シャンゼリーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャンゼリーゼ
メンバー 鴨志田道秋
平川摂子
結成年 2006年7月
解散年 2011年8月
事務所 松竹芸能
活動時期 2006年7月 - 2011年8月
出会い 松竹芸能タレントスクール東京校10期生
現在の活動状況 解散
芸種 コントショートコントなど
過去の代表番組 アリケン
イツザイ
公式サイト オフィシャルウェブサイト
テンプレートを表示

シャンゼリーゼは、松竹芸能に所属していたお笑いコンビ

メンバー[編集]

来歴[編集]

松竹芸能タレントスクール東京校10期生出身の2人により、2006年7月結成。『サンパチ魂』などの事務所ライブ、『TEPPEN』などその他多くのライブなどに出演。

キングオブコント2008では2回戦まで進出。R-1ぐらんぷり2010では、しいたけ子(平川)が3回戦まで進出。

2011年8月解散。せつこ(平川)曰く「相性は良かった」とのことだったが、コンテスト・賞レースなどでなかなか結果を出せなかったことから、2011年のキングオブコントで、1回戦で負けたら解散しようということになり、「パピコ」ネタで臨んだが結局1回戦敗退に終わり、話し合い通り解散となった[2]。今でも、お互い“戦友”として良好な関係であるとのことである[2]

  • 解散後、平川はピン芸人『せつこ』として活動。
  • 鴨志田はピン芸人『一人っ子カモシダ』として活動した後、2013年5月からコンビ「ガング」を結成して活動していたが、ガングは2014年4月に解散。その後は再びピン芸人となり、2014年7月30日に芸名を一人っ子カモシダから『カモシダせぶん』に改名。

芸風[編集]

コントの中には全身タイツ着ぐるみなどで、物に成りきって演じるものがある。その中では、食べ物に成りきってのコントが多かった。かつては、ショートコントなどで、ブリッジに『オー・シャンゼリーゼ』の曲のサビの部分を歌うこともあった。その後、平川が髪をオールバックにして眼鏡をかけたらもたいまさこのように見えるということをネタに取り入れたこともあった。

また、物を擬人化したネタを好んでやっており、「離れたくない」「吸われたくない」といった気持ちを吐露するパピコ江崎グリコの製品)に扮したネタなどを行っていた[2]

(その他、せつこ、カモシダせぶんのそれぞれの芸風については、せつこ#芸風カモシダせぶん#芸風の各節を参照。)

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

  • キットピーク(下地敏史監督作品、2009年3月公開)- 鴨志田のみ(準主役格で出演)

脚注[編集]

外部リンク[編集]