン・ベオグラード
マッカビ・テルアビブBC
BCスパルタク・サンクトペテルブルク
メイン・レッドクローズ
オブラドイロCAB
パナシナイコスBC
エフェス・ピルゼン S.K.

ステファン・ラズミStephane Lasme)ことヤン・ステファン・ラズミYann Stephane Lasme1982年12月17日 - )は、ガボンのプロバスケットボール選手ターキッシュ・バスケットボール・リーグエフェス・ピルゼン S.K.に所属している。オゴウェ・マリティム州ポールジャンティ出身。ポジションはパワーフォワード。203cm、98kg。

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

少年の頃はサッカーに夢中でバスケットボールは14歳になるまでしたことがなかった[1]

2000年から2003年まで、ガボン代表としてプレーしており[2]、2002年のFIBAアフリカクラブチャンピオンズカップに出場した[1]

2003年に従兄弟が住んでいるボストンに移住した。当初はNCAA3部校のエマニュエルカレッジでプレーしていたが、NCAA1部校の注目を集めるようになり、NCAA3部校のオールスターゲームに出場した際、マサチューセッツ大学のコーチに見いだされた[3]

2003年11月9日、ハーレム・グローブトロッターズとのエキシビションでマサチューセッツ大学の選手として初出場した。この試合で彼は9分間出場し、1得点、5リバウンドをあげたが、5ターンオーバーを喫し、チームは68-77で敗れた[4]。2004年1月18日、デュケイン大学戦で初先発したが無得点に終わった。このシーズン、平均3.2得点、3.4リバウンド、アトランティック・テン・カンファレンスブロックショット部門2位の1.8ブロックショットをあげた。2年次には全28試合に先発し、カンファレンス2位のブロックショットを記録した。3年次には全28試合中27試合に先発し、15試合で2桁得点をあげ、平均10.5得点をあげた。セントピーターズ大学戦では、21得点、14リバウンド、8ブロックショットとトリプルダブルに2ブロックショット足りない活躍を見せた。この年、全米3位の平均3.9ブロックショットをあげてカンファレンスの最優秀守備選手に選ばれた。4年次の2006-07シーズンには平均13.5得点、9.5リバウンド、5.1ブロックショットをあげて、ブロックショットとリバウンドでカンファレンストップの成績をあげて、カンファレンスの最優秀選手、最優秀守備選手に選ばれた。またAP通信からオールアメリカンに選ばれた。マサチューセッツ大学の選手が選ばれるのは、1996年のマーカス・キャンビー以来のことであった[5]。この年、1985-86年のマイケル・アンダーソン、1987-1988年のブライアン・ショウ、1993-94年のジェイソン・キッド、並ぶNCAAタイ記録となるシーズン4回のトリプルダブルを記録した(この記録は2015年、ブリガムヤング大学カイル・コリンズワースがシーズン5回目のトリプルダブルを達成して破った)[6]

大学通算399ブロック、シーズン168ブロック、1試合11ブロックとそれまでマーカス・キャンビーが持っていた記録を3つ塗り替えた。

2005年のバスケットボールアフリカ選手権ガボン代表として出場し、平均11.7得点、10.1リバウンド、3ブロックショットをあげた[7]

プロ入り後[編集]

2007年のNBAドラフト2巡全体46位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名された。マサチューセッツ大学の選手がNBAドラフトで指名されるのは、1999年のNBAドラフトラリー・ケトナーシカゴ・ブルズに指名されて以来のことであった[8]。同年11月8日のダラス・マーベリックス戦で初出場したが、出場は試合終了間際の3.8秒のみであった[9]。11月17日にウォリアーズがD.J.エムベンガをロースターに入れる際、ウェーバーされた[10]。11月下旬にNBAデベロップメント・リーグロサンゼルス・ディーフェンダーズと契約を結んだ[11]。2008年3月21日、けが人の多いマイアミ・ヒートと10日間契約を結んだ[12]。その後、ヒートとの契約がシーズン終了まで延長された[13]。このシーズン、先発4試合を含む15試合に出場し20.2分プレーし、平均5.5得点、3.5リバウンド、1.5ブロックショットをあげた。

2008年9月、アドリアティック・バスケットボール・アソシエーションKKパルチザン・ベオグラードと契約した[14]ユーロリーグが開幕して3試合経過したところで、ブロックショット、リバウンドでリーグ2位であった[15]。最終的に平均25.5分の出場で10.6得点、6.6リバウンド、1.5ブロックの成績を残した。チームはPBC CSKAモスクワに準々決勝で敗れベスト8となった。チームはこの年セルビアリーグ、コラック・カップでも優勝した。

2009年7月、アラン・アンダーソンとともにマッカビ・テルアビブBCと契約した[16]。2010年6月8日、足の怪我によりプレータイムの減っていた彼はテルアビブから解雇された[17]

2010年7月、ロシアプロフェッショナルバスケットリーグのBCスパルタク・サンクトペテルブルクと契約したが[18]、9月5日に解雇された[19]。アメリカに戻った彼はボストン・セルティックスのトレーニングキャンプに参加したが[20]、10月20日に解雇された[21]。Dリーグのメイン・レッドクローズと契約した[22]。しかしスプリングフィールド・アーマーとのプレシーズン開幕戦、わずか2分出場したところで足を骨折し手術を受けた[23]。翌年3月に復帰した[24]

2011年8月、スペインACBオブラドイロ・CABと契約した[25]

2012年7月5日、ボストン・セルティックスでNBAサマーリーグに参加することが発表された[26]

