ジェームス・マクドネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェイミー・マクドネル
基本情報
階級 バンタム級
身長 175cm
リーチ 182cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1986-03-30) 1986年3月30日(32歳)
出身地 サウス・ヨークシャー州ドンカスター
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 29
KO勝ち 13
敗け 3
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ジェイミー・マクドネル(Jamie McDonnell, 1986年3月30日 - )は、イギリスプロボクサーサウス・ヨークシャー州ドンカスター出身。元IBF世界バンタム級王者。元WBA世界バンタム級王者。ジャブを主体に試合を作る技巧派、堅実に試合を進めていくことができ、打たせずに打つボクシングスタイル。エディー・ハーンのマッチルーム・スポルト所属。双子の弟ギャビン・マクドネルもプロボクサー。

来歴[ソースを編集]

1986年3月30日にスコットランド系の家庭に生まれた。

2005年9月16日、ドンカスターにあるドンカスタードームでデビュー戦を行い、6回判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2007年2月23日、ドンカスターにあるドンカスタードームでウェイン・ブロイとBBBofCイングランドバンタム級王座決定戦を行い、3回2分34秒TKO勝ちを収め王座を獲得した。

2007年12月8日、ランカシャー州ウィガンにあるロビン・パーク・センターにて、クリス・エドワーズとBBBofC英国スーパーフライ級王座決定戦で対戦するも動きが悪く、パンチを多く被弾した。プロ初黒星となる12回1-2(114-115、113-116、116-113)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2010年1月22日、エセックス州ブレントウッドにあるブレントウッド・センター・アリーナで、イアン・ナパの持つBBBofC英国バンタム級王座と空位のコモンウェルスイギリス連邦バンタム級王座を懸け対戦し、12回2-1(114-115、115-114、117-112)の判定勝ちを収めBBBofC英国王座の獲得、コモンウェルスイギリス連邦王座の獲得に成功した。

2010年3月20日、自身初の海外試合。フランスに乗り込み、ジェローム・アーノルド(フランス)と空位のEBU欧州バンタム級王座を賭け対戦し、10回TKO勝ちを収め王座を獲得した。

2011年1月22日、ドンカスターにあるドンカスタードームにて、シュテファーヌ・ジャモエベルギー)と対戦し、12回2-0(114-113、114-114、115-113)の判定勝ちを収めEBU王座の2度目の防衛に成功した。

2011年9月3日、シェフィールドにあるヒルズボロ・スタジアムスチュアート・ホール(イギリス)と対戦し、12回3-0(115-113、116-114、116-113)の判定勝ちを収めコモンウェルスイギリス連邦王座は2度目、EBU王座は3度目の防衛に成功、BBBofC英国王座への返り咲きに成功した。

2012年3月3日、シェフィールドにあるヒルズボロ・スタジアムでアイヴァン・ポソ(スペイン)と対戦し、2回2分11秒TKO勝ちを収めEBU王座の4度目の防衛に成功した。

2012年10月20日、シェフィールドにあるモーターポイント・アリーナ・シェフィールドにて、IBF世界バンタム級王者レオ・サンタ・クルスへの挑戦権を賭け、ダーウィン・ザモラ(ニカラグア)と対戦。6回にザモラの目尻を有効打でカットし有利に進め、8回ザモラの目尻が腫れて視界を塞いだため棄権。サンタ・クルスへの挑戦権を獲得。ランキングを1位に上げた。

2013年5月11日、ドンカスターにあるキープモート・スタジアムにて、レオ・サンタ・クルスが返上したIBF世界バンタム級王座を賭け、IBF世界バンタム級3位のフリオ・セハメキシコ)と対戦した。24戦全勝でKO率が90%近いセハの強打を終始マクドネルが高い防御技術で封じ、最後は打ち合って打撃戦にも対応出来ることを証明し、12回2-0(114-114、118-110、115-113)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2013年10月18日、マクドネルがヴィシー・マリンガとの間で指名試合を行う姿勢を見せない為、IBF世界バンタム級王座を剥奪された[2]

2013年11月23日、マンチェスターにあるマンチェスター・アリーナにて、バーナード・イノムと対戦し、7回1分47秒TKO勝ちを収めた。

2013年12月14日、ロンドンにあるエクセル・アリーナにて、アビゲイル・メディナと対戦し、8回判定勝ちを収めた。

2014年5月31日、ロンドンにあるウェンブリー・スタジアムにて、カール・フローチジョージ・グローブスの前座で、亀田興毅が返上したWBA世界バンタム級王座を懸け、WBA世界バンタム級3位のタプティムデーン・ナ・ラチャワッと対戦し、10回2分0秒TKO勝ちを収め7ヵ月ぶりの王座返り咲きに成功、IBFに続く王座獲得に成功した[3]

