ジョージ王戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ王戦争
Vue du debarquement anglais pour l attaque de Louisbourg 1745.jpg
1745年、ニューイングランド軍によるルイブール要塞付近での上陸。版画、1747年作。
戦争オーストリア継承戦争
年月日:1744年 - 1748年
場所北アメリカ東部
結果アーヘンの和約締結、元の状態に復帰。
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国

ワベナキ連邦英語版

グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
British-Red-Ensign-1707.svg 英領アメリカ
Flag of the Iroquois Confederacy.svg イロコイ連邦
指導者・指揮官
ヌーベルフランス ジャン=ルイ・ル・ルートル英語版
ヌーベルフランス ピエール・マイヨール英語版
フランス王国の旗 ルイ・デュポン・デュシャンボン英語版
フランス王国の旗 ピエール・モルパン英語版
British-Red-Ensign-1707.svg ウィリアム・ペッパーレル英語版
グレートブリテン王国の旗 ピーター・ウォーレン英語版
Template:Campaignbox ジョージ王戦争

ジョージ王戦争(ジョージおうせんそう、英語: King George's War1744年 - 1748年)は、オーストリア継承戦争に対応する北アメリカ植民地戦争である。当時グレートブリテン王国(イギリス)を統治していたジョージ2世の名にちなむ。北米植民地戦争の1つであり、ニューヨークマサチューセッツ湾ニューハンプシャーノバスコシアを主戦場とした。最も重要な戦闘は1745年にマサチューセッツ植民地総督ウィリアム・シャーリーが組織したケープ・ブレトン島ルイブール要塞への遠征であり、要塞は包囲ののち陥落した。フランス語では第三次植民地間戦争フランス語: Troisième guerre intercoloniale)と呼ばれる[1]

アーヘンの和約により戦争は終結し、ルイブールはフランスに返還されたが、領土問題は解決されなかった。

背景[編集]

ジェンキンスの耳の戦争[2]は1739年にスペインとグレートブリテン王国の間で勃発していたが、戦闘はカリブ海およびスペイン領フロリダとその隣のイギリス領ジョージア植民地に限定されていた。オーストリア継承戦争マリア・テレジアハプスブルク君主国(オーストリア)を継承したために1740年に起こった戦争であるが、その時点ではイギリスもスペインも軍事的に介入しなかった。イギリスは1742年にオーストリアの味方、フランスとスペインの敵として外交的に巻き込まれたが、実際の戦闘は1743年のデッティンゲンの戦いまで起こらず、英仏間の宣戦布告は1744年3月にようやく行われた。マサチューセッツ湾直轄植民地は6月2日に宣戦布告した[3]

経過[編集]

1743年時点のアカディア

英領ニューイングランドではマサチューセッツ植民地総督のウィリアム・シャーリーが組織し、ウィリアム・ペッパーレルが司令官となった対カナダ遠征軍がセントローレンス湾の入り口を制するブルトン岬島にあったフランス側の強固な要塞ルイズバーグ(フランス語読み、ルイブール)を6週間の包囲の後に陥落させた。1745年6月17日のことである。一方のフランス軍も1745年11月28日にサラトガ砦を攻略し、さらに1746年8月20日にマサチューセッツ要塞を陥落させた。しかし、肝心のルイブール要塞奪回は嵐や疫病で失敗した。

こうして、お互い手詰まりになったため、オーストリア継承戦争を終結させたアーヘンの和約(エクス・ラ・シャペル条約)では、戦争勃発以前の状態への復帰が決められた。しかし、和平は長続きせず、翌年にはアカディアノバスコシアル・ルートル神父戦争英語版が勃発、ほかの植民地も1754年フレンチ・インディアン戦争になだれ込んだ。

脚注[編集]

  1. ^ Michel Venne, "L'annuaire du Québec 2004", p.25
  2. ^ 「ジェンキンスの耳の戦争」という名前は1731年にスペイン人士官がイギリス商船の船長ロバート・ジェンキンス英語版の耳を切り落とし、それをイギリス王ジョージ2世に見せるよう言った事件に由来する。
  3. ^ Douglass, William (1755). A Summary, Historical and Political, of the First Planting, Progressive Improvements, and Present State of the British Settlements in North-America. I. p. 338. https://archive.org/stream/asummaryhistori01dgoog#page/n356/mode/2up. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]