カプセル・スープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カプセル・スープ
THE MAD CAPSULE MARKET'Sミニ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
パンク・ロック
ハードコア・パンク
時間
レーベル ビクターエンタテインメントInvitation
プロデュース THE MAD CAPSULE MARKET'S
チャート最高順位
THE MAD CAPSULE MARKET'S 年表
P・O・P
1991年
カプセル・スープ
1992年
SPEAK!!!!
1992年
EANコード
EAN 4988002259106
テンプレートを表示

カプセル・スープ』は、日本のロックバンドであるTHE MAD CAPSULE MARKET'Sのミニ・アルバム。

1992年7月22日ビクターエンタテインメントInvitationレーベルよりリリースされた。

背景[編集]

前作『P・O・P』(1991年)リリースと同時に全国7か所を巡る『P・O・P TOUR』を敢行した後、本作のレコーディングが開始された。

前作発表後に全国ツアーが実施された後、本作リリースまでの間には全くライブ活動が行われておらず、その事に関してMOTOKATSU(宮上元克)は、「アルバムばっか作ってて、誰にも会わなかった」、「ライブやるヒマもなかったもんね。次から次へと作ってたから」と回想している[1]

録音[編集]

前作リリース後からメーカーと衝突する事が多くなり、その理由をCRA¥(上田剛士)は、「メーカーが俺らの可能性を低く見てるってことがわかったから」と語っている[1]。本作のディレクターは自らディレクションを名乗り出たにも拘わらず、メンバーがディレクターの意向に従わなかった事から降板してしまう[1]。そのため、本作はディレクター不在のままレコーディングが進められた[1]

その事を上田は「(本作は)俺らとエンジニアだけで作った。クレジットには明記されているけど、その人は一度もスタジオに来なかった。(中略)ディレクターがそうだとメーカーの人一人も来ないから。誰も来なかった」と語り、宮上は「同じスタジオの地下で別のバンドのレコーディングやってるんだけど、俺らのスタジオには1回も来ない」と語っている[1]

音楽性[編集]

パンク・ロック色の強かった前作『P・O・P』(1991年)に比べ、基本的にはパンク・ロックではあるものの様々な音楽性に挑戦しているアルバムとなっている。1曲目のJ.S.バッハの小フーガのロックアレンジや、「セルフコントロール」や「G・M・J・P」では機械的な音や金属音などを使用し、テクノインダストリアル調のアレンジも行っている。また、「彼女のKNIFE」では全編アコースティック・ギターによる演奏を行っている。「JESUS IS DEAD.」も含め、全体的にメッセージ色が高まっているのも本作の特徴である。

本作に関してKYONOは、「前作がすごい激しいアルバムだったから、次は逆に全然違うの出して驚かせてやろうって気持ちはちょっとあった」、「(前作発表後の取材などで)『ま、パンクだよね』って簡単に片付けられちゃう感じがあって。『あ、この奥にあるものを見てくれないんだな』って思って、それで『CAPSULE SOUP』に行ったんだよね」と語っている[1]。 

上田は、「『P・O・P』でやったことと真逆っていうと大袈裟だけど、『P・O・P』は自分らが持ってるうちの一面をすごく突出して出したものだったから、その裏側を出すっていう意識はすごいあった。『ただのパンク・バンドじゃないぞ』みたいな」と語っている[1]

プロモーション[編集]

本作に関連するプロモーションとして、「JESUS IS DEAD.」のミュージック・ビデオが制作されているが、公式作品には一切収録されていない。

アートワーク[編集]

アートワークはサカグチケンが担当している。表ジャケットは、当時のメンバーが来ていた衣装である破れたYシャツに黒ネクタイ、腕には「THE MAD CAPSULE MARKET'S」と書かれた腕章を焼け爛れた石像に着せている写真、裏ジャケットではその石像の頭に黒い布袋を被せたものとなっている。また、内ジャケットでは石像は焼き爛れる前の状態になっている。

さらに、インナーではメンバー個々のアップ写真の他、前述の石像の顔部分がそれぞれホイール、人間の耳、コンドーム、人形の頭、モルモットの頭、割れた鏡に差し変わったものとなっている。

ツアー[編集]

本作リリース後には「MAD CLUB CIRCUIT QUATTRO 3DAYS」と題し、8月11日に大阪クラブクアトロ、8月12日に名古屋クラブクアトロ、8月14日に渋谷クラブクアトロで全3回の公演を行っている。

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[2]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「ハードなギターとたたみかけるようなアグレッシブなヴォーカルで緊張感いっぱいのサウンドを聴かせる」、「いきなりバッハの小フーガが引用される『BACH SLEEPS.』は蛇足気味。スラッシュっぽいサウンドの味と日本語のノリがシンクロする『モルモット』などが聴き物」と評されている[2]

収録曲[編集]

全編曲: THE MAD CAPSULE MARKET'S。
#タイトル作詞・作曲時間
1.BACH SLEEPS. 
2.セルフコントロールKYONO
3.G・M・J・PCRA¥
4.彼女のKNIFEKYONO
5.モルモットCRA¥
6.JESUS IS DEAD.CRA¥
合計時間:

曲解説[編集]

  1. BACH SLEEPS.
    J.S.バッハの小フーガをロック調にアレンジしてカバーしたもの。
  2. セルフコントロール
    歌詞は政治家に対する皮肉となっている。
  3. G・M・J・P
    曲タイトルは「GOOD MORNING JAPANESE PEOPLE」の略。後にセルフカバーアルバム『THE MAD CAPSULE MARKET'S』(1996年)にて再録された。
  4. 彼女のKNIFE
  5. モルモット
  6. JESUS IS DEAD.
    PVが制作されているが、公式には商品化されていない。セルフカバーアルバム『THE MAD CAPSULE MARKET'S』(1996年)にディスコアレンジを施した再録版が収録された(タイトルも『JESUS IS DEAD?~JESUS IS ALIVE?~』に変更されている)。

スタッフ・クレジット[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 鹿野淳 (fact-mag.com)「FROM 1990 TO 2005 PERFECT MAD WORLD!!! - 3MEMBERS SELF LINERNOTES」、『THE MAD CAPSULE MARKETS MAGAZINE!!』vol.1、ビクターエンタテインメント東京都港区北青山3-6-7、2005年3月30日、 8 - 25頁、 ISBN 4988002452644
  2. ^ a b ザ・マッド・カプセル・マーケッツ / カプセル・スープ[廃盤] - CDJournal”. 音楽出版. 2017年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]