MIDI SURF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MIDI SURF
THE MAD CAPSULE MARKET'Sシングル
初出アルバム『OSC-DIS
B面 TO GLOW
MIDI SURF STRRRRIVE!! MIX
リリース
規格 マキシシングル
録音 VICTOR 501 STUDIO
ジャンル デジタルハードコア
インダストリアル・メタル
ラップメタル
時間
レーベル ビクタースピードスター
作詞・作曲 作詞:TAKESHI“¥”UEDA & KYONO
補作詞:J.MILES
作曲:TAKESHI“¥”UEDA
プロデュース THE MAD CAPSULE MARKET'S
チャート最高順位
  • 19位(限定盤・オリコン
  • 47位(通常盤・オリコン)
THE MAD CAPSULE MARKET'S シングル 年表
CREATURE
1997年
MIDI SURF
1998年
| ̄|_ (PULSE)
1999年
OSC-DIS 収録曲
A面
  1. 「TRIBE」
  2. 「OUT/DEFINITION」
  3. | ̄|_ (PULSE)
  4. 「MULTIPLIES」
  5. 「MOB TRACK」
  6. 「ALL THE TIME IN SUNNY BEACH」
  7. 「ISLAND」
  8. 「RESTART!」
  9. 「JAG」
  10. 「STEP INTO YOURSELF」
  11. 「GOOD GIRL〜Dedicated to bride 20 years after」
  12. MIDI SURF
EANコード
EAN 4988002373598
テンプレートを表示

MIDI SURF」は、THE MAD CAPSULE MARKET'Sのシングル。

背景[編集]

アルバム『DIGIDOGHEADLOCK』(1997年)リリース後、全国ツアー「DIGIDOGHEALOCK TOUR」を敢行し、11月21日には同アルバムより「CRASH POW」と「CLEATURE」をシングルカットとして同時リリースする。その後、「DIGIDOGHEALOCK TOUR'98」と立て続けにライブツアーを敢行し、主催イベント「MAD HOUSE」を定期的に開催するなど活動の幅が広がっていた。

その後、11枚目のシングルとして本作はリリースされた。

録音[編集]

本曲は青山にあるビクター501スタジオでレコーディングされ、横浜にあるランドマークスタジオでミックスダウン作業が行われた。

音楽性[編集]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「制限速度無視のビート。咆哮するヴォーカル。ノイジー&ラウドなギター。すべてが狂った今という時代を映し出す鏡のようなサウンドだ」[1]、音楽情報サイト『ローチケHMV』では、「脳髄にズキズキとくるデジタル音とズシズシ伝わるベースの音」と記されている[2]

リリース[編集]

1998年8月28日発売。初回限定盤にはポチカーのチョロQが付いている。また、限定生産でソノシート盤も発売されたが、CDとは異なり、「MIDI SURF STRRRRIVE!! MIX」が収録されていない。

アルバム『OSC-DIS』にも収録されているが、アルバム収録版はリミックスされている。

この作品が、『THE MAD CAPSULE MARKET'S」名義で発売した最後の作品となり、以降の作品は『'』(アポストロフィー)が外され、『THE MAD CAPSULE MARKETS』となっている。

アートワーク[編集]

シングルのジャケットはアルバム『DIGIDOGHEADLOCK』に続き犬の頭をモチーフに、車輪の付いた自動車の形状となっている。シングルの初回限定版にはジャケットイラストを模したチョロQが付属しており、このアイデアはアートワークを担当している土井宏明がミニカーの付属を提案したが、KYONOからチョロQとの提案があったため、最終的にチョロQを付属する事で決定した[3]

スタッフサイドがはメーカーであるタカラに交渉を試みるも、採算性の問題からメンバーは実現不可能と半ば諦めかけていた。しかし、その後タカラの社長直轄の部署から採算無視で制作するという人物が現れ、急遽実現する事となった[3]

上田はこの時期の事を、「俺らだけじゃなくて、周りのスタッフ含めメーカー含め、みんなで遊び始めだしたっていうか、遊びたいって思い始めた頃。チームワークが出来上がってきたってことだよね」、「俺は基本的に放っておくとずーっとスタジオ入っちゃうような人間だから、そうやって外からいろんな刺激を与えてもらうのはすごい面白かった」と語っている[3]

また、同時リリースのソノシート盤のジャケットはCD盤と異なり、ポチカーがアニメ調のイラストになっており、タイトルも「ミディサーフ」とカタカナで表記されている。

ミュージック・ビデオ[編集]

