ジュピターテレコム メディア事業部門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュピターTVから転送)
Jump to navigation Jump to search
ジュピターテレコム > ジュピターテレコム メディア事業部門

株式会社ジュピターテレコム メディア事業部門(ジュピターテレコム メディアじぎょうぶもん)は、株式会社ジュピターテレコム (J:COM) のメディア事業(映画・映像作品の企画・製作、劇場配給、コンテンツの動画配信、BS/CS専門チャンネルの運営など)を統括する部門。ブランド名は「J:COM」。

概要[編集]

ジュピターテレコムは2016年7月(平成28年)現在、合計17の専門チャンネルに出資・運営(#出資・運営チャンネル)しているが、そのうち9チャンネルはメディア部門が直接運営(#J:COMオペレーションチャンネル)に携わり、それ以外のチャンネルには資本参加し、ケーブルテレビ局向け営業など一部業務を請け負っている(#資本参加チャンネル)。

2009年(平成21年)3月までは社内カンパニー制を導入し、組織名を「ジュピターTVカンパニー」とし、ブランド名は「ジュピターTV」を使用していた。

元来は住友商事アメリカ合衆国の大手MCOであったTCI合弁によって「株式会社ジュピター・プログラミング・ネットワーク(JPC)」として設立。のちに商号を「株式会社ジュピター・プログラミング」に変更し、さらに2006年(平成18年)1月1日には「株式会社ジュピターTV」に変更。

2007年(平成19年)9月に株式会社ジュピターテレコムに吸収合併された。

合併前までにジュピターテレコムと直接の資本関係はなかったが、設立時期がほぼ同時期であり、同じ住商・リバティ系としてMSO(ケーブルテレビ事業統括)とMCO(番組供給事業統括)で事業分担され、事実上の兄弟関係にあたり、ジュピターTVが運営するHDTVチャンネルをいち早く導入したり、ビデオ・オン・デマンド向けコンテンツ供給会社「ジュピターVOD」(2007年11月、ジュピターエンタテインメントに合併)を共同で立ち上げるなど緊密な関係であった。

ちなみに、合併当時ジュピターテレコムの社長だった森泉知行は、2000年から2003年までジュピター・プログラミングの社長を務めていた。

沿革[編集]

  • 1996年平成8年)
    • 3月22日
      • 株式会社ジュピター・プログラミング・ネットワーク(JPC)」として設立。
  • 2004年(平成16年)
    • 5月13日
      • 株式会社ジュピターテレコム、住友商事株式会社、リバティメディア・インターナショナルと、4社共同出資により「ジュピターVOD株式会社」を設立。
    • 9月
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 5月
      • 住友商事に対して1株の第三者割り当てを行い連結子会社となる。
    • 7月
      • 会社分割により、有料チャンネル事業を中心とした「(新)株式会社ジュピターTV」を設立。
      • (旧)株式会社ジュピターTVは商号を「SCメディアコム株式会社」に変更。
    • 9月
  • 2009年(平成22年)
    • 4月
      • 社内カンパニー制を廃止、「メディア事業部門」に改組。
    • 12月
  • 2010年(平成23年)
    • 3月3日
      • J:COMグループの新ブランドスローガンを策定し、出資・運営チャンネルもJ:COMブランドで展開[2]

出資・運営チャンネル[編集]

J:COMオペレーションチャンネル[編集]

資本参加チャンネル[編集]

かつての出資・運営チャンネル[編集]

  • ジェイ・スポーツ有限会社(のち有限会社ジュピタースポーツ(2010年10月清算結了)、100%出資、連結子会社)
  • ジュピターショップチャンネル株式会社(70%出資)
  • リアリティTVジャパン株式会社(50%出資、連結子会社、2008年4月会社解散)

放送事業者[編集]

かつての放送事業者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]