2014年11月22日、リヴァプールエコー・アリーナ・リヴァプールにてネイサン・クレバリー対トニー・ベローの前座でウァルベルト・ラモスと対戦予定だったが、ハビエル・チャコンとの対戦に変更となった。試合は10回開始早々にチャコンの右肩が脱臼したため10回39秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した。

2015年5月9日、アメリカ・テキサス州ヒダルゴ郡イダルゴステート・ファーム・アリーナにて、オマール・フィゲロアリッキー・バーンズの前座でWBO世界バンタム級王者亀田和毅と王座統一戦で対戦する予定だったが、同年3月にWBOのフランシスコ・バルカルセル会長が「マクドネルはWBOのランキングにランクインすらしていない。WBOが認めるWBA王者はパヤノ一人」、「我々の許可を得ずにWBO王者が他団体の王者と対戦した場合、直ちに王座を剥奪される恐れがある」とツイッターで発信[4][5]、WBOも公式ツイッターで「我々は一階級に一人の王者だけ認めている。我々は亀田対マクドネルを統一戦とは認めることが出来ない。パヤノがWBAの王者だ」と発信した[6]。同年4月21日にはWBOが正式にWBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノがマクドネルより上位の王者として在位していることを理由にジェイミー・マクドネル対亀田和毅戦をWBA・WBO世界バンタム級王座統一戦とは認めないと発表し、試合を強行した場合は亀田和毅のWBO王座剥奪も辞さないと警告した[7][8][9][10]。その結果、亀田が同年4月24日にWBO世界バンタム級王座を返上した為[11]、試合はマクドネルが保持するWBA世界バンタム級王座に亀田和毅が挑戦する形で行われ、3回にプロ初のダウンを喫したものの、5回から反撃を開始し体格で勝るマクドネルが押し気味に試合を進め、12回3-0(3者とも114-113)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[12][13][14][15]

2015年9月6日、テキサス州コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターにてアンソニー・ディレルVSマルコ・アントニオ・ルビオの前座でWBA世界バンタム級4位の亀田和毅と再戦し、12回3-0(116-111、115-112、117-110)の判定勝ちを収め4ヵ月ぶりの再戦を制し、3度目の防衛に成功した[16][17]

2016年1月28日、WBAはWBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノと正規王者のマクドネルに対し王座統一戦に関する対戦交渉を行い、30日以内に合意するよう指令を出した。対戦交渉が難航し合意に至らなければ入札になるとのこと[18][19]

2016年4月9日、O2アリーナでWBA世界バンタム級15位のフェルナンド・バルガスと対戦し、9回2分39秒KO勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[20][21]。当初は元IBF世界スーパーフライ級王者ファン・アルベルト・ロサスと対戦する予定だったが怪我をした為、バルガスに変更された。

2016年7月1日、WBAはWBA世界バンタム級スーパー王者のルーシー・ウォーレンと正規王者のマクドネルに対し王座統一戦に関する対戦交渉を行い30日以内に合意するよう指令を出した。対戦交渉が合意に至らなければ入札になるとのこと[22][23]

2016年8月3日、WBAは最低入札価格を12万ドルとする入札を同月15日にWBA本部で行うと通達を出した。報酬の75%はウォーレンに分配され、残りの25%がマクドネルに分配されるとのこと[24][25][26]

2016年8月14日、ウォーレン陣営とマクドネル陣営が入札を前に王座統一戦を行うことで合意した[27][28][29]

2016年11月12日、モンテカルロのサル・デゼトワールで元WBA世界スーパーフライ級王者でWBA世界バンタム級2位のリボリオ・ソリスと対戦し、12回3-0(116-112、115-113、117-111)の判定勝ちを収め、5度目の防衛戦に成功した[30][31][32]

2017年2月1日、WBAは正規王者のマクドネルとWBA世界バンタム級4位のリボリオ・ソリスに対し、再戦指令を出した。同年1月31日から30日以内に再戦することで合意に至らなければ入札になるとのこと[33][34][35]

2017年6月20日、WBAは上述の再戦指令に基づく対戦交渉が合意に至らなかった為、同年7月3日に正規王者のマクドネル対WBA世界バンタム級3位リボリオ・ソリス戦に関する入札を行うと発表した[36][37]

2017年7月3日、WBAはマクドネル陣営とソリス陣営が再戦することで合意した為、同日に予定していた入札を中止したと発表した[38][39][40]

