カーディ・B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーディB
Cardi B
Cardi B - Openair Frauenfeld 2019 02.jpg
Cardi B 2019年
生誕Belcalis Marlenis Almánzar
(1992-10-11) 1992年10月11日(29歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨークシティ
職業
活動期間2015年 -
配偶者
Offset (m. 2017)
子供1人
音楽家経歴
ジャンル Hip hop
担当楽器 ヴォーカル
レーベル
共同作業者
公式サイト cardib.com
Cardi B logo.svg

ベルカリス・アルマンザーBelcalis Almanzar[1]1992年10月11日 - )はカーディ・BCardi B)の芸名で知られるアメリカ合衆国ヒップホップミュージシャンテレビパーソナリティ。芸名は、姉妹の愛称が「ヘネシー」だったことから、彼女も酒類ブランドの「バカーディ(バカルディ)」と呼ばれていたことに因む[2]

ストリートギャングブラッズ」のメンバー[3][4] を経てストリッパーとなった後[5]VineInstagramへの投稿で話題を集めインターネットセレブリティとなった[6][7]。その後、2015年から2017年までVH1リアリティ番組Love & Hip Hop: New York』にレギュラー出演し、2つのミックステープを発表した[8]

2017年2月アトランティック・レコードとのメジャー・レーベル契約を結んだ[9][10]。メジャー・デビュー・シングル「ボーダック・イエロー英語版」は、Billboard Hot 100で首位を獲得した[11]。女性ラッパーが客演ではなく自身がリード・アクトとなる曲で首位を獲得したのは史上5人目、ゲストなしの単独曲ではローリン・ヒル(「Doo Wop (That Thing)」)以来約19年ぶりの快挙であった[12]。また、Hot 100チャートで首位を獲得した初のドミニカ共和国系アーティストにもなった[13]2018年に最初のアルバム「インヴェイジョン・オブ・プライバシー英語版」を発表し、Billboard 200で初登場首位を獲得し、第61回グラミー賞において女性としては初となる最優秀ラップアルバム賞を受賞した[14][15]。同年、タイム世界で最も影響力のある100人に選ばれた[16]

グラミー賞の候補の他に、アメリカン・ミュージック・アワードMTV Video Music AwardsBETアワードビルボード・ミュージック・アワードを受賞している。

来歴[編集]

VMAのレッドカーペットでのカーディB(2018年)

1992年10月11日、カーディBはマンハッタンワシントンハイツで生まれた。ドミニカ人の父とトリニダード人の母の娘としてサウスブロンクスハイブリッジ地区で育ち、ワシントンハイツにある父方の祖母の家で多くの時間を過ごした[17][18][19]。彼女は16歳の頃からストリートギャングブラッズのメンバーだったと語っているが、彼女はギャングに入ることを勧めないと述べている[3][4][20]

10代の頃、カーディBはトライベッカデリで働いていたが解雇され、マネージャーに通りの向かいにあるストリップクラブでストリッパーになることを勧めた[21][22]。カーディBは、ストリッパーになることは彼女の人生にとって様々な意味でプラスになったと述べている。ストリッパーをしている間、カーディBは母親にベビーシッターをしてお金を稼いでいると言って嘘をついていた[23]。その間、彼女はマンハッタン・コミュニティ・カレッジ(Borough of Manhattan Community College)に通っている[24]

2013年、カーディBはVineInstagramへの投稿で話題を集めインターネットセレブリティとなった[6][7]。2015年から2017年までVH1リアリティ番組Love & Hip Hop: New York』にレギュラー出演しながら、音楽活動を行ない、2つのミックステープを発表した[8]

2017年2月アトランティック・レコードとのメジャー・レーベル契約を結ぶ[9][10]。メジャー・デビュー・シングル「ボーダック・イエロー英語版」は、Billboard Hot 100で首位を獲得した[11]。女性ラッパーが客演ではなく自身がリード・アクトとなる曲で首位を獲得したのは史上5人目、ゲストなしの単独曲ではローリン・ヒル(「Doo Wop (That Thing)」)以来約19年ぶりの快挙であった[12]。また、Hot 100チャートで首位を獲得した初のドミニカ共和国系アーティストにもなった[13]。同曲は批評家から高く評価され、音楽メディアピッチフォークは年間ベストトラックの第1位に選出した[25]

