ネイサン・クレバリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネイサン・クレバリー
Nathan Cleverly.jpg
基本情報
本名 ネイサン・クレバリー
通称 Clev
階級 クルーザー級
身長 187cm
リーチ 188cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1987-02-17) 1987年2月17日(32歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズケアフィリ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 30
KO勝ち 16
敗け 4
テンプレートを表示

ネイサン・クレバリーNathan Cleverly、男性、1987年2月17日 - )は、イギリスプロボクサーウェールズケアフィリ出身。元WBO世界ライトヘビー級王者。元WBA世界ライトヘビー級王者。

来歴[編集]

2005年7月23日、プロデビュー。

2008年10月10日、トニー・オーケー(イギリス)とコモンウェルスイギリス連邦ライトヘビー級王座決定戦を行い、12回判定勝ちで王座を獲得した。

2008年12月12日、ダグラス・オティエノ(ケニア)4回KO勝利で下しコモンウェルスイギリス連邦王座の初防衛に成功した。

2009年7月18日、ダニー・マクリントッシュ(イギリス)を7回1分30秒TKO勝利で下し4度目の防衛を成功すると同時に、BBBofC英国ライトヘビー級王座を獲得した。

2009年10月9日、コートニー・フライ(イギリス)を8回2分51秒TKO勝ちで下しコモンウェルスイギリス連邦王座は5度、BBBofC英国王座は初防衛に成功した。

2010年2月13日、アントニオ・ブランカリオン(イタリア)とEBU欧州ライトヘビー級王座決定戦を行い、5回TKO勝ちを収め王座を獲得した。同王座は1度も防衛せずに返上。

2010年9月18日、カロ・ムラト(ドイツ)とWBO世界ライトヘビー級挑戦者決定戦を行い、10回TKO勝ちを収めユルゲン・ブリーマーへの挑戦権を獲得した。

2010年12月11日、ナジブ・モハメディフランス)とWBO世界ライトヘビー級暫定王座決定戦を行い、12回判定勝ちを収め王座を獲得した。

2011年5月、正規王者ユルゲン・ブリーマー(ドイツ)の王座剥奪に伴い正規王座に認定された。

2011年5月21日、O2アリーナでアレクシー・クゼンスキ(ポーランド)と対戦し、4回1分27秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年10月15日、カーディフモーターポイント・アリーナ・カーディフトニー・ベリュー(イギリス)と対戦し、3-0(3者共に120-108)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2012年2月25日、リヴァプールエコ・アリーナ・リヴァプールでトミー・カーペンシー(アメリカ)と対戦し、12回2-0(117-112、114-114、116-113)判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2012年11月10日、ステイプルズ・センターでショーン・ホーク(アメリカ)と対戦し、8回1分53秒TKO勝ちを収め4度目の防衛に成功した[1]

2013年4月20日、ウェンブリー・アリーナでロビン・クラスニキ(ドイツ)と対戦し、12回3-0(119-109、120-108×2)の判定勝ちを収め5度目の防衛に成功した[2]

2013年8月17日、カーディフのモーターポイント・アリーナ・カーディフでセルゲイ・コバレフロシア)と対戦し、プロ初黒星となる4回21秒TKO負けを喫し6度目の防衛に失敗、王座から陥落した[3]

2014年5月17日、階級をクルーザー級へ上げてショーン・コービン(トリニダード・トバゴ)と復帰戦を行い、2回TKO勝利を収めた[4]

2014年11月22日、リヴァプールのエコ・アリーナ・リヴァプールでトニー・ベリュー(イギリス)とWBO世界クルーザー級王者マルコ・フックの指名挑戦者決定戦で対戦し、12回1-2の判定で敗れた[5][6]

2015年10月16日、シカゴUICパビリオンWBCインターナショナルライトヘビー級王者のアンドルー・フォンファラ(ポーランド)と対戦し、12回0-3(113-115、112-116×2)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[7]

2016年10月1日、ノイブランデンブルクヤーン・シュポルト・フォルムでWBA世界ライトヘビー級王者ユルゲン・ブリーマーと対戦し、7回終了時にブリーマーが右肘を捻り棄権した為、WBOに続く王座獲得に成功した[8][9]

2016年11月1日、WBAクレバリーをWBAの2016年10月度の月間優秀選手賞に選出した[10]

