ジョージ王戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ王戦争
戦争オーストリア継承戦争
年月日:1744年-1748年
場所北アメリカ東部
結果アーヘンの和約締結。元の状態に復帰。
交戦勢力
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国
Royal Standard of King Louis XIV.svg ヌーヴェル・フランス植民地
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
Grand Union Flag.svg 13植民地
Flag of the Iroquois Confederacy.svg イロコイ連邦

ジョージ王戦争(ジョージおうせんそう、King George's War1744年 - 1748年)は、オーストリア継承戦争に対応する北アメリカ植民地戦争である。当時グレートブリテン王国(イギリス)を統治していたジョージ2世の名にちなむ。

この戦争はマリア・テレジアハプスブルク君主国を継承したために起った戦争であるが、英仏が敵対陣営に属したため、北米大陸にも波及したものである。英領ニューイングランドではマサチューセッツ植民地知事のウィリアム・シャーレーが組織し、ウィリアム・ペッパーレルが司令官となった対カナダ遠征軍がセントローレンス湾の入り口を制するブルトン岬島にあったフランス側の強固な要塞ルイズバーグ(フランス語読み、ルイブール)を6週間の包囲の後に陥落させた。1745年6月17日のことである。一方のフランス軍も1745年11月28日サラトガ砦を攻略し、さらに1746年8月20日マサチューセッツ要塞を陥落させた。しかし、肝心のルイブール要塞奪回は嵐や疫病で失敗した。

こうして、お互い手詰まりになったため、オーストリア継承戦争を終結させたアーヘンの和約(エクス・ラ・シャペル条約)では、戦争勃発以前の状態への復帰が決められた。しかし、和平は長続きせず、翌年にはアカディアノバスコシアル・ルートル神父戦争英語版が勃発、ほかの植民地も1754年フレンチ・インディアン戦争になだれ込んだ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]