クリシュヤーニス・カリンシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルトゥルス・クリシュヤーニス・カリンシュ
Krišjānis Kariņš 2019 (cropped)2.jpg
第14代 ラトビア共和国首相
就任
2019年1月23日
大統領 ライモンツ・ヴェーヨニス
前任者 マーリス・クチンスキス
ラトビア選出欧州議会議員
任期
2009年7月14日 – 2019年1月23日
ラトビア共和国経済相
任期
2004年12月2日 – 2006年4月7日
首相 アイガルス・カルヴィーティス
前任者 ユリス・ルヤーンス
後任者 アイガルス・シュトケンベルグス
個人情報
生誕 (1964-12-13) 1964年12月13日(55歳)
アメリカ合衆国デラウェア州ウィルミントン
国籍 ラトビア人
政党 新時代党 (2002年 –2011年)
統一 (2011年 – 現職)
出身校 ペンシルベニア大学
専業 言語学者
公式サイト www.karins.lv

アルトゥルス・クリシュヤーニス・カリンシュラトビア語: Arturs Krišjānis Kariņš1964年12月13日 - )は、ラトビアの政治家[1]欧州議会議員を経て、現首相。

経歴[編集]

アメリカ合衆国デラウェア州ウィルミントンに、ラトビア系アメリカ人の子として生まれる。1996年、ペンシルベニア大学から言語学の博士号を取得。まもなくラトビアに移住し、氷や冷凍食品の製造・販売をはじめた。

2002年、新時代党を共同で旗揚げし、同年10月にはサエイマ(国会)議員に当選。2002年から2004年まで新時代党国会議員団長、2004年12月から2006年4月まで経済相(第一次アイガルス・カルヴィティス内閣)を務めた。2007年3月には、エイナルス・レプシェとともに新時代党の共同代表となった。

2009年7月、欧州議会議員に当選。欧州議会では最大会派の欧州人民党に所属し、産業・研究・エネルギー委員会、経済・金融問題委員会、租税監督特別委員会の各委員となった。また、欧州歴史和解議員連盟にも名を連ねた[2]。2011年8月に新時代党は中道右派の統一党と合併したが、2014年の欧州議会議員選でもカリンシュは再選された。

2018年のラトビア総選挙では、カリンシュは統一党の首相候補となった。2019年1月7日、大統領のライモンツ・ヴェーヨニスは、カリンシュに次期内閣の組閣を委嘱した[3]。1月23日、5党(KPV LV、新保守党、発展・For!、国民連合、統一)からなる中道右派連立内閣が発足し、カリンシュが首相に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ MEP profile: Arturs Krišjānis KARIŅŠ”. European Parliament. 2010年4月5日閲覧。
  2. ^ About Us – Reconciliation of European Histories Group”. Reconciliation of European Histories Group. 2011年8月1日閲覧。
  3. ^ President tasks Karins with forming government
公職
先代:
マーリス・クチンスキス
ラトビアの首相
2019年 –
現職