2017年8月9日、WBAは同年7月3日にWBA世界バンタム級正規王者のジェイミー・マクドネルとWBA世界バンタム級3位のリボリオ・ソリスが再戦することで合意したから入札を中止したにもかかわらずマクドネルとソリスが再戦を行わないため、同月21日にWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル対WBA世界バンタム級3位リボリオ・ソリス戦に関する入札を行うと発表した。最低入札価格は12万ドルで報酬の配分は75%がマクドネルに配分され、残りの25%がソリスに配分されるとのこと[41][42]

2017年8月19日、WBAはマクドネル陣営とソリス陣営が再戦することで改めて合意したため同月21日に予定していた入札を中止すると発表した。WBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネルとWBA世界バンタム級3位リボリオ・ソリスがいつ再戦し、どこで再戦するのかは後日発表されるとのこと[43]

2017年9月25日、同年11月4日にモンテカルロのカジノ・ド・モンテカルロ内サル・メディシンでWBA世界バンタム級正規王者のジェイミー・マクドネルとWBA世界バンタム級3位のリボリオ・ソリスが再戦することが決定した[44][45]

2017年11月4日、モンテカルロのカジノ・ド・モンテカルロ内サル・メディシンでWBA世界バンタム級3位のリボリオ・ソリスと再戦し、3回開始から程なくして偶然のバッティングでマクドネルが左眉上をカットし一度は試合続行が認められたものの、打撃戦の様相を見せ始めたところで主審が試合を止めリングドクターがマクドネルの傷の状態がひどく試合続行不可能と判断すると無判定と宣告され試合終了。5ヵ月ぶりの再戦は3回2分45秒無効試合という結果になったが、6度目の防衛に成功した。試合後、マクドネルはスーパーバンタム級転向の意向を示した[46][47][48][49]

2017年11月30日、WBAは最新ランキングを発表し、マクドネルがスーパーバンタム級に転向するために返上したWBA世界バンタム級正規王座を空位とし、マクドネルは2017年11月度のWBA世界スーパーバンタム級ランキングからランク外となった[50][51]

2017年12月7日、WBAは公式サイト上でマクドネルが6度目の防衛に成功したことやマクドネルは未だWBA世界バンタム級正規王者であると発表した[52]

2017年12月31日、WBAは最新ランキングを発表し、改めてマクドネルをWBA世界バンタム級正規王者としてランクインした[53]

2018年5月25日、大田区総合体育館で元世界2階級制覇王者でWBA世界バンタム級2位の井上尚弥と対戦し、初回1分52秒TKO負けを喫し7度目の防衛に失敗、王座から陥落した[54][55]。マクドネルは減量に苦しみ、前日計量を遅刻してまでギリギリの減量を行った後、1日で12kgも体重を回復させるなど、バンタム級での出場に難しさを見せた[56]

獲得タイトル[ソースを編集]

