ヨハン・ゲオルク1世 (ザクセン=アイゼナハ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヨハン・ゲオルク1世Johann Georg I. von Sachsen-Eisenach, 1634年7月12日 ヴァイマル - 1686年9月19日 ヴィルヘルムスタール城、マルクシュール)は、ドイツテューリンゲン地方の諸侯の1人。ザクセン=アイゼナハ公爵(在位1672年 - 1686年)。

人物[編集]

ザクセン=ヴァイマル公ヴィルヘルムとその妻でアンハルト=デッサウ侯ヨハン・ゲオルク1世の娘であるエレオノーレ・ドロテア(1602年 - 1664年)の間の五男として生まれた。1662年に父公爵が死去すると、長兄のヨハン・エルンスト2世ザクセン=ヴァイマルを、次兄のアドルフ・ヴィルヘルムがザクセン=アイゼナハをそれぞれ相続した。ヨハン・ゲオルクはアイゼナハ公爵領の一部から上がる収入を扶持としてあてがわれ、マルクシュールを居所とした。

1668年にアドルフ・ヴィルヘルムが死ぬと、その死後に生まれた遺児ヴィルヘルム・アウグストがアイゼナハ公爵となったが、ヨハン・ゲオルクは幼いヴィルヘルム・アウグストの摂政および後見人となった。ヴィルヘルム・アウグストは1671年にわずか3歳で死去したため、ヨハン・ゲオルクがアイゼナハ公爵領を継いだ。ヨハン・ゲオルクは言語学者のカスパー・フォン・シュティーラーを秘書官として雇っていた。

1661年5月29日、ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン伯エルンストの娘でザイン=アルテンキルヒェン伯領の女子相続人であるヨハネッタ(1632年 - 1701年)と結婚し、間に8人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

先代:
ヴィルヘルム・アウグスト
ザクセン=アイゼナハ公
1671年 - 1686年
次代:
ヨハン・ゲオルク2世

出典[編集]