キャメル (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャメル
Camel
Camel In Concert.jpg
2003年10月のライブにて
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
サリー州 ギルフォード
ジャンル プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
カンタベリー・ロック
スペース・ロック
活動期間 1971年 - 現在
レーベル MCAレコード
デッカ/デラム/Gama
Camel Productions
メンバー アンドリュー・ラティマー (G/Vo)
コリン・バス (B/Vo)
デニス・クレメント (Ds)
ピート・ジョーンズ (Key)
旧メンバー ピーター・バーデンス (Key)
ダグ・ファーガソン (G)
アンディ・ウォード (Ds)
ほか 以下を参照

キャメル (Camel) は、イングランド出身ののプログレッシブ・ロックバンド

数ある同系列バンドの中でも叙情派のサウンドで知られ、1970年代のプログレ五大バンドに次ぐ一角として活動。1980年代以降は、創始者アンドリュー・ラティマー主導の体制に移行した、

黎明期 (1969年 - 1973年)[編集]

[1] 1969年イングランドサリー州 ギルフォードで、アンドリュー・ラティマー(ギター)、ダグ・ファーガソン(ベース)、アンディ・ウォード(ドラム)のメンバーで「ブリュー(Brew)」という、ブルースを基調としたローカルバンドを結成。

1971年シンガーソングライター フィリップ・グッドハンド・タイットのオーディションを受け、アルバム『I Think I'll Write a Song』にバックバンドとして参加。同年、すでに「ゼム(Them)」や、ソロ活動などでキャリアを重ね知名度もあったピーター・バーデンスは、アメリカ進出を考えており、メンバー募集の広告をMelody Maker誌に出す。それでアンディ・ウォードからのコンタクトがあり、「ブリュー」のメンバーとセッションを行って意気投合。新バンドが発足する。

1972年春、契約が残っていたバーデンスのコンサートを、昨年結成した新バンド「キャメル」として行う。コンサートが成功した結果、以後の継続が確定した。その後も母国でライブ活動の実績を積み、翌1973年MCAレコードよりデビューアルバム『キャメル(Camel)』を発表。

バンド初期は、アンドリュー・ラティマーの哀愁漂うエモーショナルなギター(主にギブソン・レスポールを使用)とピーター・バーデンスの軽快なキーボード、アンディ・ウォードの多彩なドラムを軸に、美しいメロディをテクニカルな緊張感のある演奏で聴かせていた。

デッカ・レコード時代 (1974年 - 1984年)[編集]

創始者アンドリュー・ラティマー (1976年9月)

1974年、レコード会社をデッカ・レコード傘下の「デラム」に移籍。2ndアルバム『蜃気楼(Mirage)』を発表。

1975年、アメリカの作家ポール・ギャリコの短編小説「スノーグース」を基にした3rdコンセプト・アルバム『白雁(スノー・グース)(Music Inspired by The Snow Goose)』を発表。リリース後、全曲を演奏する公演も開催。後に、ロイヤル・アルバート・ホールで、 ロンドン交響楽団と共演し、全曲を演奏(この模様は後述の1978年のライブアルバム『ライブ・ファンタジア(A LIVE RECORD)』に収録)。以後の公演でも本アルバムからの曲をセレクションしたメドレー(Selection From "THE SNOW GOOSE")を演奏しており、キャメルの代表作のひとつと言える。ただし、ポール・ギャリコ側が「スノーグース」の命名に難色を示したため、タイトル頭に"Music Inspired by"と付け加えて発表した。

1976年、4thアルバム『月夜のファンタジア(MOONMADNESS)』発表。後日、諸問題からダグ・ファーガソンを解雇し、元「キャラヴァン」(CARAVAN)のリチャード・シンクレア(ベース)に交代。ゲストメンバーとしてメル・コリンズ(サックス)等を迎えて活動。

