コンパクト・ディスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コンパクト・ディスコ
Compact Disco
出身地 ハンガリーの旗 ハンガリーブダペスト
ジャンル エレクトリック・ロック
活動期間 2008年 -
レーベル CLS Music
公式サイト 公式サイト
メンバー パール・ガーボル
ロフティ・ベフナム
シャーンドル・アッティラ
ヴァルコー・チャバ

コンパクト・ディスコCompact Disco)は、ハンガリーエレクトリック・ロック・バンドであり、ブダペストを拠点として2008年に結成された。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2012ハンガリー代表に選出され、2012年5月にアゼルバイジャンバクーで開催される同大会で「Sound of Our Hearts」を歌う。

来歴[編集]

初期[編集]

ロフティ、パールとヴァルコーが初めて互いに出会ったのは2005年のことであり、その時ロフティ・ベフナムは、自身が属するテクノのプロデューサー・デュオ「コリンズ・アンド・ベフナム」が、アダムスキAdamski)とシールの楽曲「Killer」のカヴァーをするために必要なヴォーカリストを探していた。当時ヴァルコー・チャバはアメリカン・アイドルのようなタレント・オーディション番組にエントリしており[1]、ロフティはヴァルコーに、カヴァー曲のヴォーカルを依頼し、ヴァルコーはこれを受け入れる。ヴァルコーはは当時「ブラウンフィールド」というファンク、ポップのバンドで活動しており、同バンドのメンバーにも録音に参加するよう求めた。そのメンバーの中のひとりがパール・ガーボルであり、パールはニュージャズのバンド「トイ・ディヴィジョン」の創設者でもあった。こうしてロフティ、パール、ヴァルコーの3人が互いに出会うことになる。

しかし、彼らがバンド結成に動くのは2008年のことであった。このときロフティはヴァルコーと共にエレクトリック・ポップのバンドを立ち上げることを構想し、ヴァルコーはそのためのキーボーディストとなるようパールにもちかけた。3人は2008年の8月に初めて集まり、バンドとして初めての楽曲の制作を始めた。このときの楽曲は後に「Fly or Dive」と名付けられる。

3人は2009年の3月まで楽曲の制作に取り組み、この時点までにヴォーカル部分以外はすべて録音が完了した。そして、アルバム発売を目指してヴォーカル部分の録音、ミキシング、マスタリングを行う。「コリンズ・アンド・ベフナム」でロフティの相方を務めてきたネーメティ・ガーボル“コリンズ”のスタジオ「Groovejack Studio」で2009年7月まで作業を続けた。

彼らはアルバムの制作が終わり、バンド名を「コンパクト・ディスコ」とすること、またアルバムのタイトルを『Stereoid』を決めた。ハンガリーのインディ・レーベルCLSミュージックCLS Music)が彼らに関心を持ち、2009年9月にレーベルとの合意が交わされ、12月にアルバムは発売にこぎ着けた。

『Stereoid』発売後[編集]

彼らは2010年1月からライブを始め、ハンガリー国内やルーマニアトランシルヴァニア地方を巡った。初のビデオ・クリップ「I'm in Love」も制作され、この曲はハンガリーのダンス・ミュージックのチャートでトップ10入りした。このビデオはアルバム発売の直前にあたる2009年11月に撮影され、プロデュースはハンガリーの映像製作会社Studio Xであった。

アルバム『Stereoid』は発売後、2010年のハンガリー音楽賞Fonogram Awards)のエレクトリック・ミュージック部門にノミネートされた[2]

2010年5月、2作目のビデオ・クリップとして「Without You」のプロモーション・ビデオがStudio Xのプロデュースにより撮影された。「I'm in Love」はハンガリーのチャートで一定の成功を収めたものの、バンドの売り込みには十分ではなく、多くの人々がこれを外国のバンドの作品と誤認していた[3]。そのため、この2本目のビデオは「イメージ・ビデオ」としてバンドの映像のみを使用することにした[4]

