ジエゴ・ソウザ (1985年生のサッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・ソウザ第二姓(父方の)はアンドレイデです。

ジエゴ・ソウザことジエゴ・デ・ソウザ・アンドレイデブラジルリオデジャネイロ出身のサッカー選手。ポジションはFW。サンパウロFCに所属している。ブラジル代表

経歴[編集]

フルミネンセ[編集]

カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAに所属しているフルミネンセFCでキャリアを始める。当時はダブルボランチの一角、またミッドフィルダーとしてプレーしていた。2005年にはカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)優勝とコパ・ド・ブラジウの準優勝に貢献している。

SLベンフィカ・CRフラメンゴ[編集]

その直後デビューから1年半後が経ち、プリメイラ・リーガの強豪SLベンフィカに移籍し、1試合も出ることがないまま即CRフラメンゴにレンタルされた。帰国後、体調を崩してしまったがすぐに回復し、10番を背負って降格の危機を救った。

しかしベンフィカに復帰後も出場機会を得ることができず、ブラジルのSEパルメイラスに375万ユーロで移籍した[1]

2012年6月10日、サウジ・プロフェッショナルリーグアル・イテハドに3年契約で移籍した[2]

代表歴[編集]

2004年、ブラジルのU20代表チームに初招集された。

2009年10月11日のボリビア代表戦でA代表デビューを飾った。2017年6月のオーストラリア代表戦で開始わずか10秒で先制ゴールを決める[3]

2017年11月10日の日本代表との親善試合でも召集され[4]、後半13分から出場した。

脚注[編集]