ジョージ・グローブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョージ・グローブス
George groves - wembley 2011.11.05.jpg
基本情報
本名 ジョージ・グローブス
通称 Saint (聖人)
階級 スーパーミドル級
身長 182cm
リーチ 183cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1988-03-26) 1988年3月26日(30歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 28
KO勝ち 20
敗け 3
テンプレートを表示

ジョージ・グローブスGeorge Groves、男性、1988年3月26日 - )は、イギリスプロボクサー、元キックボクサー。現WBA世界スーパーミドル級スーパー王者ロンドン出身。ヴィルフリート・ザウアーラント (Wilfried Sauerland) が代表兼プロモーターを務めるザウアーラント・イベント所属。打撃戦を好み、打ち下ろしのフックが最大の武器だが防御の甘さがあり、カール・フローチとの2戦は判定でリードを奪いながらも逆転で敗れている。トレーナーはバリー・マクギガンの息子シェーン・マクギガン。

来歴[編集]

7歳の時にグローブスの非常に内気な性格を心配した父親に連れられキックボクシングを始め、ジュニアヨーロッパ王者、ジュニア世界王者になっている[1]。その後アマチュアボクシングへ転向。

アマチュア時代の戦績は76勝66勝10敗。66勝のうち40勝がストップ勝ちで強打を誇った。

プロへ転向して、デビッド・ヘイが主催するヘイメーカー・プロモーションズと契約を交わした。

2008年11月15日、O2アリーナでデビュー戦を行い、6回判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2010年4月3日、マンチェスターマンチェスター・アリーナでコモンウェルイギリス連邦スーパーミドル級王者チャールズ・アダムと対戦し、6回2分51秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年7月31日、ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターでアルフレド・コントレラスと対戦し、6回48秒TKO勝ちを収めた。

2010年11月13日、マンチェスター・アリーナでケニー・アンダーソンと対戦し6回2分35秒TKO勝ちで初防衛に成功した。

2011年5月21日、02アリーナでBBBofC英国スーパーミドル級王者ジェームス・デゲールと対戦し、2回1分18秒TKO勝ちを収めコモンウェルス王座の2度目の防衛に成功、BBBofC英国王座の獲得にも成功した[2]

フランク・ウォーレンと3年契約を発表しプロモーターを変更した。

2012年12月15日、ロンドンエクセル展覧会センターで元IBF世界ライトヘビー級王者グレンコフ・ジョンソンと対戦し、3-0(2者が120-107、119-109が1者)の判定勝ちを収めコモンウェルス王座の3度目の防衛に成功した。

2013年5月25日、02アリーナでノエ・ゴンサレスとWBAインターコンチネンタルスーパーミドル級王座決定戦を行い、5回51秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年11月23日、マンチェスター・アリーナでWBA・IBF世界スーパーミドル級統一王者カール・フローチと対戦し、初回からダウンを奪う優勢な試合運びを見せていたが9回にフローチが反攻に転じたところで試合が止められ、プロ初黒星となる9回1分33秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[3]。しかし、リングサイドで観戦していたデビッド・ヘイやアミール・カーンが苦言を呈したほどレフェリーのストップが早く、試合ストップまで3人のジャッジすべてがグローブスの勝ちと採点していた事で物議を醸した。

2014年5月20日、ザウアーラント・イベントと契約を交わして所属選手になったことを発表、これまではエディ・ハーンのマッチルーム・スポルトと試合ごとにプロモーター契約を交わしていた[4]

2014年5月31日、ウェンブリー・スタジアムでWBA・IBF世界スーパーミドル級統一王者のカール・フローチと対戦し、8回2分34秒KO負けを喫し王座獲得に失敗、6ヵ月ぶりの再戦で借りを返すことが出来なかった[5]

2014年9月20日、ウェンブリー・アリーナでクリストファー・レブラッセの持つEBU欧州スーパーミドル級王座並びに空位のWBC世界スーパーミドル級シルバー王座を懸け対戦し、3-0(118-110、118-110、117-111)の判定勝ちを収めEBU王座の獲得に成功、WBCシルバー王座の獲得にも成功した。

2014年11月22日、エコー・アリーナ・リヴァプールでデニス・ドウグリンと対戦し、7回2分54秒TKO勝ちを収めWBC世界スーパーミドル級シルバー王座の初防衛に成功した。

2015年9月12日、アメリカのMGMグランド・ガーデン・アリーナにてフロイド・メイウェザー・ジュニアVSアンドレ・ベルトの前座でWBC世界スーパーミドル級王者のバドゥ・ジャックと対戦し、1-2(114-113、112-115、111-116)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[6]

2016年1月30日、カッパー・ボックスアンドレア・ディ・ルイサと対戦し、5回1分55秒TKO勝ちを収め再起を果たした[7][8]

2016年4月9日、O2アリーナでデビッド・ブロフィとWBAインターナショナルスーパーミドル級王座決定戦を行い、4回47秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2016年6月25日、O2アリーナで元WBA世界ミドル級暫定王者マーティン・マレーと対戦し、3-0(3者共118-110)の判定勝ちを収めWBAインターナショナル王座の初防衛に成功した。この試合はWBA世界スーパーミドル級挑戦者決定戦も兼ねていた為、グローブスが挑戦権を獲得した[9][10]