  • BBBofCイングランドバンタム級王座
  • BBBofC英国バンタム級王座
  • コモンウェルスイギリス連邦バンタム級王座
  • EBU欧州バンタム級王座
  • IBF世界バンタム級王座(防衛0=剥奪)
  • WBA世界バンタム級王座(防衛6)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ マクドネル、セハに判定勝利 IBFバンタム級王座決定戦”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2013年5月12日). 2013年5月12日閲覧。
  2. ^ IBF、マクドネルの王座を剥奪 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月19日
  3. ^ マクドネルが亀田興の後継王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月1日
  4. ^ Not sure why there's talk about Kameda-McDonnell.”. 本人ツイッター (2015年3月19日). 2015年3月22日閲覧。
  5. ^ If any WBO title holder faces any champion”. 本人ツイッター (2015年3月24日). 2015年4月1日閲覧。
  6. ^ We only recognize 1 champ per division.”.  公式ツイッター (2015年3月19日). 2015年3月22日閲覧。
  7. ^ PROPOSED UNIFICATION CHAMPIONSHIP TOMOKI KAMEDA VS. JAMIE MCDONNELL WBO公式サイト 2015年4月21日
  8. ^ 亀田和の統一戦認めず 世界ボクシング機構 日本経済新聞 2015年4月22日
  9. ^ 亀田和毅、マクドネル戦強行ならタイトルはく奪も Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月23日
  10. ^ WBO rejects Kameda-McDonnell unification”. Fightnews.com (2015年4月21日). 2015年5月13日閲覧。
  11. ^ 亀田和毅がWBOタイトル返上、5.9マクドネル戦へ 2015年4月24日
  12. ^ Kameda vs McDonnell Scorecard Premier Boxing Champions 2015年5月9日
  13. ^ Photo Gallery: Jamie McDonnell retain by UD against Tomoki Kameda WBA公式サイト 2015年5月10日
  14. ^ 和毅 判定負けで王座奪取ならず…32戦目でプロ初黒星 スポニチアネックス 2015年5月10日
  15. ^ 亀田和毅、ダウン奪うもWBA王者マクドネルに惜敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月10日
  16. ^ McDonnell Defeats Kameda…Again WBA公式サイト 2015年9月6日
  17. ^ 亀田和毅リベンジならずも「はっきり勝ったと思う」 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月7日
  18. ^ WBA Orders Payano vs. McDonnell WBA公式サイト 2016年1月28日
  19. ^ WBAがまた“統一戦”指令、今度はバンタム級 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月28日
  20. ^ McDonnell KOs Vargas to Retain Title WBA公式サイト 2016年4月9日
  21. ^ Fe級セルビー、B級マクドネルが防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月10日
  22. ^ WBA Championships Committee Mandatories WBA公式サイト 2016年7月1日
  23. ^ WBAがコラレスら3王者に指名戦オーダー Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月1日
  24. ^ WBA Announces Three Purse Bids WBA公式サイト 2016年8月3日
  25. ^ リング誌電子版が“ニューフェイス”拳四朗を紹介 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月5日
  26. ^ WBA Purse Bids on August 15 WBA公式サイト 2016年8月13日
  27. ^ Warren and McDonnell Agree to Terms WBA公式サイト 2016年8月14日
  28. ^ Purse Bid Results from Panama WBA公式サイト 2016年8月15日
  29. ^ ウォーレンvsマクドネル、WBA“統一戦”が合意 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月16日
  30. ^ McDonnell retains WBA bantamweight title Fightnews.com 2016年11月12日
  31. ^ McDonnell Outpoints Solis to Retain WBA Title WBA公式サイト 2016年11月13日
  32. ^ マクドネル判定でV5成功、ソリス奮闘も及ばず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月13日
  33. ^ WBA orders McDonnell-Solis rematch Fightnews.com 2017年2月1日
  34. ^ あす豪州古豪対決、マクドネルvsソリス再戦指令 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月2日
  35. ^ WBA Orders McDonnell vs. Solis Rematch WBA公式サイト 2017年2月3日
  36. ^ McDonnell-Solis Purse Bid Summoned WBA公式サイト 2017年6月20日
  37. ^ OPBF5月度ランキング、マクドネルvsソリスⅡ入札 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月21日
  38. ^ McDonnell-Solis agree to rematch Fightnews.com 2017年7月3日
  39. ^ McDonnell and Solis reach agreement WBA公式サイト 2017年7月3日
  40. ^ パッキャオvsホーン視聴件数平均310万件 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月4日
  41. ^ McDonnell-Solis goes to purse bids WBA公式サイト 2017年8月9日
  42. ^ WBA calls for McDonnell-Solis purse bid Fightnews.com 2017年8月10日
  43. ^ McDonnell and Solis reached a new agreement WBA公式サイト 2017年8月19日
  44. ^ Bivol-Broadhurst set for Nov 4 Fightnews.com 2017年9月25日
  45. ^ Liborio Solis focused on rematch for the WBA world title WBA公式サイト 2017年10月9日
  46. ^ McDonnell retains WBA title on no decision Fightnews.com 2017年11月4日
  47. ^ McDonnell vs. Solis Rematch Ends in No-Decision After Head Clash Boxing Scene.com 2017年11月4日
  48. ^ 海外結果 マクドネルvsソリス再戦は無判定試合 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月5日
  49. ^ McDonnell Retains Title With No Decision Against Solis WBA公式サイト 2017年11月6日
  50. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年11月30日
  51. ^ McDonnell vacates WBA bantamweight title Fightnews.com 2017年12月4日
  52. ^ McDonnell retains WBA Bantamweight Championship WBA公式サイト 2017年12月7日
  53. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年12月31日
  54. ^ 井上尚弥が初回TKO勝 マクドネル圧倒し3階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月25日
  55. ^ Inoue Blows Out McDonnell in 1st Round to Win Bantamweight Title BoxingScene.com 2018年5月25日
  56. ^ モンスター尚弥が日本人最速!3階級制覇 WBSSトーナメント出場宣言も”. デイリースポーツ. 2018年5月26日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

空位
前タイトル保持者
レオ・サンタ・クルス
IBF世界バンタム級王者

2013年5月11日 - 2013年10月18日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
スチュアート・ホール
空位
前タイトル保持者
亀田興毅
WBA世界バンタム級王者

2014年5月31日 - 2018年5月25日

次王者
井上尚弥