2017年7月27日、WBAはWBA世界ライトヘビー級正規王者のネイサン・クレバリーとWBA世界ライトヘビー級暫定王者のディミトリー・ビボルに対しは30日間の交渉期間内に王座統一戦を行うよう指令を出した[11][12]

2017年8月12日、WBAはクレバリー陣営からの要請に応じ同年8月26日にラスベガスで行われる元WBC世界スーパーミドル級王者でWBA世界ライトヘビー級11位のバドゥ・ジャックとの対戦を特別に許可した。ネイサン・クレバリー対バドゥ・ジャック戦の勝者はディミトリー・ビボルと王座統一戦に関する対戦交渉を開始する義務を負うのだが、同年9月11日までに対戦交渉で合意を得られなければ入札になる事を示唆した[13][14]

2017年8月26日、T-モバイル・アリーナにてフロイド・メイウェザー・ジュニアVSコナー・マクレガーの前座で元WBC世界スーパーミドル級王者でWBA世界ライトヘビー級10位のバドゥ・ジャックと対戦し、5回2分47秒TKO負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[15][16][17]。試合後、自身のTwitterで現役引退を表明した[18][19][20]

2017年8月31日、WBAはクレバリーをWBA世界ライトヘビー級10位にランクインした[21][22]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:36戦32勝4敗
  • プロボクシング:34戦30勝(16KO)4敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年7月23日 4R 判定 アーニー・スミス イギリスの旗 イギリス プロデビュー戦
2 2005年9月10日 4R 判定 ダーレン・ゲシン イギリスの旗 イギリス
3 2005年12月4日 3R 2:27 TKO ランス・ホール イギリスの旗 イギリス
4 2006年3月4日 4R 判定 ジョン・フォスター イギリスの旗 イギリス
5 2006年6月1日 4R 判定 ブレンダン・ハルフォード イギリスの旗 イギリス
6 2006年7月8日 4R 判定 マーク・フィリップス イギリスの旗 イギリス
7 2006年10月14日 5R 0:57 TKO トニー・キーグレー イギリスの旗 イギリス
8 2006年11月18日 4R 判定 ワルザン・デイタン イギリスの旗 イギリス
9 2007年4月7日 8R 判定 ニック・オコス イギリスの旗 イギリス
10 2007年7月21日 6R 2:43 KO アイティ・パワーズ イギリスの旗 イギリス
11 2007年11月3日 8R 判定 ジョーイ・ベガス イギリスの旗 イギリス
12 2008年4月19日 8R 判定3-0 アントニオ・バーカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13 2008年10月10日 12R 判定3-0 トニー・オーケー イギリスの旗 イギリス コモンウェルスイギリス連邦ライトヘビー級王座決定戦
14 2008年12月12日 4R 2:39 KO ダグラス・オティエノ  ケニア コモンウェルス防衛1
15 2009年2月13日 1R 2:15 TKO サムソン・オンヤンゴ  ケニア コモンウェルス防衛2
16 2009年5月22日 2R 2:22 TKO ビリー・ボイル イギリスの旗 イギリス コモンウェルス防衛3
17 2009年7月18日 7R 1:35 TKO ダニー・マクリントッシュ イギリスの旗 イギリス コモンウェルス防衛4
BBBofC王座獲得
18 2009年10月9日 8R 2:51 TKO コートニー・フライ イギリスの旗 イギリス コモンウェルス防衛5
BBBofC防衛1
19 2010年2月13日 5R 1:15 TKO アントニオ・ブランカリオン イタリアの旗 イタリア EBU欧州ライトヘビー級王座決定戦
20 2010年9月18日 10R 3:00 TKO カロ・ムラト ドイツの旗 ドイツ WBO世界ライトヘビー級指名挑戦者決定戦
21 2010年12月11日 12R 判定3-0 ナジブ・モハメディ フランスの旗 フランス WBO世界ライトヘビー級暫定王座決定戦→正規王座認定
22 2011年5月21日 4R 1:27 TKO アレクシー・クゼンスキ ポーランドの旗 ポーランド WBO防衛1
23 2011年10月15日 12R 判定2-0 トニー・ベリュー イギリスの旗 イギリス WBO防衛2
24 2012年2月25日 12R 判定3-0 トミー・カーペンシー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛3
25 2012年11月10日 8R 1:53 TKO ショーン・ホーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBO防衛4
26 2013年4月20日 12R 判定3-0 ロビン・クラスニキ ドイツの旗 ドイツ WBO防衛5
27 2013年8月17日 4R 0:29 TKO セルゲイ・コバレフ ロシアの旗 ロシア WBO陥落
28 2014年5月17日 2R 2:29 TKO ショーン・コービン トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ WBAインターコンチネンタルクルーザー級王座決定戦
29 2014年7月12日 4R 1:16 TKO アレハンドロ・エミリオ・バロリ アルゼンチンの旗 アルゼンチン WBAインターコンチネンタル王座防衛1
30 2014年11月22日 12R 判定1-2 トニー・ベリュー イギリスの旗 イギリス
