ザハーイの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザハイの戦い
戦争オーストリア継承戦争
年月日1742年5月24日
場所ボヘミア王国ザハーイ英語版
結果:フランスの勝利
交戦勢力
ハプスブルク帝国 ハプスブルク君主国 フランス王国の旗 フランス王国
指導者・指揮官
ハプスブルク帝国 ロプコヴィッツ侯爵 フランス王国の旗 ブロイ公爵
フランス王国の旗 ベル=イル公爵
戦力
10,000[1]
損害
500[2] 250[2]

ザハーイの戦い(ザハーイのたたかい、英語: Battle of SahayまたはZahájí)はオーストリア継承戦争中の1742年5月24日ボヘミア南部のザハーイ英語版で行われた戦闘。戦闘はプロイセン王フリードリヒ2世が1週間前にオーストリア軍に勝利したコトゥジッツの戦いと連動して行われた。ブロイ公爵率いるフランス軍はロプコヴィッツ侯爵に対し小さな勝利を得たが、この勝利は政治的には重要なものだった。コトゥジッツにザハーイと連敗したことでマリア・テレジアは1742年6月11日にブレスラウ条約シュレージエンプロイセン王国に割譲することを認めざるを得なかった[3]

戦前の行軍[編集]

クロアチアのパンデュール英語版、1742年。

ロプコヴィッツはフラウエンベルク英語版のフランス前哨地に進軍してそれを包囲、5月18日に大砲12門と臼砲数門で砲撃を始めた。ブロイ公は5月19日にベル=イルと合流して前哨地の包囲を解こうとした。

戦闘[編集]

戦闘は16時頃にはじまった。オーストリア軍は戦列を形成し、その左翼はザハーイ英語版にいる、非正規な軽歩兵であるパンデュール英語版300人だった。その左は沼地で右と後ろは森であった。フランス軍は数で上回っていたため攻撃をはじめ、騎兵で沼地を突破するとともに擲弾兵を前衛としてザハーイを攻撃、オーストリア軍のパンデュールはザハーイの村に火を放って撤退した。

オーストリア軍は規律を保てず森へと退いたが回復して反撃に転じた。オーストリア軍の胸甲騎兵3個連隊は高地からフランス軍のカラビニアー英語版竜騎兵2個連隊に向けて突撃した。フランスの騎兵がオーストリア騎兵を側面から襲撃したためオーストリア騎兵の攻撃は撃退された。両側の歩兵も攻撃をしかけたが、フランス軍はオーストリア軍を森まで押し返した。フランスのナヴァール連隊が銃剣突撃を3度行い、オーストリア騎兵も歩兵の後ろで集結して再度突撃したが、敵のホーエンツォレルン胸甲騎兵が大損害を出しながら突撃を撃退した。

戦闘は20時頃に終わり、オーストリア軍は夜中に撤退した。オーストリア軍の損害は大砲6門と戦死500で、フランスの損害は約250人であった。

脚注[編集]

  1. ^ Larned 1922, p. 691.
  2. ^ a b Mauvillon 1756, p. 113.
  3. ^ Hannay 1911, p. 41.

参考文献[編集]

  • Wikisource-logo.svg Hannay, David McDowall (1911). "Austrian Succession, War of the". In Chisholm, Hugh. Encyclopædia Britannica. 3 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 39–45. 
  • Larned, Josephus Nelson (1922). The new Larned History for ready reference, reading and research. I. Massachusetts. p. 691. 
  • Mauvillon, Éléazar de (1756). Histoire de la dernière guerre de Bohème Volumes 1-2. p. 113.