ジ・アッチィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジ・アッチィー
プロフィール
リングネーム ジ・アッチィー
本名 アツシ(名字非公開)
ニックネーム 大分の英雄
身長 175cm
体重 90kg
誕生日 (1973-09-22) 1973年9月22日(43歳)
出身地 大分県別府市
所属 大分プロレス〜AMW〜
スポーツ歴 総合格闘技
空手
野球
サッカー
ラグビー
トレーナー グラン浜田
デビュー 不明
テンプレートを表示

ジ・アッチィー1973年9月22日 - )は、日本覆面レスラー

経歴[編集]

幼少期に少林寺拳法を学び、小学生時代は野球、サッカー部、中学時代はサッカー部。高校ラグビー部に在籍。基本スポーツは得意ではなく、わんぱくな性格なため基本的には時々練習に参加する幽霊部員。人と身体でぶつかり合う事は好きな性格のため得意な交渉術で試合には何故か時折出場していた。

大分県立別府鶴見丘高等学校に在学中(1990年)に プロレス総合格闘技の団体を結成。校長先生に部活動として嘆願するが却下。だが熱意に根負けし異例の校長や教員の個人的公認サークルとして活動。選手は学校以外にも他校から、また専門誌で呼びかけ九州・山口から学生や社会人が集まるようになり、高校生ながら定期的に興行を開催。この団体はプロレス部門と総合格闘技部門に分かれていた。総合格闘技部門はUWFが格闘技路線のプロレスを実践していた前田日明藤原喜明山崎一夫らに影響され、高校生ながらプロレス最強論を示そうと独自のルールで多種格闘技の選手と試合を繰り広げていた。また大仁田厚の生き様にも惚れ込み、両極端の団体に憧れを持っていた。

きっかけは好きな子へのアピールだったと地元TV番組で語っていた。当時バンド活動もしていたため他の分野で好きなプロレスも表現したかったとの事。

高校卒業後は福岡県福岡市専門学校に進学するがプロレスへの想いが断ち切れず自主退学。その後はフリーターを続けながら1993年に福岡市で新たに「アマチュアリズム・プロレスAMW」を旗揚げ。その翌年大分に帰郷する際、もう1つの夢であったザ・ドリフターズの一員になりたくて行動に移すが所属事務所から募集していないと言われ、地元の大分県別府市に戻る。大分へ移るもAMWとして活動。だが練習場もプロレスに理解してくれる人がいない為に夜の公園などで練習を行う。学生時代から持ち前のパンク精神で乗り越え、地元新聞やTVなどでも取り上げられ少しずつ露出も多くなり、動員数も増加。アマチュア時代、みちのくプロレスの九州巡業全会場で試合を行い(アマチュアとして第0試合)、プロの姿勢などを学びグラン浜田から指導されプロレスラーになると決意する。

1999年、ファンに新しい夢を与えたいと試合終了後「プロ団体として活動する」と発表。この模様は九州ネットのテレビ番組で「プロ化への道」と紹介された。だがこれをきっかけにアマチュアのこだわりをもった選手等が大量離脱する。それでもプロという次のステップに進むため、ファンに夢を与えるため軌道修正はせず残った所属選手とスタッフとプロ団体としての旗揚げに向かった。

2001年、数々の試練を乗り越えトレーナー兼顧問を グラン浜田としプロ化。団体名も「大分AMWプロレス」と変えて新たな出発をする。「大分AMWプロレス」の略は、Oita Attactive Merry World Pro-Wrestling.「大分の驚異的に愉快な世界のプロレス」

2003年2月1日という偶然にも「3.2.1」の並びで大分市のファッションビルである大分フォーラスに事務所を構える。(2017年建て直し、2018年にはOPAとなる)2007年まで閉鎖されていたフォーラス屋上をメイン会場として“屋上文化復興プロジェクト”と銘打ち、定期興行「ハウスショー」シリーズや多文化コラボイベント「オーイタ•ライオット」、「ビア★プロ」シリーズ(2016年まで)、「インベーダーナイト」、「スターライトシアター」など広範囲なジャンルでのイベントを開催。現事務所は別府市。

2016年8月に来年春に大分プロレス〜AMW〜の解散と自身が引退することを発表。

得意技[編集]

豊後かぼすドライバー
別府八湯ボム
ライガーボムと同型。

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

  • AMW無差別級王座

人物[編集]

  • 愛称は「アッチィー」。よく温泉→熱い→アチィーからきてると思われるらしいが、本名の「アツシ」からきている。
  • トレードマークは温泉マーク。マスクの両耳には温泉マークをつけており温泉地である別府湯布院をPRしている。
  • 活動はプロレスラーとしてだけでなく、ラジオパーソナリティー、講演会、執筆、映画イベントやライブイベントなど各イベントプロデュースも手掛けており、地元大分のTV、ラジオ、雑誌などでも活躍するタレントとしての活動も行っている。
  • 業務はプロレス興行、イベント企画制作、タレント活動、リング・音響レンタル、飲食店経営、総合格闘技道場
  • またラジオ業界では自身の経験と音楽知識を活かし活躍。県域のOBSラジオ「ジ・アッチィーのマジラジ」、中津市NOAS FM「ジ・アッチィーの漢気レディオ」など長期に渡って活躍。
  • 1998年別府市内に「総合格闘技FREEDOM」を設立して会長を務める。
  • 別府市内にカレー料理のほか多国籍料理とBARの店「カレー酒場ROUTE10」をオープン。オーナーを務める。
  • 幼少時代から青春時代にかけてザ・ドリフターズプロレスパンク・ロックに大きく影響を受けたと言われる。特に志村けんの影響が大きかった事は有名である。

外部リンク[編集]