31 2014年11月22日 1R 0:24 KO トーマス・マン  チェコ
32 2015年10月16日 12R 判定0-3 アンドルー・フォンファラ ポーランドの旗 ポーランド WBCインターナショナルライトヘビー級タイトルマッチ
33 2016年10月1日 7R 3:00 TKO ユルゲン・ブリーマー ドイツの旗 ドイツ WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
34 2017年8月27日 5R 2:47 TKO バドゥ・ジャック  スウェーデン WBA王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • コモンウェルスイギリス連邦ライトヘビー級王座(防衛4→返上)
  • BBBofC英国ライトヘビー級王座(防衛1→返上)
  • EBU欧州ライトヘビー級王座(防衛0→返上)
  • WBAインターコンチネンタルクルーザー級王座(防衛1)
  • WBO世界ライトヘビー級暫定王座(防衛0→正規王座に認定)
  • WBO世界ライトヘビー級王座(防衛5)
  • WBA世界ライトヘビー級(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ クレバーリー米国デビュー ホークに圧勝 ボクシングニュース「Box-on!」2012年11月11日
  2. ^ クレバリーが防衛=WBOライトヘビー級 時事通信社 2013年4月21日
  3. ^ コバレフ、クレバーリーを撃沈 WBO・L・ヘビー級戦 ボクシングニュース「Box-on!」2013年8月19日
  4. ^ 英国のセルビーが挑戦権獲得、WBCフェザー級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月18日
  5. ^ 大竹秀典、0-3判定負けでタイトル獲得ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月23日
  6. ^ Bellew beats Cleverly in grudge rematch”. Fight.News.com (2014年11月22日). 2014年11月23日閲覧。
  7. ^ Kono retains WBA 115lb title against Kameda; Fonfara outslugs Cleverly Fightnews.com 2015年10月16日
  8. ^ High Noon in Deutschland: Cleverly Upsets Braehmer WBA公式サイト 2016年10月1日
  9. ^ クレバーリーが王者復帰、ブリーマーV7失敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月2日
  10. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年11月1日
  11. ^ WBA orders Marrero-Rojas, Cleverly-Bivol Fightnews.com 2017年7月27日
  12. ^ WBA orders Cleverly vs. Bivol WBA公式サイト 2017年7月27日
  13. ^ Cleverly received special permission WBA公式サイト 2017年8月12日
  14. ^ 2階級制覇狙うジャック、8.26クレバーリーに挑戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月12日
  15. ^ Jack dominates and dethrones WBA champ Cleverly Fightnews.com 2017年8月26日
  16. ^ Badou Jack is the new WBA Champion WBA公式サイト 2017年8月27日
  17. ^ バルガスがWBC・SB級V1、ジャックは2階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月27日
  18. ^ King Clev参照。
  19. ^ Nathan Cleverly: Welsh boxer retires after losing WBA title to Badou Jack BBCSPORT 2017年8月27日
  20. ^ Nathan Cleverly Announces Retirement After Badou Jack TKO Defeat Boxing Scene.com 2017年8月27日
  21. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年8月31日
  22. ^ The WBA published August Ranking WBA公式サイト 2017年8月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ナジブ・モハメディ
WBO世界ライトヘビー級暫定王者
2010年12月11日 - 2011年5月
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
ユルゲン・ブリーマー
WBO世界ライトヘビー級王者

2011年5月 - 2013年8月17日

次王者
セルゲイ・コバレフ
前王者
ユルゲン・ブリーマー
WBA世界ライトヘビー級王者

2016年10月1日 - 2017年8月26日

次王者
バドゥ・ジャック