マリー・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリー・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ
Marie von Sachsen-Weimar-Eisenach
Franz Xaver Winterhalter (attr) Marie von Sachsen-Weimar (von Preußen).jpg
出生 (1808-02-03) 1808年2月3日
ヴァイマル
死去 (1877-01-18) 1877年1月18日(68歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国ベルリン
配偶者 プロイセン王子フリードリヒ・カール
子女 フリードリヒ・カール
ルイーゼ
アンナ
父親 ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒ
母親 マリア・パヴロヴナ
テンプレートを表示

マリー・ルイーゼ・アレクサンドリーナ・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハドイツ語: Marie Luise Alexandrina von Sachsen-Weimar-Eisenach, 1808年2月3日 - 1877年1月18日)は、プロイセン王子フリードリヒ・カールの妃。

生涯[編集]

ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒとその妃でロシア皇帝パーヴェル1世の皇女であるマリア・パヴロヴナの長女として、ヴァイマルで生まれた。妹はのちのドイツ皇后アウグスタ

1827年5月26日、シャルロッテンブルク宮殿でフリードリヒ・カールと結婚した。夫の兄ヴィルヘルム王子(のちのヴィルヘルム1世)は妹アウグスタと結婚することになり、姉妹でホーエンツォレルン家に嫁いだ。夫との間に3子をもうけた。

1877年、マリーはベルリンで死去した。