ヨハン・ヴィルヘルム (ザクセン=ヴァイマル公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヨハン・ヴィルヘルム(Johann Wilhelm, 1530年3月11日 - 1573年3月2日)は、ザクセン公(在位:1566年 - 1572年)、のちザクセン=ヴァイマル公(在位:1572年 - 1573年)。ザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒ1世ジビュレ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルクの次男。

ヨハン・ヴィルヘルム

人物[編集]

1566年、兄ヨハン・フリードリヒ2世神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の捕虜となった後にザクセン公となった。1572年、マクシミリアン2世の裁定により兄の息子2人との間で所領を分割し、以後ヨハン・ヴィルヘルムはザクセン=ヴァイマル公となり、新たにヨハン・カジミールがザクセン=コーブルク公、ヨハン・エルンストがザクセン=アイゼナハ公となった。翌1573年にヨハン・ヴィルヘルムは死去した。

1560年にプファルツ選帝侯フリードリヒ3世の娘で兄ヨハン・フリードリヒ2世の後妻エリーザベトの妹であるドロテア・ズザンナと結婚した。2人は5子をもうけた。

  • フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(1562年 - 1602年) ザクセン=ヴァイマル公
  • ジビュレ・マリー(1563年 - 1569年)
  • 男子(死産、1564年)
  • ヨハンen, 1570年 - 1605年) ザクセン=ヴァイマル公
  • マリー(1571年 - 1610年)
先代:
ヨハン・フリードリヒ2世
ザクセン公
エルンスト系
1566年 - 1572年
次代:
ヨハン・カジミール
(ザクセン=コーブルク)
ヨハン・エルンスト
(ザクセン=アイゼナハ)
と所領分割
先代:
ザクセン=ヴァイマル公
1572年 - 1573年
次代:
フリードリヒ・ヴィルヘルム1世

出典[編集]