エルネスティン家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルネスティン家
Ernestiner
主家 ヴェッティン家
創設 1485年
家祖 エルンスト
現当主 ミヒャエル・ベネディクト
民族 ドイツ人
分家 ザクセン=ヴァイマル家
ザクセン=アイゼナハ家
ザクセン=アルテンブルク家
ザクセン=マイニンゲン家
ザクセン=ゴータ=アルテンブルク家
ザクセン=ヒルトブルクハウゼン家
ザクセン=コーブルク=ゴータ家
著名な人物 ザクセン選帝侯フリードリヒ3世
エルネスティン家の始祖、選帝侯エルンスト

エルネスティン家またはエルネスティン系ドイツ語: Ernestiner)は、ドイツザクセン地方を支配していたヴェッティン家の分枝。家名は始祖のザクセン選帝侯エルンストに由来し、エルンスト系と呼ばれることもある。1464年から1547年まで選帝侯の地位にあった。選帝侯位は後に失うことになるが、諸分家はドイツの領邦エルネスティン系諸公国英語版)として存続した。

歴史[編集]

ザクセン選帝侯フリードリヒ2世の2人の息子、エルンストアルブレヒトは、父から受け継いだ領土を長く共同で治めており、兄のエルンストがザクセン選帝侯位に就いていた。1485年、兄弟は領土を分割することを決め(ライプツィヒの分割英語版)、弟アルブレヒト3世はドレスデンを中心とする独立の世襲領を与えられてアルベルティン系のヴェッティン家を創設した。一方、エルンストとその子孫はエルネスティン系と呼ばれ、選帝侯位を継いでいった。

エルンストの長男の選帝侯フリードリヒ3世賢公マルティン・ルターを庇護するなど宗教改革を支援したが、アルブレヒト3世の長男ゲオルク髭公は嫡系エルネスティン系への対抗姿勢を見せ、自領における宗教改革の進展を阻止した。ゲオルクの後を継いだ弟ハインリヒ4世敬虔公の治世になって、アルベルティン系ザクセン公国にも宗教改革が導入された。

フリードリヒ3世の甥ヨハン・フリードリヒ1世シュマルカルデン同盟に所属する福音派の諸侯達の指導者であったが、ハインリヒ4世の長男モーリッツはエルネスティン系に対抗すべく、1546年プロテスタントの信徒でありながら神聖ローマ皇帝カール5世の陣営に入った。シュマルカルデン戦争でプロテスタント側が敗北すると、皇帝カール5世は自らに与したモーリッツの便宜を図り、ザクセン選帝侯位とエルネスティン系の領地の大部分をヨハン・フリードリヒから剥奪した上で、これをモーリッツに与えた。これ以後、アルベルティン系がヴェッティン家の主流となった。選帝侯位を喪失したこと、また恒常的に分割相続を繰り返した(これによって個々の相続人達の取り分は代を経るごとに少なくなっていった)ことで、17世紀半ば以降のエルネスティン系ヴェッティン家は神聖ローマ帝国における政治的重要性を失い、弱小領邦の群れに転落した。

エルネスティン系の分家の1つザクセン=コーブルク=ゴータ家は、19世紀になると婚姻戦略によってヨーロッパの数多くの国の君主を輩出して国際的な重要性を獲得し、「ヨーロッパ王室の牧場」と呼ばれるまでになった。ザクセン=コーブルク=ゴータ家は現在もベルギー(ベルジック家)とイギリスウィンザー家)の王家である。

エルネスティン系の諸公国[編集]

1485年以後のヴェッティン家エルネスティン系(青)およびアルベルティン系(緑)の諸分家の変遷(ドイツ語)

系図[編集]

系図1(ザクセン公家・ヴァイマル公家・アイゼナハ公家)[編集]

 
 
 
 
エルンスト
ザクセン選帝侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスティーネ
デンマーク王
 
フリードリヒ3世
ザクセン選帝侯
 
ヨハン
ザクセン選帝侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン・フリードリヒ1世
ザクセン選帝侯
 
ヨハン・エルンスト
コーブルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン・フリードリヒ2世
ザクセン公
 
ヨハン・ヴィルヘルム
ヴァイマル公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン・カジミール
コーブルク公
 
ヨハン・エルンスト
アイゼナハ公
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム1世
ヴァイマル公
 
ヨハン2世
ヴァイマル公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン・フィリップ
アルテンブルク公
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世
アルテンブルク公
 
 
 
 
 
ヨハン・エルンスト1世
ヴァイマル公
 
ヴィルヘルム
ヴァイマル公
 
アルブレヒト4世
アイゼナハ公
 
 
 