2018年4月、デビューアルバム「インヴェイジョン・オブ・プライバシー英語版」を発表、Billboard 200で初登場首位を獲得し、第61回グラミー賞において女性としては初となる最優秀ラップアルバム賞を受賞した[14][15]。収録曲「I Like It」は彼女にとって2曲目の全米ナンバーワンヒットとなった[26]。同年、タイム世界で最も影響力のある100人に選ばれた[16]

2019年2月、ブルーノ・マーズとのコラボレーション・シングル「Please Me」をリリース。Billboard Hot 100で最高3位を記録する[27]

2020年4月7日、メーガン・ザ・スタリオンをフィーチャーした楽曲「WAP」をリリースし、世界的な大ヒットを記録する。性的に露骨な歌詞と過激なミュージックビデオが話題となり、政治家までも巻き込む論争に発展するなど社会現象となった[28]。この曲は女性の性的抑圧を解放する社会的意義を持つアンセムとして、批評家から極めて高い評価を受けた[29]音楽メディアが発表した年間ベストソングのリストでは、ピッチフォークNMEローリング・ストーンなどが1位に選んでいる[30][31]

人物[編集]

カーディB(2018年)

カーディ・Bはカトリック教徒であり[32]、彼女はインタビューでとの「強い結びつき」を語っており、しばしば彼女は神と直接コミュニケーションをとっていると言われている[33][34][35][36]

彼女はニュージャージー州エッジウォーターに住んでいて、月3,000ドルでアパートを借りているが、これはマンハッタンの相場の大きさの2倍になるという[37]

彼女は#MeToo運動に参加し、過去に性的暴行を受けたことについて明かしている[38][39]

彼女は、普段から「スペニット」と言われる未発表曲の一部をInstagramなどのSNSに公開している。(中には、世に出さずにいる楽曲も多い。) 例として2017年の7月に「Stylin'」と言う楽曲のスペニットがInstagramから2つ公開された。2018年にアルバムの発売が発表されるとStylin'が収録されているのではと噂になった。(アメリカの大手歌詞サイトのGeniusでは、アルバムのトラックリストが公開される前には「Tracklist」の中に入っていた。しかし、アルバムの公式トラックリストが公開された時には、Stylin'の姿がなかったと言うもの。)

家族[編集]

2017年初めに、サザン・ヒップホップグループミーゴスの一員であるオフセットと交際を開始。同年10月27日ウェルズ・ファーゴ・センターで行われたラジオ局Power99主催のコンサート「Powerhouse」の公演中にオフセットからプロポーズを受け、婚約[40]2018年4月7日テレビ番組サタデー・ナイト・ライブ」の出演時に妊娠していることを発表[41]。しかし、同年6月25日TMZが入手した結婚証明書の内容から2人は2017年9月にすでに結婚していたのではないかと報じ、カーディ・Bはそれに応えてTwitterに声明文を発表した[42]

2018年7月10日、娘のカルチャー・キアリ・シーファス(Kulture Kiari Cephus)を出産[43]。2018年12月5日、オフセットと破局したことを自身のInstagramで報告した[44]2019年2月グラミー賞の授賞式に2人は一緒に現れた[45]。上述の通り、2人は最優秀ラップアルバム賞を受賞した[46]

彼女の妹ヘネシー・キャロライナ英語版もまたソーシャルメディアで強い支持を得ている[47]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[48]
AUS
[49]
CAN
[50]
IRE
[51]
NZ
[52]
SWE
[53]
UK
[54]
2018 Invasion of Privacy 1

[55]

5

[56]

1 2

[56]

3

[56]

7

[56]

5

[57]

ミックステープ[編集]

題名 情報 最高順位
US
Ind.