同じく5月には、中欧の週刊誌Bravoはコンパクト・ディスコを2010年のオットー賞の新人部門にノミネートし[5]、またマジャル・ラジオMagyar Rádió)の音楽チャンネル「MR2ペテーフィ」の番組「Akusztik」でも取り上げられた。マジャル・ラジオの第8スタジオにて、観衆が見守る中で番組の収録が行われた[6]

2010年の夏期には、ハンガリーの有力な音楽フェスティバルに多数出場し、ハンガリーのMTV Iconにてアーコシュ(Ákos)のカヴァーをするよう求められた[7]。この頃、パールとヴァルコーがかつて属していたバンド「ブラウンフィールド」のメンバーであったシャーンドル・アッティラがステージ上でベーシストを務めており、2010年11月にシャーンドルは正式メンバーとしてコンパクト・ディスコの一員となった[8]。2010年11月、レッドブルの要求に応えて3作目のビデオ・クリップ「Fly or Dive」がStudio Xプロデュースにより制作された[9]

この年、「I'm in Love」とそのリミックス作品はイギリスのBuzz Chart[10]スイスのSwiss DJ Chart[11]を含む各国のチャートにランキングされた。この曲はハンガリーのダンス・ミュージックのチャートThe VIVA Club Chartで首位となった[12]ティエストフェリー・コーステンアレックス・ガウディーノAlex Gaudino)、オリヴァー・ラングOliver Lang)、Mischa Daniels、Henry John Morgan、Chris Finan、Ant Nichols、Paul Ughesといった各国のDJがこの曲を使用した[13]

また彼らは、ハンガリーのエスノ・ポップ・バンドホルドヴィオラ(Holdviola)の「Erdő, erdő」や「Bánat utca」、アーコシュの「A fénybe nézz」のリミックスを制作した[14]

2010年11月15日、ビデオ・クリップ・シリーズ「Segíts Antosnak」が好評を得たことも功を奏し[15]、4週間におよぶ選考の末にコンパクト・ディスコはMTV brand:newの賞を受けた[16]。2010年12月6日、デビュー・アルバムの『Stereoid』は無料ダウンロード公開された[17]

『II』[編集]

2010年12月、彼らは2作目のアルバム『II』の制作を始めた[18]。収録曲はヴォーカル部分以外はコンパクト・ディスコのホーム・スタジオで制作され、ヴォーカル部分は再びコリンズの「Groovejack Studio」が使用された。ミキシングとマスタリングはアノルガニク(Anorganik)のガーボル・ドイチュ(Gábor Deutsch)が担当した[19][20][21]。本作品からの初のシングル・カット曲は「Feel The Rain」であり、マジャル・ラジオのMR2ペテフィのチャートで2位にランキングされた[22]。またこの時に新しいバンドのロゴが作成され、シャーンドルによってアルバムのカヴァーがデザインされた。

アルバム発売までに彼らはハンガリーの複数の音楽賞によってノミネートされ、一部は受賞に至った。2011年1月にはフォノグラム賞(Fonogram)の3部門(エレクトリック・ミュージック、新人、最優秀曲)でノミネートされ、3月2日にエレクトリック・ミュージック部門で受賞した[23]。4月24日にはアントロポシュ.hu(Antropos.hu)の最優秀アルバムを受賞した[24]。2011年4月にはVIVA(Viva)ハンガリーのComet賞で最優秀バンドに選出される[25]

Age Mediaは『Stereoid』からのシングル・カット3作品を世界向けに販売する権利を獲て発売し[26]、またユニバーサルミュージックルーマニアおよびブルガリアで「I'm in Love」を販売した。

2011年5月、レッドブルはハンガリーの著名な作曲家であるフランツ・リスト(リスト・フェレンツ)の生誕を記念するイベント「リスト・リミックス」を開催する。イベントはハンガリーのミュージシャンたちがリストの作品をリミックスするなどして3-4曲のパフォーマンスをするというもので、コンパクト・ディスコは「ハンガリー狂詩曲第2番」をアップテンポのドラムンベースにアレンジし、「愛の夢第3番」を取り入れた楽曲「Feel The Rain」を制作した。またファーストアルバム『Stereoid』収録曲「Withou You」をクラシック・オーケストラにした。この作品は録音されてMR2ペテフィ・ラジオで繰り返し放送された[27][28][29][30]