 
 
エルンスト1世
ゴータ=アルテンブルク公
 
ベルンハルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム3世
アルテンブルク公
 
ヨハン・エルンスト2世
ヴァイマル公
 
アドルフ・ヴィルヘルム
アイゼナハ公
 
ヨハン・ゲオルク1世
マルクズール公
アイゼナハ公
 
 
 
 
 
ベルンハルト2世
イェーナ公
 
テューリンゲン諸公家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム・エルンスト1世
ヴァイマル公
 
ヨハン・エルンスト3世
ヴァイマル公
 
ヴィルヘルム・アウグスト
アイゼナハ公
 
ヨハン・ゲオルク2世
アイゼナハ公
 
ヨハン・ヴィルヘルム
アイゼナハ公
 
ヨハン・ヴィルヘルム
イェーナ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルンスト・アウグスト1世
ヴァイマル=アイゼナハ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム・ハインリヒ
アイゼナハ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルンスト・アウグスト2世
ヴァイマル=アイゼナハ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・アウグスト
ヴァイマル=アイゼナハ大公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・フリードリヒ
ヴァイマル=アイゼナハ大公
 
カール・ベルンハルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー
 
アウグスタ
ドイツ皇
 
カール・アレクサンダー
ヴァイマル=アイゼナハ大公
 
ヘルマン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・アウグスト
ヴァイマル=アイゼナハ大公世子
 
マリー
 
エリーザベト
メクレンブルク公爵夫人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム・エルンスト
ザクセン大公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・アウグスト
ザクセン大公世子
 
ベルンハルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミヒャエル・ベネディクト
 
ヴィルヘルム・エルンスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲオルク・コンスタンティン
 

系図2(テューリンゲン諸公家)[編集]

 
エルンスト1世
ゴータ=アルテンブルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ1世
ゴータ=アルテンブルク公
 
アルブレヒト5世
コーブルク公
 
ベルンハルト1世
マイニンゲン公
 
ハインリヒ
レームヒルト公
 
クリスティアン
アイゼンベルク公
 
エルンスト
ヒルトブルクハウゼン公
 
ヨハン・エルンスト4世
コーブルク=ザールフェルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ2世
ゴータ=アルテンブルク公
 
エルンスト・ルートヴィヒ1世
マイニンゲン公
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム
マイニンゲン公
 
アントン・ウルリヒ
マイニンゲン公
 
 
 
 
 
エルンスト・フリードリヒ1世
ヒルトブルクハウゼン公
 
クリスティアン・エルンスト
コーブルク=ザールフェルト公
 
フランツ・ヨシアス
コーブルク=ザールフェルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ3世
ゴータ=アルテンブルク公
 
エルンスト・ルートヴィヒ2世
マイニンゲン公
 
カール・フリードリヒ
マイニンゲン公
 
カール
マイニンゲン公
 
ゲオルク1世
マイニンゲン公
 
エルンスト・フリードリヒ2世
ヒルトブルクハウゼン公
 
エルンスト・フリードリヒ
コーブルク=ザールフェルト公
 
フリードリヒ・ヨシアス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルンスト2世
ゴータ=アルテンブルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アデレード
イギリス王
 
ベルンハルト2世
マイニンゲン公
 
エルンスト・フリードリヒ3世
ヒルトブルクハウゼン公
 
フランツ
コーブルク=ザールフェルト公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウグスト
ゴータ=アルテンブルク公
 
フリードリヒ4世
ゴータ=アルテンブルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲオルク2世
マイニンゲン公
 
フリードリヒ
ヒルトブルクハウゼン公
アルテンブルク公
 
ザクセン=コーブルク=ゴータ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイーゼ
コーブルク=ゴータ公夫人
 
 
 
 
 
ベルンハルト3世
マイニンゲン公
 
エルンスト
 
フリードリヒ
 
ヨーゼフ
アルテンブルク公
 
ゲオルク
アルテンブルク公
 
エドゥアルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェオドラ
ザクセン大公
 
アーデルハイト
 
ゲオルク3世
 
ベルンハルト4世
 
マリー
ハノーファー王
 
エルンスト1世
アルテンブルク公
 
モーリッツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・アルフレート
 
レギーナ
 
エルンスト
 
コンラート
 
エリザヴェータ
ロシア大公
 
エルンスト2世
アルテンブルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンスタンティン
 
 
 
 
 
ゲオルク・モーリッツ
アルテンブルク公世子
 
フリードリヒ・エルンスト

外部リンク[編集]