1977年、5thアルバム『雨のシルエット(Rain Dances)』を発表。

1978年、6thアルバム『ブレスレス~百億の夜と千億の夢(BREATHLESS)』を発表。アルバム収録後、ピーター・バーデンスがラティマーとの軋轢から脱退し、キャメルに入る以前にも活動していたヴァン・モリソンのバンドに加わる。後任に元キャラヴァンのヤン・シェルハース(キーボード)、さらにツアーメンバーとしてやはり元キャラヴァンのデイブ・シンクレア(キーボード)が参加。オリジナル・キャメルより元キャラヴァン・メンバーの比率が多くなり、『CARAMEL(キャラメル)』と渾名(あだな)された。

同年、2枚組アルバム『ライブ・ファンタジア(A LIVE RECORD)』を発表。初のライブアルバム。5thアルバム『雨のシルエット(Rain Dances)』迄の、初期からのライブ録音から選んだ楽曲と、ロンドン交響楽団と共演し『スノーグース』全曲を演奏したライブ録音を収録。

1979年1月に初来日。ワールドツアー後、キャラヴァン再結成のためデイブ・シンクレア、リチャード・シンクレアが脱退、さらにメル・コリンズも脱退。コリン・バスとキット・ワトキンスが加入。同年、7thアルバム『リモート・ロマンス(I Can See Your House From Here)』を発表。

1980年1月に来日公演。アルバム一枚でキット・ワトキンスは脱退、代わりにダンカン・マッケイが加入。

1981年、8thアルバム『ヌードの物語 〜Mr.Oの帰還〜(Nude)』を発表[2](第二次世界大戦終戦後、フィリピンルバング島で29年間投降しなかった、日本兵の小野田寛郎氏の当時の生活の模様等を書いた本を、1979年の来日時、アンドリュー・ラティマーが日本のプローモーターより贈られ読み、インスパイアされ制作れたコンセプトアルバム)。以降、後にラティマーの妻になる女流詩人 スーザン・フーヴァーが、コンセプト面の役割を担当。

1981年、アルコール問題などでアンディ・ウォードが脱退。オリジナルメンバーはアンドリュー・ラティマーのみとなり、以後バンドそのものがラティマーのソロ・プロジェクトの性質を持つようになる。同年、9thアルバム『シングル・ファクター(The Single Factor)』を発表。

1984年、ドイツの東西分裂(ベルリンの壁)をテーマとした10thコンセプト・アルバム『スタショナリー・トラベラー(Stationary Traveller)』を発表。同年5月、キャメル結成20周年記念のライブを、ロンドンのハマースミス・オデオンで開催。元メンバーのピーター・バーデンスがゲストとして参加し数曲を共演。公演の模様は、『プレッシャー・ポインツ~キャメル・ライヴ~(Pressure Points)』として発売した。

アンドリュー・ラティマー主導期 (1984年 - 現在)[編集]

1984年、レコード会社等との間で契約問題(印税なども含む)関連の裁判になり、その影響で活動を休止する。結果はバンド側(アンドリュー・ラティマー側)に多くの主張が認められた。そしてラティマーは自宅を売却し、活動の拠点を北米に移して「キャメル・プロダクション」を設立。過去のアーカイヴや新規の音源、マネージメント事業などを自ら管理するようになった。

盟友コリン・バス (2008年)

1991年、旧メンバー コリン・バスらが参加し活動再開。ジョン・スタインベックの小説「怒りの葡萄」をコンセプトにした7年ぶりの11thアルバム『DUST AND DREAMS』発表。翌年に来日公演。

1996年、12thアルバム『ハーバー・オブ・ティアーズ 港町コーヴの物語(Harbour Of Tears)』を発表。翌年に来日公演。

1999年、13thアルバム『ラージャーズ 別れの詩(Rajaz)』を発表。翌年に来日するが、以降は暫く途切れる。

2002年、オリジナルメンバー ピーター・バーデンスが死去。同年、14thアルバム『ノッド・アンド・ウィンク(A Nod And A Wink)』を発表。

2006年、「キャメル・プロダクション」の活動拠点を母国に戻す。

2007年5月、ラティマーが1992年以降、骨髄線維症になっていた事を、妻のスーザン・フーヴァーが「キャメル・プロダクション」のウェブサイトで公表し、病気の進行状況の悪化により予定していたツアーを中止。同年後半に骨髄移植を受けた[2]