同年9月29日、ギリシャA1バスケットボールリーグパナシナイコスBCと契約した[27]。この年、平均1.76ブロック、6.14リバウンドをあげて、ユーロリーグの最優秀守備選手に選ばれた。彼の活躍もあり、チームディフェンスはリーグ2位の平均69.8失点であった[28]

2013年7月1日、パナシナイコスとの契約を2年延長した[29]。2014年5月、ユーロリーグのセカンドチームに選ばれた[30]。同年6月12日、パナシナイコスからオプトアウトされた。6月22日、ターキッシュ・バスケットボール・リーグエフェス・ピルゼン S.K.と契約した[31]

人物[編集]

ガボンの公用語のフランス語の他にミエネ語、英語が話せる。ただし、2003年にボストンに来た際は、英語ではグッドモーニング、グッドアフターヌーンぐらいしか話すことができなかった[32]

脚注[編集]

  1. ^ a b About Us”. 公式サイト. 2015年6月28日閲覧。
  2. ^ Bio”. マサチューセッツ大学. 2015年6月28日閲覧。
  3. ^ Minutemen Land Foreign Standout”. マサチューセッツ大学 (2003年7月21日). 2015年6月28日閲覧。
  4. ^ Globetrotters 77, Massachusetts 68”. マサチューセッツ大学 (2003年11月9日). 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ Lasme Named AP Honorable Mention All-American”. マサチューセッツ大学 (2007年3月26日). 2015年6月28日閲覧。
  6. ^ Ron Clements (2015年2月7日). “BYU guard breaks NCAA triple-double record”. スポーティング・ニューズ. 2015年6月28日閲覧。
  7. ^ Player Profile”. 国際バスケットボール連盟. 2015年6月28日閲覧。
  8. ^ Lasme Selected By Golden State Warriors With 46th Pick In NBA Draft”. マサチューセッツ大学 (2007年6月28日). 2015年6月28日閲覧。
  9. ^ Lasme Makes NBA Debut For Warriors On Thursday Night”. マサチューセッツ大学 (2007年11月9日). 2015年6月28日閲覧。
  10. ^ Warriors sign C DJ Mbenga, waive draft pick Lasme”. ESPN (2007年11月18日). 2015年6月28日閲覧。
  11. ^ Lakers Assign Coby Karl To D-League Affiliate D-Fenders”. nba.com (2007年11月28日). 2015年6月28日閲覧。
  12. ^ Los Angeles D-Fender Stephane Lasme Earns Gatorade Call-Up To Miami Heat”. oursportscentral.com (2008年3月21日). 2015年6月28日閲覧。
  13. ^ Lasme Signed For Year By Heat; Named D-League Co-Def. Player Of Year”. マサチューセッツ大学 (2008年4月11日). 2015年6月28日閲覧。
  14. ^ Partizan lands Stephane Lasme”. euroleague.net (2008年9月22日). 2015年6月28日閲覧。
  15. ^ Stephane Lasme, Partizan Belgrade”. euroleague.net (2008年11月11日). 2015年6月28日閲覧。
  16. ^ Maccabi signs up Stephane Lasme, Alan Anderson”. euroleague.net (2009年7月25日). 2015年6月28日閲覧。
  17. ^ Maccabi TA released Stephane Lasme”. thehoop.blogspot.jp (2010年6月8日). 2015年6月28日閲覧。
  18. ^ Spartak St. Petersburg tabs Stephane Lasme”. eurocupbasketball.com (2010年7月24日). 2015年6月28日閲覧。
  19. ^ Spartak St. Petersburg, Lasme part ways”. eurocupbasketball.com (2010年9月6日). 2015年6月28日閲覧。
  20. ^ Scott Schroeder (2010年9月17日). “Boston Celtics Invite Stephane Lasme, Jamar Smith & Chris Johnson To Training Camp”. ridiculousupside.com. 2015年6月28日閲覧。
  21. ^ Scott Coen (2010年10月20日). “Stephane Lasme waived by the Boston Celtics”. MLIVE. 2015年6月28日閲覧。
  22. ^ Red Claws add nine through draft”. ESPN (2010年11月3日). 2015年6月28日閲覧。
  23. ^ Chris Forsberg (2010年11月19日). “Lasme out 'indefinitely' after surgery”. ESPN. 2015年6月28日閲覧。
  24. ^ Lasme returns to Red Claws”. ESPN (2011年3月11日). 2015年6月28日閲覧。
  25. ^ Obradoiro CAB lands Stephane Lasme”. SPORTANDO (2011年8月12日). 2015年6月28日閲覧。
  26. ^ Sean Williams on C's summer league roster”. WEEI (2012年7月5日). 2015年6月28日閲覧。
  27. ^ Panathinaikos announced Stephane Lasme”. SPORTANDO (2012年9月29日). 2015年6月28日閲覧。
  28. ^ Best Defender Trophy winner: Stephane Lasme, Panathinaikos Athens”. 2015年6月28日閲覧。
  29. ^ Ανανέωση με Λάσμε” ((ギリシャ語)). paobc.gr (2013年7月1日). 2015年6月28日閲覧。
  30. ^ 2013-14 All-Euroleague First and Second Teams announced”. euroleague.net (2014年5月8日). 2015年6月28日閲覧。
  31. ^ Anadolu Efes lands defensive ace Lasme”. euroleague.net (2014年6月23日). 2015年6月28日閲覧。
  32. ^ Ron Chimelis (2006年1月29日). “Springfield Republican: Out Of Africa”. マサチューセッツ大学. 2015年6月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]