サン=ルイ=デュ=シュドの海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サン=ルイ=デュ=シュドの海戦
Port Louis 1748.jpg
サン=ドマングのポール・ルイの占領、リチャード・パトン英語版作。
戦争オーストリア継承戦争
年月日1748年3月22日
場所サン=ドマングサン=ルイ=デュ=シュド英語版
結果:グレートブリテン王国の勝利
交戦勢力
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 フランス王国の旗 フランス王国
指導者・指揮官
グレートブリテン王国の旗 チャールズ・ノウルズ フランス王国の旗 エティエンヌ・コシャール・ド・シャステノワフランス語版
戦力
戦列艦9隻
スループ2隻
兵士310
大砲78門
損害
戦死20
負傷50[1]
死傷者160
捕虜150[2]

サン=ルイ=デュ=シュドの海戦(サン=ルイ=デュ=シュドのかいせん、英語: Battle of Saint-Louis-du-Sud)、またはポール・ルイの海戦(ポール・ルイのかいせん、: Battle of Port Louis)はオーストリア継承戦争中の1748年3月22日カリブ海のフランス植民地サン=ドマングで行われた戦闘。チャールズ・ノウルズ提督率いるイギリス艦隊はフランスの植民地総督エティエンヌ・コシャール・ド・シャステノワフランス語版が指揮する大規模な要塞を攻撃、破壊した[2][3]

背景[編集]

サン=ルイ=デュ=シュドの地図、1748年6月。

ジェンキンスの耳の戦争が1739年に勃発した以降、イギリスはスペイン植民地を攻撃していたが、大きな成功を得られずにいた。オーストリア継承戦争カリブ海にも飛び火し、フランスの植民地グアドループ島マルティニーク島やサン=ドマングはイギリス海軍に厳重に封鎖されていた。ノウルズがルイスバーグ英語版総督としての役務を終わらせると、彼は1747年7月15日に白色少将となり、ジャマイカ・ステーション英語版の総司令官に任命された[3]

ノウルズははじめ艦隊を率いてスペインのサンティアーゴ・デ・クーバを攻撃しようとしたが、逆風により代わりにフランスのサン=ドマング植民地にあるサン=ルイ=デュ=シュドを攻撃するとした[3][4]。1748年3月22日の正午直前、エリザベス英語版に乗船していたノウルズは艦隊を率いてサン=ルイ港に入り、その守備軍の不意を突いた。サン=ルイの停泊地を守っていたのは大砲78門を有する城であり、その駐留軍は総督のエティエンヌ・コシャール・ド・シャステノワフランス語版率いる、高さ24フィートの石造の壁の後ろにいる兵士310人と黒人砲手たちだった。

戦闘[編集]

フランスの砲撃は12時5分に始まったが、イギリス艦隊は城壁の下で錨を下ろすまで砲撃を始めなかった。それが終わると、ノウルズは至近距離での片舷斉射を命じた。その後3時間にわたる砲撃戦が続き、イギリス艦隊はフランスの要塞を砲撃した。守備軍が火船を派遣してきたため、エリザベスは錨を切って逃げることを余儀なくされた[4]

しかし残りの戦艦は砲撃を継続、その圧力が大きかったため要塞が崩れはじめ、フランス軍の砲火もまばらになった。イギリス艦隊の砲撃が一向にやまず、要塞が崩壊しはじめたことを見ると、シャステノワはやむを得ず15時に士官を派遣して降伏の条件を提案した。ノウルズは対案を出し、シャステノワは半時間後に承諾した。降伏の条件はイギリス軍が妨害を受けずに要塞を占領する、というものだった。

その後[編集]

駐留軍の損害が160人だったのに対し、イギリス艦隊の損害は戦死19人と負傷50人だった。フランス駐留軍は降伏したが、すぐに釈放され、イギリス軍と1年と1日間戦わないことを条件に火器を保持して近隣の集落へ向かうことを許された[5]

要塞を占領したイギリス艦隊は1週間をかけて要塞を解体した。それが終わると、ノウルズは満足して3月30日に出港、サンティアーゴ・デ・クーバを攻撃しようとした。しかし、このサンティアーゴ・デ・クーバの海戦ではイギリス艦隊がスペインに撃退された[1][2]

戦列[編集]

ションベルクによると、戦闘に参加したイギリス船はコーンウォール英語版エリザベス英語版プリマス英語版カンタベリー英語版ストラフォード英語版ウォリック英語版ウスター英語版オックスフォード英語版マーリンウィーズル英語版だった[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Rogers, p. 21.
  2. ^ a b c Marley, p. 271.
  3. ^ a b c  "Knowles, Charles (d.1777)". Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.  At p. 293.
  4. ^ a b “Biographical Memoir of Admiral Sir Charles Knowles, Bart”. The Naval Chronicle. p. 111. 
  5. ^ Richmond, p. 124. The Navy in the War of 1739-48
  6. ^ Schomberg, p. 231. Naval Chronology: Or An Historical Summary of Naval and Maritime Events... From the Time of the Romans, to the Treaty of Peace of Amiens

参考文献[編集]

  • Clowes, William Laird (2003). The Royal Navy: A History - From the Earliest Times to 1900. 1. Chatham Publishing; New ed. ISBN 978-1861760104. 
  • Marley, David (2008). Wars of the Americas: A Chronology of Armed Conflict in the Western Hemisphere. ISBN 978-1598841008. 
  • Rogers, Nicholas (2013). Mayhem: Post-War Crime and Violence in Britain, 1748-53. Yale University Press. ISBN 978-0300169621.