コメ兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社コメ兵
Komehyo Co., Ltd.
コメ兵本店本館.jpg
コメ兵本店本館
種類 株式会社
市場情報
東証2部 2780
2004年12月21日上場
名証2部 2780
2004年12月21日上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-0011
愛知県名古屋市中区大須三丁目25番31号
北緯35度9分33.3秒
東経136度54分6.8秒
座標: 北緯35度9分33.3秒 東経136度54分6.8秒
設立 1979年(昭和54年)5月4日
(株式会社米兵)
業種 小売業
事業内容 中古品及び新品の仕入・販売及び不動産賃貸[1]
代表者 石原 司郎(代表取締役会長)
石原 卓児(代表取締役社長)
資本金 18億378万円[1]
発行済株式総数 11,257,000株[1]
売上高 連結 431億99百万円
単体 385億07百万円
(2015年3月期)[1]
純資産 連結 167億91百万円
単体 161億57百万円
(2015年3月期)[1]
総資産 連結 246億32百万円
単体 218億23百万円
(2015年3月期)[1]
従業員数 連結 553名、単体 455名
(2015年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 監査法人東海会計社
主要株主 石原 卓児 16.73%
株式会社I-BELIEVE 8.03%
株式会社SI 6.75%
(2015年3月31日現在)[1]
主要子会社 株式会社クラフト 100%
株式会社KOMEHYOオークション 100%
株式会社オートパーツ ジャパン 100%
KOMEHYO HONG KONG LIMITED 100%[1]
外部リンク http://www.komehyo.co.jp/
特記事項:創業 1947年
テンプレートを表示

株式会社コメ兵(コメひょう、: Komehyo Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中区大須三丁目25番31号に本社・本店を置く、日本最大級のリサイクルショップコメ兵、KOMEHYO)を運営する会社である。東京証券取引所第2部と名古屋証券取引所第2部に上場している。

概説[編集]

昔の屋号が米兵だったことが社名の由来[2]で、愛知県半田市にある米穀店「米兵」は本家筋に当たる[2]米軍と関係があるかのように勘違いされる(表記をカタカナに改めた理由の一つとされる)ことがあるが、無関係である。

当初は愛知県内を中心に、中部地区で店舗を運営していた。1990年代後半以降は、関東・関西・中国・九州地区にも順次出店。日本国内でインバウンド消費の動きが高まった2010年代の中盤に業績を伸ばしたほか、2016年12月の時点で41店舗を運営していた。しかし、2016年4 - 12月のインバウンド関連の売上高が前年同期比で4割減少したことなどを背景に、2017年1月から店舗網の再編に着手。中・小規模の不採算店の閉鎖を進めるかたわら、名古屋・東京大阪の都市部に大・中規模の店舗を新たに出したうえで、商品や人員を新設の店舗に集約させる[3]

テレビCM[編集]

画面に「米兵」の文字を大きく表示して、男声で「いらんものは、コメヒョーへ売ろう!」とナレーションを入れただけの非常にシンプルな5秒CMで愛知県では高い知名度を得る。当初は一枚画だったがその後CGになった。

1980年代末から、CMの構成を徐々に変更。まず「いらんものは」と「コメヒョー…」との間に女声で「ぜ〜んぶ」と入るようになった。次いで、15秒間の、童謡「グッドバイ」冒頭と同じリズム・微妙に異なるメロディで同じ歌詞を歌うCMが登場した(グッド売買という意味。当時店舗はグッド売ショップというキャッチフレーズであった)。この時点ではまだ「コメヒョーへ売ろう!」という文句は健在だった。

1990年代頃は清水アキラ秋野暢子樹木希林ニューロティカなどタレントやロックバンドを起用したCMが作られ、話題となった。

その後「米(粒)」と「ヒョウ」を基にしたアニメキャラクターで広告を展開していたが、2010年8月より堤幸彦監督による新CMで「いらんモノはコメ兵へ売ろう!」のキャッチコピーが復活した。名古屋・東京・大阪でバージョン違いのCMが計3パターン作られ堤本人も出演している[4]

社歴[編集]

店舗[編集]

名古屋・中部地区
関東地区
関西地区
中国地区
九州地区
閉店店舗
  • 道玄坂店(東京都渋谷区、2007年6月12日閉店、買取センターのみの店舗)
  • 有楽町店(東京都千代田区、2011年1月16日閉店、有楽町インフォス1F、買取センターも1F)
  • 名古屋店アメカジ館(名古屋店本館リニューアルに伴い本館5階に移転)
  • 買取センター原宿(東京都渋谷区、2016年5月15日開店、ハナエビル1F)
  • USED MARKET 大須店(名古屋市中区、2017年1月22日閉店、See-Stepビル1F)
  • 買取センター大須(名古屋店本館に統合)
  • なんばウォーク店(大阪市中央区、2017年1月31日開店、なんばウォーク2番街北通り)
  • 神戸元町店(神戸市中央区、2017年1月31日開店・2代目店舗、フミヤ元町ビル1F・3F)
  • 渋谷公園通り店(渋谷区、2014年5月31日開店、アトラス渋谷公園通り1F・2F、かつては1Fに買取センターを設けていた、2016年10月1日からレディースアイテム専門店へ転換したが、2017年3月31日に閉店)
  • キャナルシティ博多店(福岡市博多区、2015年10月1日開店、キャナルシティ博多サウスビル2F、2017年5月28日閉店)

LINK SMILE[編集]

LINK SMILE(リンクスマイル)は、衣料品を中心に扱う郊外型のリユースショップ。

閉店店舗

urca jewel[編集]

urca jewel(ウルカジュエル)は、宝石を中心に扱うリユースショップ。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]