[61]
US
R&B/
HH

[62]
US
Rap

[63]
Gangsta Bitch Music, Vol. 1 27 30 20
Underestimated: The Album
(with KSR Group)
  • 発売日: 2016年9月12日[65]
  • レーベル: KSR
  • 規格: デジタル・ダウンロード
Gangsta Bitch Music, Vol. 2 25

シングル[編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
US
[67]
AUS
[68]
CAN
[69]
FRA
[70]
NZ
[71]
SWE
[72]
SWI
[73]
UK
[54]
2015 Cheap Ass Weave なし
2016 Stripper Hoe[74]
What a Girl Likes[75] Underestimated: The Album
Bronx Season[76] Underestimated: The Album & Gangsta Bitch Music, Vol. 2
2017 Bodak Yellow[77] 1 33 6 70 24 71 74 24
  • US: ダイヤモンド[58]
  • AUS: 2× プラチナ
  • CAN: 4× プラチナ[59]
  • FRA: ゴールド[78]
  • NZ: ゴールド[79]
  • UK: プラチナ[80]
Invasion of Privacy
MotorSport
(with Migos and Nicki Minaj)
6 74 12 72 54 49
  • US: ゴールド[58]
  • AUS: ゴールド[81]
  • CAN: 2× プラチナ[59]
Culture ll
Bartier Cardi
(featuring 21 Savage)
14 77 18 196 58 79 40
  • US: プラチナ[58]
  • CAN: プラチナ[59]
Invasion of Privacy
2018 Finesse (Remix)
(with Bruno Mars)
3 6 3 2 14 29 5
  • US: 2× プラチナ[58]
  • AUS: プラチナ[82]
  • FRA: ゴールド[78]
  • NZ: プラチナ[83]
  • UK: ゴールド[80]
24K Magic
Be Careful[84] 11 65 24 27 Invasion of Privacy
Drip[85]
(featuring Migos)
21 60 31 116 95 41
2018 Girls (Rita Ora featuring Cardi B, Bebe Rexha and Charli XCX) Phoenix
2018 Dinero (Feat.DJ Khaled & Cardi B Por Primera Vez
2018 I Like It (Feat. Bad Bunny and J Balvin Invasion of Privacy
2018 Girls Like You (Feat. Cardi B) Red Pill Blues
2018 Who Want The Smoke? (Feat. Cardi B & Offset) Nuthin '2 Prove
2018 Backin' It Up (Feat. Cardi B) 未定
2018 Taki Taki (Feat. Selena Gomez, Cardi B & Ozuna) 未定
2018 Money
2019 Please Me (Feat. Bruno Mars)
2019 Press
2020 WAP (Feat.メーガン・ザ・スタリオン) 1 1 1 30 1 5 1
  • US: 5× プラチナ[58]
  • AUS: 3× プラチナ[82]
  • CAN: 2× プラチナ[83]
  • AUS: 3× プラチナ[86]
  • FRA: ゴールド[78]
  • NZ: 2× プラチナ[83]
  • UK: プラチナ[80]
2021 Up 1 11 7 169 14 47 16
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。


フィルモグラフィ[編集]