2008年9月、「彼は徐々に回復しており、音楽活動を再開する意欲を示した。」との内容の文章を妻のスーザン・フーバーが、「キャメル・プロダクション」のオフィシャルニュースレターに書いた。2010年頃から、音楽活動を徐々に再開。

2013年10月、3rdアルバム『スノーグース』を完全再現するライブツアーを企画。キャメルの活動を再開した。2016年には、16年ぶりの来日公演を開催する[3]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

サポート

旧メンバー[編集]

  • ピーター・バーデンス Peter Bardens - キーボード (1971-1978) R.I.P.2002
  • ダグ・ファーガソン Doug Ferguson - ベース (1971-1977)
  • アンディ・ウォード Andy Ward - ドラムス (1971-1982)
  • リチャード・シンクレア Richard Sinclair - ベース(1977-1979)
  • メル・コリンズ Mel Collins - サクソフォーン(1977-1979)
  • ヤン・シェルハース Jan Schelhaas - キーボード (1978-1981)
  • デイヴ・シンクレア Dave Sinclair - キーボード (1978-1979)
  • キット・ワトキンス Kit Watkins - キーボード (1979-1981)
  • クリス・レインボー - キーボード (1982-1991) R.I.P.2015
  • デビット・ペイトン David Paton - ドラムス (1982-1984)
  • ポール・バージェス Paul Burgess - ドラムス (1984-1992)
  • トン・スケッペンツェル - キーボード (1984, 1991, 1999)
  • ミッキー・シモンズ Mickey Simmonds - キーボード (1991-1992)
  • デイヴ・スチュワート Dave Stewart - ドラムス (1997-2000)
  • ガイ・ルブラン Guy LeBlanc - キーボード (2000-2015) R.I.P.2015

ディスコグラフィ[編集]

発表年 邦題 原題 備考
1973年 キャメル・ファースト・アルバム Camel ファースト・アルバム。
1974年 蜃気楼 Mirage
1975年 白雁 Music Inspired by The Snow Goose ポール・ギャリコの同名の短編小説「スノーグース」を基にしたコンセプト・アルバム。バンド初の全英アルバムチャート入りを果たし、23位を記録[4]
1976年 月夜のファンタジア Moonmadness 全英15位[4]
1977年 雨のシルエット Rain Dances 全英20位[4]
1978年 ブレスレス~百億の夜と千億の夢~ Breathless 全英26位[4]
1978年 ライブ・ファンタジア A LIVE RECORD キャメル初のライブアルバム、2枚組。LPのC面とD面には、「スノーグース」を、ロイヤル・アルバート・ホールで、ロンドン交響楽団と共演したライブ演奏を収録している。
1979年 リモート・ロマンス I Can See Your House From Here 全英45位[4]
1981年 ヌードの物語 ~Mr.Oの帰還~ Nude 終戦後、フィリピンで29年間も戦闘を続けていた小野田寛郎を基にした、2枚目のコンセプト・アルバム。全英34位[4]
1982年 シングル・ファクター The Single Factor 「キャメル」名義であるが、実質的には、ラティマーが豪華ゲストを集めて制作したソロ・プロジェクト・アルバム。アンソニー・フィリップス(元ジェネシス)、フランシス・モンクマン(元カーヴド・エア)、サイモン・フィリップス等が参加。全英57位[4]
1984年 スタショナリー・トラベラー Stationary Traveller ベルリンの壁をテーマにしたコンセプト・アルバム。全英57位[4]。本作に伴うツアー終了後、キャメルは一旦活動を休止。
1984年 プレッシャー・ポインツ~キャメル・ライヴ~ Pressure Points 1984年5月11日 ハマースミス・オデオンでの「キャメル」結成20周年記念のライブを収録。ゲストでピーター・バーデンスが参加し数曲演奏。(他にも、メル・コリンズも参加)
1992年 ダスト・アンド・ドリームス 怒りの葡萄 Dust And Dreams 復活作。ジョン・スタインベックの小説「怒りの葡萄」を基にしたコンセプト・アルバム。当時のライヴで完全再現された。
1996年 ハーバー・オブ・ティアーズ 港町コーヴの物語 Harbour Of Tears ラティマーの祖母が体験した一家離散の悲劇を基にしたコンセプト・アルバム。アイルランドの伝統音楽の影響を受けた、美しいメロディが特徴的。
1999年 ラージャーズ 別れの詩 Rajaz
2002年 ノッド・アンド・ウィンク A Nod And A Wink