ユーロビジョン2012[編集]

2012年2月、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2012ハンガリー代表を選ぶ国内選考の決勝戦にて「Sound of Our Hearts」を歌って優勝し、同大会のハンガリー代表となることが決まった[31]

メンバー[編集]

  • ロフティ・ベフナム(Lotfi Behnam) - DJ
  • パール・ガーボル(Pál Gábor) - キーボーディスト
  • シャーンドル・アッティラ(Sándor Attila) - ベース
  • ヴァルコー・チャバ(Walkó Csaba) - ヴォーカル

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル レーベル
2009 Stereoid ハンガリーの旗CLS Music
2011 II ハンガリーの旗CLS Music


受賞歴[編集]

部門 結果
2010 Fonogram Awards Best Performance in Electronic Music ノミネート
2010 Bravo Otto Awards Best New Artist ノミネート
2010 MTV brand:new 6th brand:new band ノミネート
2011 Fonogram Awards Best Performance in Electronic Music 受賞
2011 Fonogram Awards Best New Artist ノミネート
2011 Fonogram Awards Best Song (I'm in Love) ノミネート
2011 Antropos.hu Awards Album of the Year 2010 受賞
2011 VIVA Comet Band of the Year 2010 ノミネート
2011 MTV Europe Music Awards Best Local Artist - Hungary 受賞
2011 MTV Europe Music Awards Wordwide Act - European Nominee ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ Wan2 Magazin, Nr. 93, March 2010, page 12-14 (in Hungarian)
  2. ^ Official Fonogram page in Hungarian
  3. ^ Comments on YouTube mostly in Hungarian
  4. ^ Interview on Lángoló Gitárok in Hungarian
  5. ^ Official Bravo Otto Awards page in Hungarian
  6. ^ Interview in MR2 Petőfi Rádió; transcription (in Hungarian)
  7. ^ MTV Hungary's newscast in Hungarian
  8. ^ Interview on Lángoló Gitárok in Hungarian
  9. ^ Interview on Lángoló Gitárok in Hungarian
  10. ^ Buzz Chart issue 398
  11. ^ SDC Week 49, 2010
  12. ^ VIVA Club Chart No. 547
  13. ^ Media 2 Radio's report on Compact Disco - "I'm in Love", second update, September 28, 2010.
  14. ^ Interview on Lángoló Gitárok in Hungarian
  15. ^ PR blog Webbrand's article on the series (in Hungarian)
  16. ^ MTV Hungary's official press release (in Hungarian)
  17. ^ Interview on Lángoló Gitárok in Hungarian
  18. ^ Interview on Lángoló Gitárok in Hungarian
  19. ^ Album pre-order info on CLS Webshop
  20. ^ CLS Music press release of May 9, 2011 (in Hungarian)
  21. ^ MTV Hungary's press release (in Hungarian)
  22. ^ MR2 Petőfi Rádió Top30, 21st Week of 2011
  23. ^ Nominees and winners in all categories for the 2011 Fonogram Awards (in Hungarian)
  24. ^ CLS Music press release of May 9, 2011 (in Hungarian)
  25. ^ CLS Music press release of May 9, 2011 (in Hungarian)
  26. ^ CLS Music press release of May 9, 2011 (in Hungarian)
  27. ^ Official Red Bull Press Release (in Hungarian)
  28. ^ Article no. 1 on Liszt Remix (in Hungarian)
  29. ^ Article no. 2 on Liszt Remix (in Hungarian)
  30. ^ Article no. 3 on Liszt Remix (in Hungarian)
  31. ^ Jiandani, Sanjay (2012年1月10日). “Hungary: 20 hopefuls revealed”. Esctoday.com. 2012年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]