サードウェーブエクスチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社サードウェーブエクスチェンジ
THIRDWAVE EXCHANGE CORPORATION
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 101-0021
東京都千代田区外神田3-16-17
住吉ビル3階
設立 1997年平成9年)12月
業種 小売業
法人番号 6010001172303
事業内容 パソコン・家電及び宝飾品・セレクトブランド商品の買取・販売
代表者 小林 直純(代表取締役)
資本金 1,000万円
売上高 66.5億円(2013年7月期)
従業員数 210名(2013年7月末現在)
決算期 7月末日
主要株主 日本プライベートエクイティ 100%(2016年3月現在)
外部リンク http://twex.jp/
テンプレートを表示

株式会社サードウェーブエクスチェンジ(英語表記:THIRDWAVE EXCHANGE CORPORATION)は、「じゃんぱら (JANPARA)」の商号で日本全国に中古商品に特化したパソコンショップチェーン及び、「ロコシーラ (ROKOSHIRA)」の商号エルメスシャネルなどの一流ブランドの洋服・宝飾品の買取り・販売を行う店舗を展開する企業。

発足時、サードウェーブ(ドスパラ)の関係会社だったが、現在資本関係は無く、独立した企業である。

概要[編集]

1997年創業当初は、サードウェーブの関係会社であった。過去にはサードウェーブ擁するドスパラが新品、サードウェーブエクスチェンジ擁するじゃんぱらが中古という棲み分けを行っており、同一敷地にドスパラとじゃんぱらが同居している店舗もあった。

秋葉原内の中古市場でも古参の部類に入る。

主たる事業[編集]

中古パソコン販売事業[編集]

「じゃんぱら」ブランドの店舗を、全国の主要都市に展開している。2014年4月現在、29店舗を展開。エンドユーザーから不要なパソコンパーツおよび周辺機器を、「業界で一番」を自負する高値で全国同等の金額で買取りを行い、店舗内で検品・商品化を行っている。 最近ではレノボゲートウェイなどのリファービッシュ(メーカーリサイクル)商品の販売や中古携帯電話ゲーム機の買取り業務を追加するなど、取り扱い商材の幅を広めて他社との差別化を図っている。

店舗ギャラリー[編集]

中古服飾・宝飾品販売事業[編集]

「ロコシーラ」ブランドで店舗を展開している。2011年2月現在、計5店舗。事業拡大、基礎強化を目的とし、「じゃんぱら」で培った中古流通システムを応用、「じゃんぱら」とは完全に異なるターゲット層に視点を向け、「ロコシーラ」を立ち上げた。 コメ兵大黒屋[要曖昧さ回避]など他社よりも高級感を出しつつ、安心・安全・安価な商品を提供することを目指している。

豆知識[編集]

「じゃんぱら」のマスコットキャラの名称「じゃんぱらくん」は正式なものではなく、仮でつけられたものが広く普及してしまったものであるらしい。パソコンの筐体とモニタのように見えるが、MacintoshのLCシリーズであるとされている。

主な沿革[編集]

  • 1997年 - 創立。
  • 1999年 - 社名をサードウェーブエクスチェンジに変更。
  • 1999年 - 店名を「じゃんぱら」に統一。
  • 2005年 - ブランドリサイクルショップからブランドトレードセンターへCIを実施
  • 2009年 - 自社の「じゃんぱらくん」と「キューピー」をコラボレーションさせた、「じゃんぱらくんキューピー」を発売
  • 2011年 - 分割払い中の携帯電話を買い取る「分割買取サービス」を開始
  • 2012年 - 「分割買取サービス」のビジネスモデル特許を取得
  • 2013年 - ネットショップ「111-net.com」オープン
  • 2016年 - 日本プライベートエクイティの完全子会社となる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社サードウェーブエクスチェンジの株式譲受 (PDF)”. 日本プライベートエクイティ (2016年3月1日). 2017年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]