日本公演[編集]

1979年 Breathless Tour(ブレスレス・ツアー)(Japan Tour '79)

  • 1月16日 東京・渋谷公会堂 (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月17日 大阪・厚生年金会館大ホール (主催:FM大阪)
  • 1月19日 名古屋・名古屋市公会堂 (主催:中部日本放送)
  • 1月22日 東京・新宿厚生年金会館大ホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月23日 東京・新宿厚生年金会館大ホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
    • 招聘元:ウドー音楽事務所 協力:キング・レコード 協賛:マックスウェル・ブレンディ
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • アンディ・ウォード - Drums
        • リチャード・シンクレア - Bass, Vocal
        • メル・コリンズ - Sax, flute
        • デイブ・シンクレア - Keyboards
        • ヤン・シェルハース - Keyboards

演奏曲目


1980年  I Can See Your House from Here Tour(リモート・ロマンス・ツアー)(Japan Tour '80)

  • 1月24日 名古屋・愛知勤労会館 (主催:中部日本放送)
  • 1月25日 大阪・大阪フェスティバルホール (主催:FM大阪)
  • 1月26日 東京・渋谷公会堂 (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月27日 東京・新宿厚生年金会館大ホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
  • 1月28日 東京・中野サンプラザホール (主催:文化放送、ウドー音楽事務所)
    • 招聘元:ウドー音楽事務所 協力:キング・レコード 協賛:マックスウェル・ブレンディ
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • アンディ・ウォード - Drums
        • コリン・バス - Bass, Vocal
        • ヤン・シェルハース - Keyboards
        • キット・ワトキンス - Keyboards, flute

演奏曲目(1980年1月28日(月) 東京・中野サンプラザホール)(1980年1月の来日公演最終日)

  • Intro
  • Echoes
  • Unevensong
  • Song Within a Song
  • Hymn to Her
  • Neon Magic
  • Rhayader
  • Rhayder Goes to Town
  • Migration
  • Preparation
  • Dunkirk
  • Rainbow's End
  • Ice
  • Who We Are
  • Your Love is Stranger Than Mine
  • Never Let Go
  • ----- アンコール -----
  • Wait
  • Nobody Knows(Jungle Fever)(演奏最初の途中、ベースアンプのトラブルで演奏中断。ベースアンプの復旧後、再度、演奏曲最初から演奏)
  • Luna Sea(この曲は、1980年来日時の最終公演日のみ演奏された。)


1992年 Dust And Dreams Tour(ダスト・アンド・ドリームス・ツアー) *東京、大阪、名古屋でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。

  • 8月21日 東京・CLUB QUATTRO
  • 8月23日 大阪・CLUB QUATTRO
  • 8月26日 東京・CLUB QUATTRO
    • 招聘元:
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • コリン・バス - Bass, Vocal
        • ミッキー・シモンズ - Keyboards
        • ポール・バージェス - Drums

演奏曲目


1997年 Harbour Of Tears Tour(ハーバー・オブ・ティアーズ・ツアー) *東京、大阪、名古屋、川崎でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。

  • 3月21日 東京・WEST EAST 
  • 3月22日 神奈川・CLUB CHITTA'
    • 招聘元:
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • コリン・バス - Bass, Vocal
        • フォズ・パターソン - Keyboards
        • デイヴ・スチュワート - Drums

演奏曲目


2000年 Rajaz Tour(ラージャーズ・ツアー) *東京、大阪でのライブハウス(スペース)系の会場での開催。

  • 9月4日 大阪・梅田ヒートビート
  • 9月6日 東京・赤坂BLITZ 
  • 9月7日 東京・赤坂BLITZ
  • 9月8日 東京・渋谷Deseo
    • 招聘元:
      • 来日メンバー
        • アンドリュー・ラティマー - Guitar, Vocal
        • コリン・バス - Bass,Vocal
        • ギー・ルブラン - Key
        • デニス・クレメント - Ds