本作のミュージック・ビデオはサカグチケンが担当している。内容は、プロローグとして複数の白人男性が同じ部屋でテレビを見ており、そのテレビ画面にはサーフィンをする男性の姿にBGMとして同バンドの「ASPHALT-BEACH」が流されている。途中、テレビ画面が異常を起こし、まともに見れなくなった事に憤慨した白人男性たちは口々にテレビ画面に向かって罵倒する言葉を発言し、やがてスケートボードを片手に全員が外へ出ていく。その後、曲のオープニングが始まり、全編でデストロイダーの姿をした男の姿とスケートボードに興じる男性たち、メンバーによる演奏の映像で構成されている。

シングル収録曲[編集]

全作曲: TAKESHI“¥”UEDA。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.MIDI SURFTAKESHI“¥”UEDA & KYONO(補作詞:J.MILES)TAKESHI“¥”UEDATHE MAD CAPSULE MARKET'S
2.TO GLOWTAKESHI“¥”UEDATAKESHI“¥”UEDATHE MAD CAPSULE MARKET'S
3.MIDI SURF STRRRRIVE!! MIXTAKESHI“¥”UEDA & KYONO(補作詞:J.MILES)TAKESHI“¥”UEDATAKESHI & KEI

スタッフ・クレジット[編集]

THE MAD CAPSULE MARKET'S[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

  • THE MAD CAPSULE MARKET'S - プロデューサー
  • ギャリー・スタウト - レコーディング・エンジニア、ミックス・エンジニア
  • 関根青磁(ビクタースタジオ) - アシスタント・エンジニア、佐藤宏明(ランドマークスタジオ) - アシスタント・エンジニア
  • 山崎和重(ビクタースタジオ) - マスタリング・エンジニア
  • HIRO - ドラム・サウンド・コーディネーター
  • おおまちあきら - ベース&ギター・サウンド・コーディネーター
  • やじまじゅんいち - インストゥルメント・テク
  • ジョージ・カックル (WHAT'S UP? MUSIC) - 翻訳
  • J.MILES - 翻訳
  • 横田直樹(ビクター・スピードスター) - A&R
  • 田中義則 - マネージメント・スタッフ
  • 斎須敏治 - マネージメント・スタッフ
  • 曽根功 - マネージメント・スタッフ
  • MAYUKI (DESTROYDER) - マネージメント・スタッフ
  • 小野朗(ビクター・スピードスター) - プロモーション・ヘッド・スタッフ
  • 山本雅美(ビクター・スピードスター) - セールス・ヘッド・スタッフ
  • よこやまふみこ (DESTROYDER) - マネージメント・デスク
  • 田中智子(ビクター・スピードスター) - プロモーション・デスク
  • 後藤由多加 (DESTROYDER) - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 高垣健(ビクター・スピードスター) - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 土井宏明 (POSITRON) - アート・ディレクション、デザイン
  • 和田亨 (POSITRON) - デザイン
  • オカモトケンジ - コンピュータグラフィックス
  • 富岡克文(ビクターデザインセンター) - デザイン・コーディネーション
  • LONDS OF THREE - サンクス
  • 有島博志 - サンクス
  • ANIKI HARA - サンクス
  • FENDER JAPAN.LTD - サンクス
  • LUDWIG - 野中貿易 - サンクス
  • エレクトロ・ハーモニクス - サンクス
  • モリダイラ楽器 - サンクス
  • ヘイマーUSA - サンクス
  • 中尾貿易 - サンクス
  • てらおかけいいち(タカラ) - サンクス

リリース履歴[編集]

No. 日付 国名 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1998年8月28日 日本 スピードスター・レコード CD(初回盤)
CD(通常盤)
ソノシート
VIZL-34
VICL-35033
VIKL-30006
19位
47位
-
ソノシート盤はジャケットが異なる

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ザ・マッド・カプセル・マーケッツ / MIDI SURF - CDJournal”. 音楽出版. 2017年2月11日閲覧。
  2. ^ MIDI SURF : Mad Capsule Markets”. ローソンHMVエンタテイメント. 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ a b c 鹿野淳 (fact-mag.com)「FROM 1990 TO 2005 PERFECT MAD WORLD!!! - 3MEMBERS SELF LINERNOTES」、『THE MAD CAPSULE MARKETS MAGAZINE!!』vol.1、ビクターエンタテインメント東京都港区北青山3-6-7、2005年3月30日、 8 - 25頁、 ISBN 4988002452644

外部リンク[編集]