映画

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Darian Symoné Harvin (2016年6月23日). “Cardi B — The Undefeated”. Theundefeated.com. 2017年7月17日閲覧。
  2. ^ Cardi B”. bmr. 2017年9月30日閲覧。
  3. ^ a b iamcardib on Twitter: "Bitch I been a big time Blood since I was 16 sooo fuck is you talking bout ..ya just never peep it "”. Twitter (2017年5月6日). 2017年7月17日閲覧。
  4. ^ a b Cardi B. Blood Anthem Music Video 'Red Bars'”. Bossip.com (2017年4月6日). 2017年7月17日閲覧。
  5. ^ Cardi B's So-Called Life”. The FADER. 2018年6月2日閲覧。
  6. ^ a b Cardi B Opens Up About Fashion Designers Rejecting Her”. Billboard (2017年4月22日). 2017年7月17日閲覧。
  7. ^ a b Cardi B Did It Her Way”. The Fader (2017年6月22日). 2017年7月17日閲覧。
  8. ^ a b Cardi B Announces New Album Invasion of Privacy | Pitchfork” (英語). pitchfork.com. 2018年8月14日閲覧。
  9. ^ a b Cardi B Reportedly Signs Deal With Atlantic Records”. Hotnewhiphop.com (2017年2月28日). 2017年7月17日閲覧。
  10. ^ a b Cardi B Reportedly Signs Mega Deal With Atlantic Records”. Vibe.com (2017年3月1日). 2017年7月17日閲覧。
  11. ^ a b Bodak Yellow Meaning - Cardi B”. Empire BBK (2017年6月28日). 2017年8月18日閲覧。
  12. ^ a b Trust, Gary (2017年9月11日). “Taylor Swift at Nos. 1 & 4 on Billboard Hot 100, as Cardi B Moves Up to No. 2”. Billboard. 2017年9月12日閲覧。
  13. ^ a b http://remezcla.com/music/cardi-b-dominican-no-1-billboard-hot-100/
  14. ^ a b Caulfield, Keith (2018年3月15日). “Cardi B's 'Invasion of Privacy' Debuts at No. 1 on Billboard 200 Chart”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/8337801/cardi-b-invasion-of-privacy-debuts-at-no-1-on-billboard-200-album-chart 2018年3月15日閲覧。 
  15. ^ a b Kaufman, Gil (2018年4月13日). “Cardi B Sets Apple Music Record For Most Streamed Album by Female Artist in One Week”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8312613/cardi-b-sets-apple-music-record-most-streamed-album-by-female-one-week 2018年4月13日閲覧。 
  16. ^ a b “Cardi B by Taraji P. Henson”. Time. (April 19, 2018). http://time.com/collection/most-influential-people-2018/5217533/cardi-b/ 2018年4月19日閲覧。. 
  17. ^ Dazed (2016年9月16日). “Cardi B talks sexuality, society and being straight-up” (英語). Dazed. 2020年10月30日閲覧。
  18. ^ https://twitter.com/iamcardib/status/799131111532150784” (日本語). Twitter. 2020年10月30日閲覧。
  19. ^ Cardi B Shares 5 Things You Should Know About Her” (英語). Billboard. 2020年10月30日閲覧。
  20. ^ Weaver, Caity. “Cardi B on Her Unstoppable Rise, Repping Gang Life, and the Peril of Butt Injections” (英語). GQ. 2020年10月30日閲覧。
  21. ^ Decker, Megan (2020年6月28日). “You Definitely Didn't Know These Fun Facts About Cardi B” (英語). Harper's BAZAAR. 2020年10月30日閲覧。
  22. ^ Here Are 14 Things You Never Knew About Cardi B” (英語). www.narcity.com (2017年10月16日). 2020年10月30日閲覧。
  23. ^ 30 Eccentric Facts About Cardi B” (英語). The Fact Site (2018年7月2日). 2020年10月30日閲覧。
  24. ^ Santi, Christina (2018年11月30日). “Cardi B Gets Emotional Talking to Students at Her High School” (英語). EBONY. 2020年10月30日閲覧。
  25. ^ The 100 Best Songs of 2017 - Page 10” (英語). Pitchfork. 2020年12月9日閲覧。
  26. ^ Gold & Platinum” (英語). RIAA. 2020年10月30日閲覧。
  27. ^ Cardi B”. Billboard. 2020年10月30日閲覧。