演奏曲目

日本に於けるライブ録音放送[編集]

  • 1979年(昭和54年)**月**日(*)  **:** - **:** NHK-FM「***********」 番組進行:渋谷陽一 ゲスト:**** (放送日時 番組名などの詳細は不明だが、一説によると、1979年夏頃に、同時期に来日した、ストラングラーズとキャメルの来日時のライブの模様を、渋谷陽一とゲストの****で、2週に別けて(又は、2時間番組として(途中、ニュース等が挟まれ)それぞれ1時間番組として放送した可能性があると思われるが定かではない。 (キャメルの来日公演の放送での解説中には、ストラングラーズとキャメルを比較した番組進行役やゲストの発言があるので。))
    • 1979年1月23日(火) 東京・新宿厚生年金会館大ホール 収録 (放送での、ライブ演奏楽曲の放送順は、実際の来日公演の演奏順ではない。ライブ録音放送中の「Tell Me」〜「The Snow Goose From "La Princesse Perdue"」では、『番組での「おせっかい」』(番組の解説中に、渋谷氏が紹介)として、演奏曲中に女性ナレーターによる「スノー・グース」の物語りのナレーションがされている。)
      • 放送曲目(解説など)
        • 解説:渋谷陽一 他
        • Echoes
        • 解説:渋谷陽一 他
        • Tell Me *放送される曲中にナレーションあり
        • The Snow Goos From Medley *放送される曲中にナレーションあり
        • Great Marsh *放送される曲中にナレーションあり
        • Rhayader *放送される曲中にナレーションあり
        • Rhayader Goes to Town *放送される曲中にナレーションあり
        • Song Within a Song *放送される曲中にナレーションあり
        • Medley:Sleeper〜Supertwister〜White Rider *放送される曲中にナレーションあり
        • The Snow Goose From "La Princesse Perdue" *放送される曲中にナレーションあり
        • 解説:渋谷陽一 他
        • Never Let Go
        • 解説:渋谷陽一 他
  • 1980年(昭和55年)4月20日(日) 21:00 - 21:55 FM東京「ゴールデン・ライブ・ステージ」 番組進行:青木誠
    • 1980年(昭和55年)1月27日(日) 東京・新宿厚生年金会館大ホール 収録
    • 番組冒頭、会場で流されたオープニング音楽をバックに、番組パーソナリティの青木誠による収録日、収録場所や、来日メンバー紹介と、合わせてステージ上での楽器の配置位置の紹介、番組前半に放送する曲目名紹介。(「Neon Magic」の後、CMが入る。)CM後、BGMで「Uneven Song」(同日に収録のライブ録音よりと思われる、曲の中盤部分から)を流しながら、バンドの略歴、リリースしたレコードタイトルの紹介、番組後半に放送する曲目名紹介。
      • 放送曲目
        • Echoes
        • Hymn To Her
        • Neon Magic
        • (CM)
        • Selection From "THE SNOW GOOSE"
        • Wait
        • Nobady Knows(Jungle Fever)

備考補足[編集]

プロレスラー/格闘家の前田日明は、試合の入場テーマ曲に『NUDE』収録の楽曲「Captured(キャプチュード)」を使用していた。自身が持つプロレス技のオリジナル・スープレックスにも「キャプチュード」と名付けた。これは前田が若手時代に所属したプロレス団体「新日本プロレス」の試合中継を行なっていたテレビ朝日の制作チーム選曲担当が、プログレッシヴ・ロックの楽曲をレスラー入場曲に数多く使用していた経緯で、前田の凱旋帰国の頃に「Captured」を採用したのが始まり。

キャメルメンバーのアンドリュー・ラティマーは、来日の際そのエピソードを聞かされ、今では認知をしている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 【インタビュー/後編】キャメルが2016年5月来日。アンドリュー・ラティマーが日本を語る - Yahoo
  2. ^ a b c 【インタビュー/前編】キャメルが2016年5月来日。アンドリュー・ラティマーが日本を語る - Yahoo
  3. ^ 英プログレバンドCAMEL、16年ぶり単独来日公演 - @ぴあ
  4. ^ a b c d e f g h CAMEL | full Official Chart History | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される。

外部リンク[編集]