エルンスト1世 (ザクセン=アルテンブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルンスト1世

エルンスト1世Ernst I., 1826年9月16日 - 1908年2月7日)は、ザクセン=アルテンブルク公国(在位:1853年 - 1908年)。全名はエルンスト・フリードリヒ・パウル・ゲオルク・ニコラウスErnst Friedrich Paul Georg Nikolaus)。ザクセン=アルテンブルク公ゲオルクの長男。

エルンスト1世は1826年9月16日、ゲオルクとその妃であったメクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒの妹マリア(1803年 - 1862年)の間に第一子としてヒルトブルクハウゼン(現テューリンゲン州ヒルトブルクハウゼン郡)で生まれた。彼は1853年4月28日アンハルトレオポルト4世の娘アグネス(1824年 - 1897年)とデッサウで結婚し、同年8月3日に父が死去したため公位に即いた。

エルンスト1世は1862年プロイセン王国との間に軍事同盟を結び、1867年には北ドイツ連邦に加盟した。1870年に勃発した普仏戦争ではプロイセン側について参戦し、翌年ドイツ帝国が成立すると皇帝ヴィルヘルム1世に忠誠を誓っている。

エルンスト1世

1908年2月7日、エルンスト1世はアルテンブルク(現テューリンゲン州アルテンブルガー・ラント郡)にて死去し、甥のエルンスト2世が公位を嗣いだ。

子女[編集]

妻のアグネスとの間には、以下の一男一女をもうけた。

先代:
ゲオルク
ザクセン=アルテンブルク公
1853 - 1908
次代:
エルンスト2世