  28. ^ Facebook (2020年8月7日). “California congressional candidate slams Cardi B and Megan Thee Stallion's 'WAP'” (英語). Los Angeles Times. 2020年10月30日閲覧。
  29. ^ Best Music Of 2020” (英語). NPR.org. 2020年12月9日閲覧。
  30. ^ The 50 best songs of 2020” (英語). NME | Music, Film, TV, Gaming & Pop Culture News (2020年12月8日). 2020年12月9日閲覧。
  31. ^ Sheffield, Jonathan Bernstein,Jon Blistein,Emily Blake,Jon Dolan,Brenna Ehrlich,Jon Freeman,Kory Grow,Christian Hoard,Elias Leight,Angie Martoccio,Claire Shaffer,Rob (2020年12月7日). “The 50 Best Songs of 2020” (英語). Rolling Stone. 2020年12月9日閲覧。
  32. ^ Cardi B on Her Kicking Baby and Pearl-Covered Dress”. Vogue. Condé Nast. 2018年5月29日閲覧。
  33. ^ Cardi B - God Brought Her To The Strip Club To Save Her Life”. YouTube (2017年2月21日). 2017年7月17日閲覧。
  34. ^ CARDI B ON GOD : Explains Why She Speaks to God - Says It's A 50/50 (VIDEO)”. YouTube (2017年2月7日). 2017年7月17日閲覧。
  35. ^ iamcardib on Twitter: "I don't tell people what religion to practice so don't come telling me my God and Jesus Christ ain't real cause I will violate"”. Twitter (2017年1月3日). 2017年7月17日閲覧。
  36. ^ Getting To Know Cardi B Interview Part Two”. The Rickey Smiley Morning Show (2015年9月16日). 2017年7月17日閲覧。
  37. ^ Singh, Jacob Shamsian, Olivia. “The fabulous life of Cardi B, from stripper to chart-topping rapper”. Insider. 2020年11月1日閲覧。
  38. ^ Gonzales, Erica (2018年3月20日). “Cardi B Shares Her Own #MeToo Story and Stands Up for Women in Hip-Hop” (英語). Harper's BAZAAR. 2020年11月1日閲覧。
  39. ^ Hughes, Jazmine (2018年3月19日). “Cardi B Gives Her Most Explicit Interview Yet” (英語). Cosmopolitan. 2020年11月1日閲覧。
  40. ^ Ballin, Sofiya (2017年10月28日). “Cardi B gets engaged at Power 99's Powerhouse Concert in Philly”. philly.com. 2017年10月28日閲覧。
  41. ^ DiMeglio, Mary J. (2018年4月8日). “Cardi B Reveals Pregnancy in 'SNL' Performance”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/news/8297568/cardi-b-pregnant-snl 2018年4月8日閲覧。 
  42. ^ Whittum, Connor (2018年6月25日). “Cardi B Confirms Secret Marriage to Offset: 'There Are Some Moments I Want to Keep for Myself'”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8462548/cardi-b-offset-married 2018年6月25日閲覧。 
  43. ^ News, ABC. “Cardi B announces birth of daughter on Instagram”. 2018年7月11日閲覧。
  44. ^ Cardi B Says She and Husband Offset Are Not Together Anymore: 'I Guess We Fell Out of Love'”. People. People. 2018年12月5日閲覧。
  45. ^ Cardi B and Offset Share Major PDA Moment on the 2019 Grammys Red Carpet/”. E! Online. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  46. ^ Grammys 2019: Cardi B Wins Best Rap Album”. Pitchfork. 2019年2月17日閲覧。
  47. ^ “Cardi B Says #MeToo Movement Has Ignored Video Vixens: 'Nobody Gives a F---'”. Billboard. (2018年3月19日). https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8252791/cardi-b-on-metoo-video-vixens 2018年4月3日閲覧。 
  48. ^ Cardi B Chart History:Billboard 200”. Billboard. 2018年4月17日閲覧。
  49. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2018年4月16日). 2018年4月14日閲覧。
  50. ^ Cardi B Chart History: Canadian Albums”. Billboard. 2018年4月17日閲覧。
  51. ^ IRMA – Irish Charts”. Irish Recorded Music Association. 2018年4月14日閲覧。
  52. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2018年4月16日). 2018年4月13日閲覧。