2016年12月8日、WBAがWBA世界スーパーミドル級1位のヒョードル・チュディノフとWBA世界スーパーミドル級2位のジョージ・グローブスにフェリックス・シュトルムの返上に伴うWBA世界スーパーミドル級スーパー王座決定戦を行うよう指令を出した[11]

2017年4月21日、WBAはWBA世界スーパーミドル級1位のヒョードル・チュディノフとWBA世界スーパーミドル級2位のジョージ・グローブスに対しWBA世界スーパーミドル級スーパー王座決定戦を行うよう再度指令を出し、勝者はWBA世界スーパーミドル級正規王者との対戦を義務付けた[12][13]

2017年5月27日、シェフィールドブラモールレーンでWBA世界スーパーミドル級1位のヒョードル・チュディノフとWBA世界スーパーミドル級スーパー王座決定戦を行い、6回1分14秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[14][15]

2017年10月14日、SSEアリーナ・ウェンブリーで行われたWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)スーパーミドル級準々決勝でWBA世界スーパーミドル級9位のジェイミー・コックスと対戦し、4回1分42秒KO勝ちを収め初防衛に成功、WBSSの準決勝に進出した。WBSS準決勝では元WBA世界ミドル級暫定王者でIBO世界スーパーミドル級王者のクリス・ユーバンク・ジュニアと対戦になった[16][17][18]

2018年2月17日、マンチェスター・アリーナで行われたWBSSスーパーミドル級準決勝で元WBA世界ミドル級暫定王者でIBO世界スーパーミドル級王者のクリス・ユーバンク・ジュニアと王座統一戦を行い、12回3-0(117-112、116-112、115-113)の判定勝ちを収め、IBO王座を獲得しWBAスーパー王座は2度目の防衛に成功、WBSSの決勝に進出した[19][20][21]

2018年6月2日、ロンドンのO2アリーナでカラム・スミスとWBSSスーパーミドル級決勝を行うことが決まっていたが、グローブスが肩を負傷したことで延期された[22]

獲得タイトル[編集]

  • コモンウェルスイギリス連邦スーパーミドル級王座
  • BBBofC英国スーパーミドル級王座
  • WBAインターコンチネンタルスーパーミドル級王座
  • EBU欧州スーパーミドル級王座
  • WBC世界スーパーミドル級シルバー王座
  • WBAインターナショナルスーパーミドル級王座
  • WBA世界スーパーミドル級スーパー王座(防衛2)
  • IBO世界スーパーミドル級王座

脚注[編集]

  1. ^ George Groves - how a shy youngster grew up to negotiate the biggest fight of his life... he's a control freak ready to beat Carl Froch Daily Mail 2014年5月28日
  2. ^ 正規王者クレバーリー、急造挑戦者をストップ ボクシングニュース「Box-on!」 2011年5月22日
  3. ^ フロッチ、幸運なTKO防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月24日
  4. ^ Groves signs with Sauerland ESPN.com 2014年5月20日
  5. ^ フロッチ一撃でグローブスを返り討ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月1日
  6. ^ マルティネス&ジャック、両王者が辛くも初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月13日
  7. ^ George Groves makes successful return as Brit defeats Andrea Di Luisa in fifth round Daily Mail Online 2016年1月31日
  8. ^ 原田門戸が世界ランカーに惜敗、グローブス再起 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月31日
  9. ^ Groves tops Murray, Eubank destroys Doran Fightnews.com 2016年6月25日
  10. ^ ジョシュアが7回KO勝ち、IBFヘビー級初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月26日
  11. ^ WBA orders Fedor Chudinov, George Groves to fight for vacant super middleweight title ESPN.com 2016年12月8日
  12. ^ WBA addresses super middleweight division Fightnews.com 2017年4月21日
  13. ^ Super Middleweight division WBA公式サイト 2017年4月21日
  14. ^ Groves scores TKO over Chudinov Fightnews.com 2017年5月27日
  15. ^ グローブス“4度目の正直”チュディノフを6回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月28日
  16. ^ WBSS: Groves KOs Cox in four Fightnews.com 2017年10月14日
  17. ^ Groves retains WBA Super Champion title with KO of Cox WBA公式サイト 2017年10月14日
  18. ^ ナルバエスがWBOバンタム級挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月15日
  19. ^ Groves defeats Eubank, headed to WBSS final Fightnews.com 2018年2月17日
  20. ^ Groves retained his WBA Super Championship against Eubank WBA公式サイト 2018年2月18日
  21. ^ グローブスがユーバンクに判定勝ち、WBSS決勝進出 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月18日
  22. ^ Groves-Smith WBSS Final Reportedly 9/28 in Jeddah, Saudi Arabia”. Boxing Scene.com (2018年7月25日). 2018年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前スーパー王者
N/A
WBA世界スーパーミドル級スーパー王者
2017年5月27日 - 現在
次スーパー王者
N/A