  53. ^ Sverigetopplistan – Sveriges Officiella Topplista”. Sverigetopplistan. 2018年4月13日閲覧。 Click on "Veckans albumlista".
  54. ^ a b Cardi B | full Official Chart history”. Official Charts Company. 2017年9月17日閲覧。
  55. ^ Cardi B's 'Invasion of Privacy' Debuts at No. 1 on Billboard 200 Chart” (英語). Billboard. 2021年6月22日閲覧。
  56. ^ a b c d Invasion Of Privacy by Cardi B - Music Charts”. acharts.co. 2021年6月22日閲覧。
  57. ^ invasion of privacy | full Official Chart History | Official Charts Company” (英語). www.officialcharts.com. 2021年6月22日閲覧。
  58. ^ a b c d e f Gold & Platinum – RIAA”. Recording Industry Association of America. 2018年4月6日閲覧。
  59. ^ a b c d Gold/Platinum - Music Canada”. Music Canada. 2018年4月7日閲覧。
  60. ^ BRIT Certified” (英語). BPI. 2021年6月22日閲覧。
  61. ^ Cardi B - Chart history”. Billboard. 2017年9月17日閲覧。
  62. ^ Cardi B - Chart history”. Billboard (2016年4月9日). 2017年9月17日閲覧。
  63. ^ Cardi B - Chart history”. Billboard (2016年4月9日). 2017年9月17日閲覧。
  64. ^ Gangsta Bitch Music, Vol. 1 by Cardi B on Apple Music”. Itunes.apple.com. 2017年9月17日閲覧。
  65. ^ Cardi B & Various Artists - Underestimated Tour Album Mixtape”. Datpiff.com (2016年9月12日). 2017年9月18日閲覧。
  66. ^ Gangsta Bitch Music, Vol. 2 by Cardi B on Apple Music”. Itunes.apple.com. 2017年9月17日閲覧。
  67. ^ Cardi B – Chart history: Billboard Hot 100”. Billboard. 2018年1月19日閲覧。
  68. ^ Peaks in Australia:
  69. ^ Cardi B – Chart history: Canadian Hot 100”. Billboard. 2018年1月19日閲覧。
  70. ^ Peak positions in France:
  71. ^ Cardi B Discography”. NZ Charts - Hung Medien. 2017年12月15日閲覧。
  72. ^ Discography Cardi B”. Hung Medien. 2018年1月2日閲覧。
  73. ^ Discography Cardi B”. Hung Medien. 2018年1月2日閲覧。
  74. ^ Stripper Hoe - Single by Cardi B on Apple Music”. Itunes.apple.com. 2017年7月17日閲覧。
  75. ^ What a Girl Likes - Single by Cardi B on Apple Music”. Itunes.apple.com. 2017年7月17日閲覧。
  76. ^ Bronx Season - Single by Cardi B on Apple Music”. Itunes.apple.com. 2017年7月17日閲覧。
  77. ^ Bodak Yellow – Single by Cardi B on Apple Music”. United States: iTunes Store. 2017年6月16日閲覧。
  78. ^ a b c Les Certifications – Notre Base de Données”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2018年3月16日閲覧。
  79. ^ "New Zealand single certifications – Cardi B – Bodak Yellow". Recorded Music NZ. 2017年11月3日閲覧
  80. ^ a b c BPI Awards - bpi (To access, enter the search parameter "Cardi B" and select "Search by Keyword")”. British Phonographic Industry. 2017年12月8日閲覧。
  81. ^ ARIA Chart Watch #460”. auspOp (2018年2月17日). 2018年2月17日閲覧。
  82. ^ a b ARIA Australian Top 50 Singles”. Australian Recording Industry Association (2018年3月12日). 2018年3月10日閲覧。
  83. ^ a b c "New Zealand single certifications – Bruno Mars feat. Cardi B – Finesse (Remix)". Recorded Music NZ. 2018年3月2日閲覧
  84. ^ My new single “Be Careful” drops TONIGHT! Available everywhere!”. Instagram. 2018年3月29日閲覧。
  85. ^ Heller, Corinne (2018年4月4日). “Cardi B and Migos Collaborate Again for "Drip" Single”. E! News. http://www.eonline.com/news/925159/cardi-b-and-migos-collaborate-again-for-drip-single 2018年4月9日閲覧。 
  86. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「ARIA February 3A」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません

外部リンク[編集]